乳腺炎の強い味方プロバイオティクスを取り入れよう

乳腺炎はたいていの場合最近の感染によるもので、授乳期間中に起こります。おそらくお子さんがおっぱいを吸うことで胸にできた傷などから、微生物が胸の細胞の中に入り込むのです。

最後の更新: 21 3月, 2019

統計によると、授乳中の女性の10%が乳腺炎になるそうです。これは赤ちゃんの健康には何の影響もありません。お母さんに不快感と多少の不安をもたらすだけです。しかしこの症状の解決法も存在します。乳腺炎の強い味方であるプロバイオティクスについて学んでいきましょう。

乳腺炎になっているかもしれないと思った時、薬を飲むことになるとわかると、赤ちゃんへの影響を懸念するのは極めて当然のことです。それにより不安や心配を感じるでしょう。

授乳中に乳腺炎によって鋭い痛みを感じると、絶望してしまうかもしれません。しかしお医者さんに薬を処方されると、子どもへの影響を阻止したいと思うでしょう。

この唯一の解決法は、授乳を止めて粉ミルクに切り替えることだと思われてきました。しかし、母乳に勝るものはありませんし、授乳をやめる必要は全くありません。実際、乳腺炎になった時に授乳をやめることは一番よくないことなのです。

乳腺炎とプロバイオティクス:癒しの強い味方

乳腺炎はたいていの場合細菌の感染によるもので、授乳期間中に起こります。おそらくお子さんがおっぱいを吸うことで胸にできた傷などから、微生物が胸の細胞の中に入り込むのです。

すると症状が現れます。胸が炎症を起こし、肌が赤くなりとても激しい痛みを感じます。まるで針がその部分に刺さっているような感覚です。これは授乳中のお母さんを憂鬱にしたり無気力にしてしまいます。

ほとんどの感染症と同じように、治すには薬が必要になるかもしれません。そこでとても有効なのが、乳腺炎とプロバイオティクスの関係です。少し前までは、乳腺炎の治療の選択しは抗生剤のみでした。

しかし、抗生剤に抵抗力のある感染因子もあります。今日では、プロバイオティクスを使うことの方が増えてきて、その結果乳腺炎の治療がとても良くなっているのです。

乳腺炎とプロバイオティクスのかかわり方は?

乳腺炎とプロバイオティクスの間の関係には、考慮するべき要素がいくつかあります。

  • 乳腺炎の治療への視点が変わっています。感染を起こしている微生物を除去しようとする代わりに、弱っているあるいは失われた微生物を強化するというものです。
  • プロバイオティクスとは? これは正しい量を与えれば、健康を増進する生きている微生物です。これはたいていはラクトバシラス属かビフィズス菌です。
  • プロバイオティクスは乳腺炎にどのように働くのか? 母乳は無菌ではありません。胸の中には、赤ちゃんの腸内フローラを作るのを助けているたくさんの微生物がいます。
  • プロバイオティクスを通して医者はバランスを取り戻そうとします。こうするためには、その人が必要としている生きた微生物を体に入れます。
  • なぜ抗生剤を使わないのか? 抗生剤自体は悪いものではありませんし、子どもに悪い影響もありません。しかし、乳腺炎を引き起こす種類や、抗生剤に抵抗する種類の微生物もいます。そのため、抗生剤が効かないというケースもあるのです。特定の状況では、お医者さんは抗生剤とプロバイオティクスを同時進行で使うこともあります。

「授乳をやめる必要は全くありません。実際、乳腺炎になった時に授乳をやめることは一番よくないことなのです。」

プロバイオティクスを使った予防法

すでに触れたことに加えて、乳腺炎に関する以下のような疑問があります。

  • プロバイオティクスの摂取の仕方は? 一般的に、口から取り込みます。薬局では、タブレットや小さい小袋形式で買うことができます。プロバイオティクスを取り入れるのがいいかどうかはお医者さんに相談することが大切です。
  • 授乳中のプロバイオティクスのその他の影響は? 乳腺炎を予防したり治療したりすることに加え、プロバイオティクスはその他の胸の病気や母乳によって起こる感染症の治療に役立ちます。

まとめると、胸の微生物のコロニーが母体に引き起こす可能性のある問題がいくつかあります。乳腺炎は最もよく起こるもので、説明してきたように、プロバイオティクスは乳腺炎の強い味方なのです。

それはあなたに興味があるかもしれません...
Eres MamáLeerlo en Eres Mamá
胸の痛み:原因と効果的な治療法

乳房の組織内で起こる胸の痛みは「乳房痛」とも呼ばれ、ひどい痛みや不快感をもたらすことがあります。特定の動きをする時に痛みを感じることが多く、腫れたり重みを感じることもあります。片方の乳房に痛みを感じる場合、乳がんではないかと恐怖を感じる人も多いようでが、これは癌のサインとは違って原因は様々です。 胸の痛み



  • Lee TS., Song EJ., Nam YD., Lee SY., Probiotics in human health and disease: from nutribiotics to pharmabiotics. J Microbiol, 2018. 56 (11): 773-782.
  • Rainard P., Foucras G., A critical appraisal of probiotis for mastitis control. Front Vet Sci, 2018.