幼児の偏頭痛について:症状と原因と治療法

· 2019年1月25日
偏頭痛は痛みの激しい頭痛で、子供にも大人にも起こる神経系疾患です。今回は、原因や、その症状と治療法をご紹介します。

偏頭痛の痛みに苦しむ幼児は実は多くあなたの想像を超えるかもしれません。ですので、自分の子供ももしかしたらそうなのかもしれないと注意して意識をしておくべきです。専門家は、就学後の子供と同じくらい就学前の子供にもこの問題が見られると指摘しています。

症状を見極め、できるだけ早く治療をしてあげることが子供の痛みを和らげます。

幼児の偏頭痛とは?

ほとんどの場合、幼児の偏頭痛には重度の頭痛が伴います。これは頭蓋骨の外側で起きる神経系の障害です。

頭や首を覆う筋肉が腫れることで神経を刺激し、脳へ痛みのメッセージが伝達されて偏頭痛が起きます。

幼児の偏頭痛の原因

軽度のものも含め、頭痛が頻繁に起こるシチュエーションはいくつかあります。

時には重度の痛みが数時間、場合によっては数日続くこともあります。では、最も一般的な原因を見てみましょう。

  • コンピュータの使いすぎ、ビデオゲームの使いすぎ、テレビの見過ぎ
  • 倦怠感、疲労感、ストレス
  • ホルモンの変化
  • 匂いや騒音への過敏
  • 不安
  • 視力の障害
  • 風邪、もしくは耳や喉、尿道への感染症
  • 頻繁なタバコの煙の吸引
  • 睡眠不足
  • 特定のによる副作用
  • 栄養不足

重度の痛みが何時間も、場合によっては何日も続く偏頭痛を持つ子供もいます。

幼児の偏頭痛の主な症状

子供の偏頭痛を直すためには、まずはその症状をきちんと認識することが大切です。症状を知ることが、病院へ連れて行くべきか、家にいて治せるのかを見極めるためにも役立ちます。

 

しっかり見極めることで子供がこれ以上痛みで苦しまないよう、できるだけ早く和らげてあげることができるのです。

  • 途切れ途切れ、もしくは脈を打つような頭痛
  • 頭の片側だけに起こる中度から重度の頭痛
  • 吐き気、嘔吐、めまい
  • 日々の生活に支障が出るほどの痛み
  • 体を動かすと悪化する頭痛
  • 音や光に過敏になる
幼児の偏頭痛

子供が苦しんでいる偏頭痛の痛みへの対処法

第一の方法としてまず、医師から処方された痛み止めをあげましょう。最もよく推奨されるものは、イブプロフェンやアセトアミノフェンです。

ベッドに寝かせるか、暗くて静かな部屋でソファに横にさせましょう。水に濡らした冷たいタオルを頭に置いてあげるとスッキリするので効果的です。

また子供の頭をマッサージしてあげてください。特にこめかみを優しく押してあげましょう。眠ることでリラックスし、筋肉の緊張がほぐれるので、子供が眠れるようにしてあげましょう。もし子供がすでにリラックスしているのであれば、このマッサージが痛みを和らげるか、痛みそのものを取り除くことさえできるかもしれません。

幼児の偏頭痛を防ぐためにできること

もし子供の生活上の癖が、頭痛を頻繁に引き起こしているようであれば、それを直してあげることも大切です。頭痛を引き起こすかもしれない行動の例がこちらです。

  • テレビを見る時間、ビデオゲームやコンピュータ画面を見る時間を管理しましょう。
  • ストレスや倦怠感、疲労感を引き起こすようなシチュエーションは避けましょう。
  • 健康的な食事をさせましょう。バランスのとれた栄養素が、子供の免疫力を高め、感染症などにかかりにくくなります。
  • チーズやチョコレートなど、頭痛を引き起こす食べ物がないかどうか注意を払いましょう。もしそのような食べ物があることがわかったら、それらを避けるようにしましょう。
  • 運動やスポーツができる年齢であれば、定期的にさせましょう。運動は、健康のためには全般的に良いものです。
  • もし痛み止めを飲んでいるのであれば、副作用について医師に相談しましょう。
  • 専門家に連れて行き、視覚に異常がないかを確認しましょう。
  • 十分な睡眠がとれているか、注意しましょう。ゆっくり休むことで、偏頭痛が起きるのを減らすことができます。
幼児 偏頭痛

幼児の偏頭痛には栄養素が重要です。

多くの場合において、バランスのとれた栄養がとれないと子供が頭痛を起こすことが専門家によって指摘されています。また、食べ物のアレルギーによって引き起こされることもあります。

ですので、子供が特定の食べ物を食べた後に頭痛を起こしていないかどうか、確認することが大変重要です。ラクトース、缶詰、お菓子、既成の焼き菓子やパン、熟れ過ぎのバナナ、チョコレートやチーズを避けることをお勧めします。

もし子供の生活上の癖が、頭痛を頻繁に引き起こしているようであれば、それを直してあげることが大切です。

また、たっぷりの果物や野菜、全粒粉のパンなどを普段の食事に含めて食べさせましょう。また、マグネシウムを豊富に含む食べ物も、子供を健康に保ちます。

もしお子さんに偏頭痛があっても、心配しすぎないようにしましょう。正しい対処法をとれば、効き目があります。また、幼児の偏頭痛は思春期までにはなくなることが一般的です。