出産後の生理不順について

2018年11月24日
生理について心配しすぎないでくださいね。そして、お母さんとしての毎日を楽しんでください。

この記事では、赤ちゃんが生まれてから驚くことがないように、産後の生理不順について知っておくべきことをご紹介します。

出産の後は、9ヵ月の妊娠で起こった変化から身体を再調節し、回復させ、通常の状態を戻すのには時間がかかります。

生理の変化や、産後最初の生理が来るまでの時間は人によって違います。これらの変化は全く自然のことで、心配することは一切ありません。

産後最初の生理周期はどんなもの?

産後の最初の生理が始まるまでには5、6か月かかります。場合によっては1年かかるというケースもあります。

この遅れは身体が経験した変化、そして今も起こっている変化のために起こります。

ですので、以下のような可能性があります。

  • 最初の生理は、妊娠前のものより痛かったり、出血が多かったりするかもしれません。
  • 月経前症候群が起こり、嘔吐や軽いめまいなどがあるかもしれません。
  • 悪露(おろ)が出るかもしれません。悪露は妊娠中に子宮の中で作られた粘液や細胞でできている出血のことです。

産後の最初の2、3回は、普通に戻るまで量が増えるかもしれません。

卵巣のう胞や子宮内膜症などの産婦人科系の問題が、産後自然と治ることもあります。

「産後の最初の生理が始まるまでには5、6か月かかります。場合によっては1年かかるというケースもあります。」

授乳中の生理不順

生理の変化は人によって異なり、その人のホルモンや身体の成分、そして母乳育児をしているかどうかが大きく関わっています。

授乳中はプロラクチンの分泌が増えます。プロラクチンは月経障害の原因になるホルモンです。

母乳育児をしている人は、生理が戻ってくるまでに5か月かかることもあります。

母乳育児をしていない人は、産後2カ月ほどで整理が再開します。

産後の生理には様々な変化がある

授乳中は生理がないかもしれませんが、これは人によって違うので、生理不順の段階を経験する人もいます。

産後最初の生理では、人によってさまざまな症状を経験します。めまいがする人もいれば、吐き気や手足のむくみに悩まされるという人もいます。

このさまざまな症状は、プロラクチン値を上昇させるお母さんの母乳の生成に関係があるかもしれません。

産後の生理不順の時期に妊娠することはある?

産後の生理不順中でも、排卵は起こっているので妊娠する可能性はあります。

産後、気づくことなく最初の排卵が起こっているかもしれません。これは出産から2週間足らずで起こることもあるのです。

産後は妊娠する確率は極めて低くなりますが、可能性は低くても、それはゼロではないことを覚えておきましょう。

授乳中の無月経を利用した避妊法は、産後半年は全てのルールに従っても98%の避妊率にしかなりません。

産後の生理不順は、半年たてば普通に戻るということを忘れないでくださいね。

「産後最初の生理は、生殖システムが普通の周期に戻ってきているというサインです。」

産後の生理を普通に戻す8つの実践的提案

生理周期は数か月で普通に戻ります。しかし、それを助けるためにできることもいくつかあります。

  1. ミネラルなどの栄養素が豊富な、バランスの取れた食事をしましょう。
  2. 軽い運動をしましょう。
  3. 一日を通して、水や果汁をたくさん飲みましょう。
  4. アルコール飲料は飲んではいけません。
  5. 適切なタイミングで休憩しましょう。
  6. 喫煙はやめましょう。
  7. ストレスをできるだけ避けましょう。
  8. ジャンクフードは控えましょう。
生理を通常に戻すために 出産後の生理不順

生理について心配しすぎないでくださいね。そして、お母さんとしての毎日を楽しんでください。

最も大切なことは、産後の最初の生理はあなたの生殖システムが普通のサイクルに戻っているサインだということを知っておくことです。

これは子宮が大きな変化を経験したにも関わらず、起こります。

また、妊娠前の生理の特徴と同じようになるまでには数か月かかるかもしれません。

大量の出血が長く続いたりするような問題が怒った時には、産婦人科に相談し、適切な診断と問題の治療を行ってもらいましょう。