恐怖を克服させるくれる5つのアクティビティ

· 2019年1月4日
お子さんが恐怖をなかなか克服できないでいるなら、その怖い状況に立ち向かうのを助けてあげるためのアドバイスを参考にしてみてください。

お子さんに恐怖を克服させるのは簡単なことではありません。これは子どもが自然に経験する段階ですが、複雑なものでもあります。

今日ご紹介するアドバイスを参考にするだけでなく、忍耐強くいることが必要になります。

親は子どもに恐怖を乗り越えさせようとしてイライラしてしまうこともあるでしょう。しかし、それは恐怖が合理的でないこともあるからです。

あなたが言うことが、不安を乗り越えるのに全く役に立っていないように感じることもよくあるでしょう。次に何をしたらいいかわからなくなることもあります。

子どもは特定の状況や物に対して恐怖を抱くことがあり、それは大人の目から見ると全く怖くないものです。これはどんな文化においても起こります。

このような子どもの頃の恐怖は成長する過程の中でどんな人にも起こります。

子どもに恐怖を乗り越えさせることは、1歳ごろから必要になります。そして、お子さんが6歳になるまでに、この傾向はより顕著になります。

ほとんどの恐怖は子どもの発達の段階の一つでしかありません。しかし例外的な場合には、心理的な助けが必要になることもあります。

この恐怖の源は子どもが大きくなるにつれて変化するかもしれません。例えば、暗闇やベッドの下の怪物への恐怖は、他人や暴力への恐怖へと変わるかもしれません。

子どもの恐怖:認識しておくべき要素

子どもに恐怖を克服させる上で、いくつかの要素を念頭に置いておくことが大切です。

  • 子どもをからかったり、子どもが怖がっているものと対峙するようよう強制することは、事態を悪くするだけかもしれません。
  • 子どもの恐怖を真剣にとらえ、子どもがどのように感じているかを話すよう促すことで、子どもを助けることができるかもしれません。
  • とりわけ、子どもが怖がっているからといって子どもを叱ったり、子どもが怖いと思っている状況に行くよう無理強いしてはいけません。
  • 子どもが恐怖を乗り越えるのを助けるためには、子どもの気持ちがわからなければなりません。
  • 自分を不安にさせるものについて子どもに話すよう促すことで、あなたのサポートを受けながら、子どもが自分のペースで恐怖と対峙する機会を与えることができます。

子どもを怖がらせるものとは?

他の子に比べて怖がりな子もいます。子どもを怖がらせる要素をいくつか挙げてみました。

  • 遺伝的な感受性:子どもの中には、もともと人より繊細で、より感情的な気質を持っている子もいます。
  • 親の不安:子どもは親を見て、どのように振舞うかを学びます。
  • 過保護な子育て:親にかなり依存している子どもは、自分は能力がないと感じ、全般的な不安を感じることにつながります。
  • ストレスのかかる状況:親と離れることや、怪我、入院などの特定の状況が、子どもには重大な影響をもたらすかもしれません。
子どもに恐怖を乗り越えさせるには

子どもに恐怖を乗り越えさせる5つのアクティビティ

以下は、子どもに恐怖を乗り越えさせる5つのアクティビティです。是非参考にしてみてください。

1.恐怖とそれを乗り越えることについての本を読みましょう

怖い状況についての物語を話し、状況を演じ、本を読むことで、子どもが恐怖を乗り越えるのに役立つかもしれません。

これは読書療法やエクスプレッシブ・ストーリーテリングとして知られている方法です。子どもは同じ問題に対峙している登場人物と自分を重ね合わせるので、効果があるのです。

2.工作を使いましょう

想像的なアクティビティを使えば、子どもが無意識の恐怖に取り組むことができます。子どもが恐怖について話すことができないときは、まっさらなページが、子どもの心の中にあることに取り組むのにいいツールになるのです。

お子さんが怖いと思っているものの絵を描いたら、その恐怖について話し、その解決法を一緒に探すことができます。

「とりわけ、子どもが怖がっているからといって子どもを叱ったり、子どもが怖いと思っている状況に行くよう無理強いしてはいけません。」

3.ランキングを作りましょう

子どもに、自分が怖いもののリストを作らせましょう。そして、そのリストを、最も怖くないものから一番怖いものの順に並べ替えるのを手伝います。

子どもの恐怖を、熱いものから冷たいものへと、温度計のように表現することもできます。

小さい子は、これをするのに手助けが必要かもしれませんが、子どもはたいていの場合、どれがより怖い状況かを伝えることができます。

子どもがそれぞれの恐怖をランク付けしたら、そのリストにある恐怖について話をしましょう。

恐怖を克服 するためのアクティビティ

4.かくれんぼ

この子どもが大好きな遊びは、子どもを楽しませる以上のことができます。これは放棄と分離についても教えてくれるのです。

かくれんぼは、お子さんが一人になることの恐怖に対峙するのに役立ちます。

5.怖がっていることを認めましょう

あなたが怖いと思うことについてお子さんに話し、その恐怖を乗り越えるのにあなたはどうしているかを伝えるのです。あなたの例から学ぶことで、お子さんがこの難しい段階を乗り越えるのに役立ちます。

お子さんはあなたの真似をし、あなたが感じ、表現する気持ちを真似ます。あなた自身の経験を共有することで、お子さんに自分の気持ちを表現するよう教えることになるのです。

子どもに恐怖を乗り越えさせる方法はたくさんあります。どれを選ぶかは、お子さんによります。

しかし最も大切なことは、お子さんの傍にいてお子さんを支えてあげることです。

お子さんは、子どもの頃の典型的なものである恐怖を乗り越えるのために、あなたに隣にいてもらう必要があるのです。

https://youaremom.com/activities-teaching-children-overcome-their-fears/