子どもの健康にとって最高の食べ物

· 2018年9月7日

お子さんの健康は非常に大事なので、一番良い食べ物を摂取させてあげるよう心がけましょう。健康な食事、適量のカロリー摂取、栄養素とビタミンは、子どもの成長になくてはなりません。

健康な食べ物を毎日子どもに食べさせることは必要不可欠です。その先ずっと正しい食生活を続ける習慣を形成するのに役立ちます。また、子どもが小さい頃から良い食生活を身につけると、その分健康な大人になることができます。

それを頭に入れて、子どもの食生活を改善するための、おすすめ健康食品リストをご紹介します。

子どもの健康に一番の食べ物

アボカド

アボカドには子どもの栄養となる要素がいくつもあります。いわゆる良い脂肪と呼ばれる一価不飽和脂肪酸をたくさん含み、悪玉コレストロールを抑える効果がありますし、血糖値を安定させ、ビタミンEとビタミンBが豊富です。

また、赤ちゃんは生後6カ月以降になると、アボカドを食べられるようになります。

ブルーベリー

エネルギーの源となるブルーベリーも子どもにおすすめの健康食です。ジュースやフルーツ煮として与えることで、8か月以降から子どもでも消化できるようになります。

ブルーベリーは繊維質、フラボノイド、カリウムが豊富で、抗酸化作用もあります。さらに尿路感染症の予防にもなります。

オートミール

色々な調理法のあるオートミールも子どもの食事に最適な食べ物です。繊維質が多いだけでなく、炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラルも豊富です。

専門家によると、1歳頃からオーツやオートミールを食べ始めるのが良いと言われています。

この魚は(オメガ3脂肪酸を含む)良い脂肪が豊富です。コレストロールを下げ、血流を良くします。また、鮭は脳や神経系にも良い効果をもたらします。

子どもの健康

健康な食事に欠かせない食べ物

ほうれん草

子どもにほうれん草を食べさせるのは、決して簡単ではありませんが、小さい頃からこの健康野菜の味に慣れさせると良いでしょう。

ほうれん草には繊維、葉酸、鉄、ビタミンAとビタミンCが含まれます。骨を強化し、脳の発達を促し、筋肉も成長させるだけでなく、皮膚を守り、目の病気も防いでくれます。

さつまいも

さつまいもは消化するのが大変なので、適切な調理をすることが重要です。これは植物由来のカリウムを含み、ビタミンAも豊富で、抗酸化作用もあります。

ヨーグルト

ヨーグルトはカルシウム源であり、骨の成長を促します。たんぱく質と乳酸が含まれるため、身体に必要な細菌と腸内フローラをもたらします。

健康な食べ物とは?

チョコレートは子どもに良くない?

もちろん、子どもを甘いものやチョコレートに近付けないのは非常に難しいです。子どもは甘いもの好きなので、それを抑えるのは簡単ではありません。

しかし、実際チョコレートには良い効果もあり、適量であれば健康食に加えても大丈夫なのです。

1.チョコレートには炭水化物、繊維、リン、マグネシウム、ビタミンB2,ビタミンB12が含まれます。

2.カカオは刺激物なので、子どもが目を覚まし、集中力を高めてくれます。これは学校で注意深くさせるのに役立ちます。

3.エネルギー源となり、筋肉や骨を強化します。

4.抗酸化作用があるので、心臓病から身体を守ってくれると言われています。

5.チョコレートはセラトニン増加でも知られ、気分を向上させ、ストレス予防にもつながります。

子どもには何を考えるかではなく、どう考えるかを教えるべきです。

– マーガレット・ミード

チョコレートは高脂肪ではないという研究結果

グラナダ大学医学スポーツ科学部の最近の研究では、チョコレートを良く食べる人は、体脂肪が少なめという結果が出ています。

これは、12~17歳の1,458人の十代の子ども達を調査した結果で、24時間以内に食べたものを全て書き出してもらう調査に基づいています。その情報によると、参加者のうちチョコレートを食べた人は体脂肪が少なかったという結論になりました。

これは、子どもの運動量、性別、年齢、1日のカロリー摂取量などとは無関係に行なわれた調査であり、それぞれ飽和脂肪、果物、野菜、紅茶・コーヒーの摂取があったかどうかは考慮されていませんが、チョコレートと体脂肪には関係があるという結果が出たのです。

子どもの頃の良き思い出は、両親も一緒に幸せでした。

– ロバート・ブロー

子どもがバランス取れた食生活を送るようにするのは簡単ではありませんが、重要なことです。今から栄養のある食事をすることで、将来健康な大人に成長するということを忘れないでください。