耳を綺麗に保つのがなぜ重要か学びましょう

05 4月, 2019
多くの人が、耳の閉塞感や聴覚障害に悩まされています。問題は、これらの回避するためには何ができるか、ということです。耳の衛生状態にもっと注意を払うべきなの?
 

耳の閉塞感など、耳の衛生に関する問題で不快感を経験したことはありますか?そうは思えないかもしれませんが、痛みを伴う耳の問題は、ほとんどの人に起こるんです。

このため、そんな問題を回避するために役立つ、耳を清潔に保つヒントをいくつかご紹介します。

 

なんで清潔に保つ必要があるの?

内耳とは耳の内部を指す一方、耳介は外側の部分で、毛包や腺で覆われています。耳垢と呼ばれるワックス状の油分を産生します。作り出される耳垢の量は、個人の生理機能によって異なります。

耳垢は、空気中に浮遊する埃の粒子を絡めとります。こうやって、埃が鼓膜に到達するのを防いで保護します。言い換えますと、耳垢は予防機能として作用しているのです。

でも、耳垢が内耳の入り口に蓄積すると、外耳道を塞いでしまうことがあります。これは難聴の最も一般的な原因のひとつです。このため、耳を清潔に保つことが非常に重要です。過剰な量の耳垢がたまるのを放っておいてはいけません。

耳を清潔に保つことで、聴覚と三半規管に関する機能を助けます。適切な予防をすれば、感染や永久的な難聴などの深刻な問題は回避することができます。

こちらもお読みください:子どもの耳そうじのやり方

耳を正しく綺麗にする方法

聴覚疾患の病変が心配の原因ではありますが、耳を正しく掃除することで避けることができますし、非常に簡単です。

まず、塩水で満たした注射器を使用して、溜まった耳垢を湿らせ、取り除きやすくする必要があります。グリセリンを使っても大丈夫です。入浴中が耳掃除に1番良いタイミングなので、入浴の1時間前に行うとさらに効果的です。

 
耳 耳の衛生 清潔に保つ 

数分後に、水で湿らせた耳垢を取り除くために、タオルの上に頭を乗せます。次に、タオルで耳の外側を乾かします。これで、真菌の発生を避けることができます。

2日に1回、これを繰り返しましょう。耳垢が全くのゼロでもいけない、ということをお忘れなく。

こちらもお読みください:赤ちゃんの服を洗う時に気をつけること

耳掃除中に避けること

多くの場合、聴覚障害は不適切な耳掃除をした結果です。例えば、耳を清潔に保つために過酸化水素水の使用を勧める人もいます。

しかし、これは最良のやり方ではありません。実際に、特に鼓膜に穴がある人には、お勧めできないと医師は言います。耳掃除をするときに使わないようにしあしょう。

同様に、耳垢を取り除くために綿棒を使用することも避けましょう。取り除く代わりに、綿棒で耳垢を奥に押し込んでしまいます。耳垢が内耳を貫通すると、鼓膜に深刻な損傷を与える可能性があります。

また、箸、ピン、フックなど、何か他のものを耳に入れて耳掃除をしようとしないでください。内耳の構造を傷つける恐れがあります。

「耳を清潔に保つことで、聴覚と三半規管に関する機能を助けます。」

 

耳が汚れている時の見分け方

耳掃除が必要かどうかを決めるには、いくつかの状態を見てきましょう。難聴、不快感、かゆみなどです。

時折、耳垢が溜まっていて耳の中で動くとき、痛みを引き起こすことがあります。自宅で適切な耳掃除をした後も不快感を感じる場合、病院に行きましょう

耳 耳の衛生 清潔に保つ 

健康な耳に必要なケア

耳の健康は、清潔さだけではなく、損傷や怪我を避けるためにも不可欠です。特に子どもに、水泳をする場合はなおさら関係があります。外耳道を保護するために、常に耳栓をして泳ぐべきです。

また、大音量に耳を晒すのを避けましょう。不快感や痛みがある場合は、自己判断で投薬をしたり、耳に何かを挿入しないでください。

同様に、テレビや音楽を適度な音量に保ちましょう。ヘッドフォンを頻繁に使用しないでください。また、耳に湿気がないようにしましょう。入浴後はよく乾かしてください。

結論として、耳を清潔に保つことは、良い習慣を取り入れることにかかっているのです。日常生活に重大な影響を及ぼす可能性がある合併症を避けるために、清潔で乾燥した状態に保ちましょう。