虫刺されが子どもに与える影響:予防と治療法のアドバイス

2019年6月13日
子どもの虫刺されを予防する、または治療することは親にとっては大変なことですよね。ですので、今日は子どもが虫に刺されたときに最もよく聞かれる疑問に答えていきたいと思います。

子どもは虫に刺されやすいので、親である私たちが虫刺されの予防法と治療法を知っておく必要があります。虫刺されは子どもの健康に害を与えることもあるので要注意ですよ。

一般的に、虫刺されを予防するのも治療するのも親の役目です。身体がどのような反応を示すかは、どんな虫に刺されるかなどの要素によって変わります。ほとんどの虫刺されは痛み、腫れ、赤み、かゆみなどを伴います。

どんな種類の虫刺されがあって、どんな症状があるかに関わらず、ひっかいたりこすったりすることは避けるべきです。これは毒をひろめ、さらなる感染を引き起こす恐れがあるからです。

虫刺されは子どもにどのように影響する?

では、子どもに最もよく起こりやすい虫刺されのタイプに関する情報をご紹介します。

アリ

子どもがアリに噛まれたかもしれないと思ったら、石鹸とお湯でその部分で洗いましょうヒドロコルチゾンクリームを塗って、腫れやかゆみを抑えることもできます。

最後に、水膨れができていたら、それを破らないようにしましょう。これは感染やさらなる痛みを引き起こす恐れがあるかもしれないからです。

ハチ

子どもがハチに刺されたら、子どもの皮膚に小さな黒い針がささっているのを恐らく発見するでしょう。気を付けて、ピンセットでこの針を取り除きましょう。

氷をあてて腫れを抑え、刺された体の部位を持ち上げておくようにします。痛みとかゆみを和らげるためには、抗ヒスタミン系のクリームや、重曹とカラミンローションを合わせたものを塗ることもできます。

子どもの虫刺され 虫刺され   子ども

蚊に刺されることは他の虫よりよくあるでしょう。お子さんが蚊に刺されたら、石鹸は使わず、その部分を優しく冷たい水で洗います。かゆみを落ち着かせるために局所療法を施すこともできます。

 

クモ

クモに噛まれてもほとんどの場合は無害です。しかし、中には水膨れや皮膚の壊死を引き起こすものもあります。または、胸の痛み、吐き気、嘔吐、お腹の痛みなどの症状を引き起こすクモもいます。

お子さんにこのような症状が見られたら、すぐに病院に連れていきましょう。

「身体がどのような反応を示すかは、どんな虫に刺されるかなどの要素によって変わります。ほとんどの虫刺されは痛み、腫れ、赤み、かゆみなどを伴います。」

ミカンハダニ

ミカンハダニに噛まれると、その症状は1~3時間後に現れます。そして数日間激しいかゆみを引き起こします。さらに、噛まれた箇所が赤くはれ、水膨れのようになります。

効果のある治療法は、冷たいお風呂かシャワーを浴びることです。かゆみを抑えるために湿布を貼ったり、カラミンローションかヒドロコルチゾンクリームを塗ることもできます。

虫に噛まれたり刺されたとき、子どもを落ち着かせるには

以下は、虫に噛まれたり刺されたりしたときに、お子さんを落ち着かせるためにできることの一覧です。

  • お子さんをさらに怖がらせないために、あなたが落ち着いていましょう。
  • お子さんをなだめる言葉で落ち着かせてあげましょう。
  • 上に挙げたような説明に従って、痒みを抑えてあげましょう。
  • 氷や湿布などをあてて、痒みや痛みを落ち着かせます。
  • 虫よけを使いましょう。
  • お子さんが好きなことをして、痛みやかゆみから気をそらせてあげましょう。

虫刺されを避けるためのアドバイス

以下のアドバイスは、お子さんが虫に噛まれたり刺されたりしないようにお子さんを守ってあげるためのアドバイスです。

  • 安全で効果のある虫よけを使いましょう。
  • 香料がたくさん入った石鹸やクリームなどの製品は避けましょう。
  • 可能ならお子さんに長袖や長ズボンを着せましょう。
  • 森や茂み、草がたくさん生えている場所に行くときは特に気を付けましょう。
  • ペットを飼っている場合、ノミが寄生しないように対策を取りましょう。
虫に刺されないために 虫刺され   子ども

医者に行くべきときは?

お子さんに以下のような症状が出ている場合、すぐに病院へ行きましょう。

  • 痛みやかゆみが悪化しているとき
  • 赤み、局所的または全身の熱、腫れ、肌の乾燥などの感染の兆候が出ているとき
  • 発熱
  • じんましんや発疹
  • 吐き気や嘔吐
  • 呼吸困難
  • 喉や胸の圧迫感や痛み

これで、虫刺されがお子さんにどのような影響を与えるか、そしてそれをどうやって治療するかがお分かりになったと思います。これまで見てきたように、これはとてもよく起こることなので、たいていは心配する必要はありません。

お子さんの反応は、どんな種類の虫に刺されたか、そしてお子さん一人一人の体によって違うかもしれないということを覚えておきましょう。

・FRAZIER, C. A. (2013). Insect Bite Reactions. Annals of Internal Medicine. https://doi.org/10.7326/0003-4819-76-6-1048_2

・Golden, D. B. K. (2006). Insect allergy in children. Current Opinion in Allergy and Clinical Immunology. https://doi.org/10.1097/01.all.0000235904.87676.40

・FRAZIER, C. A. (2013). Insect Bite Reactions. Annals of Internal Medicine. https://doi.org/10.7326/0003-4819-76-6-1048_2