インラインスケートを子どもに教えるためのステップ

インラインスケートは子どもが楽しみながら運動するのにピッタリです。この記事ではインラインスケートを簡単に教える方法をご紹介します。
インラインスケートを子どもに教えるためのステップ

最後の更新: 16 11月, 2019

インラインスケートができるようになると良い運動になり、自転車に乗るのを学ぶのを同じように、バランス感覚や運動能力が発達します。この記事では、どのようにインラインスケートを子どもに教えたらいいのか、簡単に教える方法をご紹介します。

インラインスケートは楽しく運動ができ、親子一緒に参加して楽しめるものです。これで健康的な生活習慣の一部として取り入れることもできますね。

他の有酸素運動と同じく、インラインスケートはカロリー消費に役立ちます。それでも他の運動に比べて、インラインスケートはひざにあまり負担がかかりません。それだけでもかなり良いのですが、さらにバランス感覚を向上させます。

年齢に関わらず、インラインスケートができるようになる年齢が早い子どももいます。親が子どもの成長具合をよく見て、スケートを学ぶ力があるかどうか判断しましょう。

バランスをとったり動きを連携させるのが難しそうだと気付いたら、安全に心地よく滑れる時期が来るまでもう少し待ちましょう。

インラインスケートを教えるためのステップ

子どもにインラインスケートを教えるシンプルな方法をご紹介します。

1.始めるための準備

新しいスポーツを始める際、安全を確保するのは間違いなく重要項目です。子どもにインラインスケートを教えるには、まず子どもの足にあったスケートを買う必要があります。きつ過ぎないサイズの方が、はき心地が良くなるでしょう。

子どもがスケートを習い始めると、数えきれないほど転ぶことでしょう。そこで子どもを保護するプロテクターを用意しておけば、救急病院に行くような怪我を避けることができるでしょう。

最低限でも、ひざ、ひじ、手首のプロテクターとヘルメットを用意して、安全を確保してください。

できるだけ安全にするためには、子どもに合ったサイズの新品のプロテクターを選びましょう。お下がりやリサイクルされた製品であれば、パッドの部分が打撃であまり弱っていないことを確認してください。

インラインスケート を簡単に子どもに教える方法

2.インラインスケートを子どもに教える:基本

インラインスケートは歩くのにとても似ていますが、底に車輪がついているという違いだけです。子どもにスケートの基本を教えると、自信がつくようになるでしょう。

そこで最初に始める時は、子どもがバランスを取れるようになるまでは安全な場所で練習させましょう。人生の何事も成功するには忍耐力が必要なのです。

そしてインラインスケートはいくつものスキルを必要とする運動です。正しい方法で滑るには、バランスを保つことが秘訣です。子どもが少しひざを曲げて、やや前かがみの姿勢を保つことができれば、重量の効果で立っていられます。

3.正しい体勢をマスターする

三つ目に大事なのは、子どもが正しい体勢で滑るように指導しましょう。基本的なインラインスケートの姿勢をマスターして、それに対応した動きをすることが不可欠です。

正しい体勢とは、肩幅くらいに足を広げて立ち、ひざを少し曲げた状態です。滑るときにはバランスが大切です。その体勢を保てれば、子どもはあまり転ばないでしょう。

4.インラインスケートを子どもに教える:練習

子どもが基本的なことを学んで慣れてきたら、何時間もの練習が必要です。

この時点では子どもが前進する動きをしながら、バランスを取る練習をさせます。訓練の一部として、転ぶ練習もさせて、予期しないような怪我にならないようにしましょう。

インラインスケート を簡単に子どもに教えるために

皆さんの想像通り、インラインスケートはとても楽しい運動です。アドバイスに従って気を付けて練習させれば、子どもはしっかりマスターできるようになるでしょう。

さらに子どもが興味を持つようであれば、レッスンを受けたり、スケート教室に行かせることもお勧めします。

子どもが初めてインラインスケートを試してみる時、緊張したり不安になったりするかもしれません。何度も転んで、なかなかうまく滑ることができないとしても、頑張るようにしっかり応援してあげましょう。

最後にインラインスケートは本当に楽しくて、子どもの健康に良いだけでなく子どもを幸せにします。そこで、お子さんがまだインラインスケートの経験がなかったら、ぜひ試してみて下さい。

それはあなたに興味があるかもしれません...
子どもが行う日課が生活にもたらす効果を見てみよう
わたしママRead it in わたしママ
子どもが行う日課が生活にもたらす効果を見てみよう

子ども の生活に 日課 を設定すると、規則正しさや責任感などこれから一生続いていく、とても価値ある生活の基本を身に付けることになるでしょう。毎日の良い習慣付けは子どもの人格形成に欠かせません。実際小さな子どもには不可欠なのです。良い習慣と 日課 があることで、子どもは価値ある教訓を得られるのです。



  • Cámara, J. M., & Campazas, H. R. (2011). Propuesta para abordar el qué y cómo enseñar las habilidades motrices en secundaria: un ejemplo a través del patinaje. Ágora para la educación física y el deporte, 13(2), 197-228. https://dialnet.unirioja.es/servlet/articulo?codigo=3696636
  • Vila, R., Guitart, N., Riera, J., & Díaz, J. (2007). Aprendizaje y enseñanza de las habilidades con patines. Apunts Educación Física y deportes, (90), 27-32. https://www.redalyc.org/pdf/5516/551656950004.pdf
  • Mayorga Marín, J. Y., & Mejía Lugo, Z. (2013). Propuesta pedagógica como medio para fortalecer la coordinación dinámica general a partir de la práctica del patinaje en los niños y niñas del grado transición del Jardín Infantil Andy Panda(Bachelor’s thesis, Universidad Libre). https://repository.unilibre.edu.co/handle/10901/7653