初めての靴!子どもの靴の選び方

29 1月, 2019
マジックテープの靴には履きやすいというメリットがあります。足を入れてピタッと貼るだけですよね。 とってもシンプルで良いのですが、子どもが簡単に靴を脱いでしまうというデメリットもあります。
 

今回は子どもの靴を選ぶときの注意点についてご紹介したいと思います。子どもの足はとても繊細なので、細心の注意を払って良い靴を選ぶようにしましょう。

こちらもご覧ください 裸足育児のメリット

 

まずは子どもの足に合った正しい靴選びをしましょう。世の中にはあまりに多くの靴が出回っており、あなたの子どもにピッタリのものを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

子どもに適した靴とは、履き心地が良く、柔軟性がある軽いものです。また、年齢によっても選ぶ上で注意点が異なります。

幼い子にとっての良い靴とは正しい姿勢を保つことが出来、身体的な成長に悪影響を与えないものです。

 

子どもの靴選びに重要な注意点

では、子どもの靴を選ぶときの注意点を見ていきましょう。

1.素材

これは履き心地や柔軟性に大きくかかわってくるので重視すべきポイントです。革は柔らかく、とても履き心地が良くて強度が高いので足を守ることが出来ます。

革靴

もし革靴を選ぶなら、靴の内側と外側両方が革で出来ているものを選びましょう。

靴の中も革で出来ているものは、履き心地が良く通気性も良いので、夏でも履くことが出来ます。

 

子どもは素足でそのまま靴を履いてしまうこともありますが、合成のものより本革の方が汗をかきにくいことが分かっているのでできるだけ本革のものを選んであげましょう。

 

2.マジックテープ、それとも靴紐?

マジックテープの靴には履きやすいというメリットがあります。足を入れてピタッと貼るだけですよね。

とってもシンプルで良いのですが、子どもが簡単に靴を脱いでしまうというデメリットもあります。

またはがれやすいので、足を充分にサポート出来ません。特に1歳になったばかりの歩き始めのお子さんにはお勧めできません。

一方、靴紐の場合はマジックテープよりも脱ぎにくくなります。足をしっかりサポートしてくれますが、きつく結びすぎて足を圧迫しないように注意しましょう。

靴紐の場合は履かせるのにも時間がかかり、また紐の結び方を教えるのもなかなか難しいものです。

 

「子供時代には 必ず未来へのドアを開ける瞬間がある」

-グラハム・グリーン

 

3.サイズ

小さすぎる靴は足を圧迫します。また大きすぎても歩きにくく大変です。

靴紐は足に靴をフィットさせるためにしっかり結び、正しいサイズの靴を選びましょう。

・靴を床に置いて子どもに履かせます。つま先が曲がっていないことを確認してください。

・足はどんどん大きくなります。少し大きめの靴を買う場合はつま先から靴の先まで1cm程度の余裕があることが理想です。

 

4.ロートップ、それともハイトップ?

ロートップの靴よりハイトップの靴の方が子どもには向いています。子供の足は土踏まずがまだ出来ておらず平らになっているからです。

 

しかし、土踏まずが出来上がれば(4歳程度)ロートップでもハイトップでも構いません。

こちらもご覧ください 頸反射が赤ちゃんの成長に重要な理由

 

赤ちゃんの場合は? 初めての靴はどんな靴が良い?

生後1か月程度の赤ちゃんの靴は、ほとんどお母さんの願望を満たすファッションの一部にすぎません。ですが、足を寒さや怪我から守るメリットも持っています。

赤ちゃんの靴 子どもの靴 注意点

赤ちゃんが歩き始めた時、靴は一人で歩いたり立ち上がるサポートになります。

足の成長を妨げない子どもの足に合った適切な靴を選ぶことが大切です。

子供の年齢に関係なく、足の大きさに合ったサイズ、少し高さのあるもの、1cm程度の成長の余裕のあるものを選びましょう。

また、成長に合わせて靴を変えるようにしてください。

今回のアドバイスは、あなたの靴選びの参考になりましたか?子供の成長と足に合った正しい靴選びを心がけましょう。