子どもの攻撃心にどう対処したらいいか?

子どもの攻撃心には、いくつもの原因とその理由があります。大抵の場合、心の問題や周りを分析できなかったことが原因になっています。子どもの攻撃心を改善するには親の役目がとても重要なのです。
子どもの攻撃心にどう対処したらいいか?

最後の更新: 05 4月, 2019

攻撃心や攻撃的な行動は毎日の生活の中でよく目にする事になってきています。それに関して心配なのは、家族の中で最も小さい子どもにまで攻撃心が見られることです。

この記事では子どもの攻撃心とその対処法についてご紹介します。

子どもの攻撃心とは何か?

攻撃的な行動とは、子どもが誰か他の子、親、その他誰でも、身体的または心理的に傷付けたいと思うことです。大抵の場合意識的にわざと蹴る、叫ぶ、ひっかく、押す、けなすなどの行動が見られます。

子どもの攻撃心は家庭でも学校でも、他の人とのつながりや仲間内の付き合いにおいても問題になってくるでしょう。

多くの場合、攻撃心は心の問題が外に向けられたものです。環境に適応できない子どもの感情が現れています。子どもの経験が外面化して、怒りや激怒という形で表現されるのです。

子どもの攻撃心を避ける方法

子どもに見られる攻撃的な行為は、習得したものであって、適切な対応によっては直せるものです。このような悪い行いに対して、(学校でも問題があれば)親と教師が協力して子どもを観察しなければいけません。

どのような状況であっても、子どもの攻撃心を直すのに、けして身体的な体罰を与えないようにするべきです。このようなお仕置きは子どもの行動をもっと悪化させます。

つまり子どもの攻撃的な行動を戒めるのに、同じように体罰を与えているのでは良い結果は生まれず、単に子どもの不安が募るばかりです。

子どもの攻撃心に対処するには、常に辛抱強く、矛盾の無いようにすることです。

子どもの 攻撃心 にどう対処する? 攻撃心 攻撃的な行動 子ども 対処法

自分の子どもがこのような行動をすると、親はどうしていいか分からなくなってしまうものです。しかし子どもの行動を改善していくために親ができることがあるのです。

1.問題を見極める

まずは子どもの攻撃心を抑制するにはこの第1段階が不可欠です。両親それぞれが問題を見据えて、子どもが表現している攻撃心は何なのか理解するようにしましょう。

このような行動は客観的に、そして具体的に問題を解決していくことが重要です。以下のような方法に従って、子どもの反応に対しても親が厳しく対応できます。

2.子どもの攻撃的行動に対して規則を設定する

子どもの攻撃的行動に対処するのにもう一つ重要なのは、週に何回位子どもがそのような態度を見せるのか記録してみることです。

さらに何が攻撃的な行動をさせるきっかけになっているか見極めるのも大切です。そうすると原因、状況、その行動の一連の反応などを的確に理解できるようになります。

攻撃心は心の問題が外に向けられたものです。環境に適応できない子どもの感情が現れています。

3.子どもの行動に制限を加える

子どもの攻撃心がどのように、なぜ行動に現れるかが分かったら、その行動を変えていくのに目標を立てる必要があります。まずは攻撃的な行動を制限して、そして各状況でどのような別の行動をしていくのか決めます。

その方法が効果を上げるには、攻撃的なお手本になっているものと、子どもの接触を断ち切ることです。両親も問題解決の方法、話し方、論理付けの方法、規則の設定などを変えていき、子どもにそれを示す必要があります。

同様に、親が良いお手本となるのは、かけがいのない方法です。大人が前向きにしっかりと問題解決しているのをみれば、子どもはそれを見習って真似るようになるでしょう。

子どもの 攻撃心 の対処法 攻撃心 攻撃的な行動 子ども 対処法

4.行動への対処法が効果的かどうか判断する

対処法を決めたら、それを実行に移し忍耐強く続けていかなければいけません。

良い結果をもたらすには、子どもの生活に関わる他の大人たちと連絡を取り合って協力することも重要です。そうすると攻撃心に対する対処に皆が貢献することになるでしょう。

子どもの攻撃心には、積極的な態度で親が対応することが不可欠です。攻撃的な行動のきっかけが何か認識して、シグナル訓練、話し合い、良いお手本を見せることで、子どもの攻撃的な行動を直していきましょう。

こちらの記事もおすすめです。
勉強ができる子になるためのカギは一体なんだろう?
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
勉強ができる子になるためのカギは一体なんだろう?

勉強ができる子になる ための カギ は何だと思いますか? 成績を上げるのは思うほど簡単なことではありません。良い学校に行ったり宿題をしっかりすることだけで十分だと満足してしまう親がいます。ですが学校からの成績表を見て、我が子の成績の悪さに愕然とすることがあるかも知れません。



  • Train, A. (2001). Agresividad en niños y niñas: ayudas, tratamiento, apoyos en la familia y en la escuela (Vol. 158). Narcea Ediciones.
  • Martínez, J. W., & Duque Franco, A. (2008). El comportamiento agresivo y algunas características a modificar en los niños y niñas. https://digitk.areandina.edu.co/handle/areandina/224
  • Zárate, L. O., & Luna, E. R. (1999). Comportamiento agresivo en niños preescolares. Enseñanza e Investigación en Psicología, 4(2), 327-339. https://go.gale.com/ps/anonymous?id=GALE%7CA116035871&sid=googleScholar&v=2.1&it=r&linkaccess=abs&issn=01851594&p=IFME&sw=w
  • Garaigordobil Landazabal, M. (2004). Intervención psicológica en la conducta agresiva y antisocial con niños. Psicothema, 16(3). https://www.redalyc.org/html/727/72716315/
  • Noroño Morales, N. V., Cruz Segundo, R., Cadalso Sorroche, R., & Fernández Benítez, O. (2002). Influencia del medio familiar en niños con conductas agresivas. Revista cubana de Pediatria, 74(2), 138-144. http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0034-75312002000200007
  • Verona, J. A. G., Pastor, J. F., De Paz, F., Barbosa, M., Macías, J. A., Maniega, M. A., … & Picornell, I. (2002). Psicobiología de las conductas agresivas. Anales de Psicología/Annals of Psychology, 18(2), 293-303. https://revistas.um.es/analesps/article/view/28511