学習に使える「ファインマン・テクニック」とは?

26 10月, 2019
今日は、学ぶことと教えることの方法、ファインマン・テクニックについて詳しく見ていきます。これはとても効果的で、生徒がより速く、よりしっかりと学習するのに役立ちます。
 

端的に言えば、ファインマン・テクニックとは自己学習のためのシンプルな方法です。これは5つのステップで構成された記憶テクニックなのです。それぞれのステップが少しずつ、無意識に、脳が記憶しようとしている情報を蓄積させていくようにできています。

このテクニックはリチャード・ファインマンというアメリカの理論物理学者から名づけられました。様々なプロジェクトの中で、ファインマンはマンハッタン計画にも参加しました。さらに、あなたが思い描いているであろうことも経験しています。それは自分自身に複雑な思考を教えるということです。

リチャード・ファインマン

15歳にして、ファインマンは発展代数学、三角法、微積分学などをすでに学習していました。が医学に入る前に、自分のやり方で数学的実験をすでに行っていたのです。

かれは素晴らしい理論物理学者で、1695年に彼の量子熱力学の理論においてノーベル賞を受賞しています。さらに、カリフォルニア工科大学の物理の教授でもありました。

教授として、彼は生徒の間で人気でした。シンプルで聞きなれた言葉を使い、最も複雑な物理の理論を生徒に理解させることができる人だったのです。

その結果、生徒はその時のトピックをとてもよく理解するようになりした。そしてこのことにより、ファインマン・テクニックという、学ぶ方にも教える方にも使うことのできる学習法ができたのです。

ファインマン・テクニック
 

何かを知っていることと何かの名前を知っていることは違う。何かを理解するには、短く正確な方法でそれについて説明ができなければならない。

ファインマン・テクニックとその学習への焦点によれば、あることを子どもに説明できないのであれば、そのことについてあなたはおそらくよくわかっていないと言います。簡単で正確に説明できて初めてそのことについて完全に理解していると言えるのです。

ファインマン・テクニックの5つのステップ

学習する、あるいは教える上でのコンセプトを選ぶ

このテクニックは学びたい、あるいは理解した意図思っている正確なコンセプトを明らかにし、決定することから始まります。そして真っ白な紙の一番上にそのコンセプトを書きます。より具体的であればあるほど、それ以降の学習プロセスが整理され効果的になるでしょう。

紙の上でテーマを発展させていく

できる限りシンプルな言葉を使って、その考えについての説明を書きましょう。そのコンセプトのことを理解できない人に教えるかのように行いましょう。よりおおざっぱなまとめから初めて、どんどん具体的にしていっても大丈夫です。

一般的な言葉でその考えを説明するだけでは、完全な理解をしているとは言えません。むしろ、それは取り掛かるための出発点でしかないのです。言い換えれば、それはあなたの理解の始まりを表しています。

新しい知識を探す

そのトピックについて上手く説明できないのであれば、紙に戻ってそれを読み返しましょう。あなたの説明がだいたい正しいものになるまでこの基本材料に戻ってそれをよく読みましょう。

 

手に入るいかなる情報を使っても構いません。例えば、おもしろい事実や絵を使うのもいいでしょう。ノートや本、インターネットで見つけたことだっていいのです。そのテーマについて理解するのに役立ち、新しい知識を与えてくれるものは全て使っていいのです。

このステップを完全に行い、そのトピックについて完璧にすることが大切です。ファインマン・テクニックが成功するかどうかは、このステップを正確にそして完全に行うかどうかにかかっているのです。

新しい知識を記録し、整理する

新しい知識を得たら、それを反映させ、記録しましょう。それがあなたの理解をどのように変えたかに注目するのです。

ファインマン・テクニック

絵や概念マップ、図など、あなたの思考を整理してくれるものは何でも役に立ちます。つまり、ここで行おうとしていることは、ファインマン・テクニックを使って、学ぼうあるいは教えようとしているコンセプトについてのだいたい完全と言える理解を、的確かつ正確に説明しようとしているのです。

あなたの理解が変化するにつれ、その理解についての発表も変わるべきです。これがあなたのそのテーマへの理解度を深め、学習プロセスを刺激してくれるでしょう。これにより新しいトピックの学習にもつながるかもしれません。

 

ファインマン・テクニックを使い、子ども教えるかのように説明を書きなおす

このステップでは、あなたが記憶したいと思った情報を学習することができたかどうかを知ることになります。このステップを完成させるには、あなたが発展させてきた情報を書きなおさなければなりません。しかし、書き方を変えましょう。今回はできる限り単純な言葉を使います。つまり、毎日使うような言葉を使うということです。

最後に、小さな子供に説明しているかのように声に出して言ってみましょう。その情報について理解しやすくするために、さまざまな例を使うのもいいでしょう。

ファインマン・テクニックのシンプルなステップに従うことで、取り掛かった日からどんなトピックについての知識を増やすことができます。さらに、誰に対しても明確でわかりやすいやり方であなたの理解を説明すること能力を身に着けることができるのです。

 
  • Gleick, James. (1993). Genius: The life and science of Richard Feynman. Vintage.