子どもに健康的な白い歯を!歯の汚れについて

歯のケアは汚れてからするのではなく、日々の簡単なケアで予防できることを忘れないでください。
子どもに健康的な白い歯を!歯の汚れについて

最後の更新: 11 1月, 2019

屈託の無い笑顔を見せるためには健康的な習慣を取り入れることが不可欠です。歯の汚れはいつ、誰に、どこで見られるとも知れません。今回はそんな歯の汚れを防ぐために知っておいて欲しいポイントがいくつかありますのでご紹介したいと思います。

多くの人が健康的な白い歯を維持したいと思っているでしょう。しかし、永久歯に汚れが沈着することは誰にでも起こる自然現象でなのです。

だからこそ、世間で歯科問題の1つとして大きく取り挙げられているのです。また歯の汚れは、薬剤、衛生状態の悪さ、遺伝など、様々な要因によって引き起こされます。

色によっては、汚れのタイプを識別することが可能です。汚れのタイプがわかれば、効果的に汚れを除去することも可能になるでしょう。

今では歯科審美学が広く知られるようになり、新たな機器や技術を導入し、ホワイトニングを行なっている歯科医院も多くあります。

永久歯の汚れのタイプ

歯のくすみ、シミは、永久歯、乳歯を問わず起こりうるある種の脅威です。

しかし、汚れの色によって、その原因を特定することができます。一般的に見られる歯の汚れを詳しく見ていきましょう。。

白いシミ

以下のようなことが原因として考えられます。

  • 虫歯:虫歯が初期段階にあるとき、エナメル質の脱灰のために歯の上に白いしみが見られることがあります。こういった汚れは、特殊なフッ素を使うことで除去することが可能です。
  • フッ素症:そのまだらにシミが散らばるため、簡単に識別することができるでしょう。幼い頃からのフッ化物の過剰使用が主な原因です。地域によっては、飲料水に含まれは多量のフッ化物が歯を傷つけることもあります。

茶色いシミ

このタイプの汚れは、主に食習慣がその原因となります。茶色いシミは歯の表面的な汚れであり、通常は歯の内側部分に見られます。

コーヒー、コーラ、赤ワインなどの飲料が原因になることもあります。また、喫煙も同様に原因になり得ます。ニコチンは歯を変色させてしまいます。

「歯の汚れは誰にでも起こる自然な現象に過ぎない。」

灰色のシミ

このタイプのシミは外部からの力が原因です。事故や喧嘩の際に、歯に殴打や転倒といった衝撃が加わることで、歯の色が灰色がかった色に変わることがあります。これは歯髄壊死が原因で、簡単に言えば、歯の内側にある神経が死んでしまうことが原因です。

場合によっては、咀嚼中に不快感が伴うこともあります。その場合は、痛みや不快感を和らげるための治療が必要になるかもしれません。

歯磨きする

黒いシミ

原因として考えられるものは次の通りです。

  • うがい薬:うがい薬の中には、クロルヘキシジンという抗菌物質が含まれているものがあります。過度に使用すると、歯に黒点のようなシミができることがあります。黒点の外観は、うがい薬に含まれるクロルヘキシジンの濃度、または使用期間によって変わります。
  • 歯石:歯石は歯周病と診断された方にはお馴染みではないでしょうか。歯の汚れは表面に沈着し、やがて歯石に変わります。これが口臭やエナメル質減少の原因になります。

「歯科医の適切なアドバイスを受けずに使用すべきでない歯科衛生用のグッズや薬剤もあります。汚れを防ぐ、取り除くためとはいえ、そういった製品を使用する前には歯科医師に相談してください。」

緑色のシミ

緑色のシミは、口腔の衛生状態の悪さが原因です。一般的には歯の底部分に見られ、衛生状態の悪い子供や十代の若者によく見られます。

歯を適切に磨かないと、細菌が歯や歯茎に付着してしまいます。長期間を経て、これがフェナジンへと変化すると、今度は歯肉内の血液を分解を始めます。

黄色いシミ

黄色いシミの主な原因は、食後の残留物の分解によって生じるプラークです。歯磨きがきちんとできていないと、このプラークが原因で歯が黄ばんでしまいます。

汚れを除去する3つの方法

こういった歯の汚れは、歯科医院に定期的に通うことで予防、または改善できるでしょう。歯科医によっては、これから紹介する治療法を提案するかもしれません。

歯のクリーニング

これは汚れ、歯茎と歯の間に溜まった歯石や歯垢を取り除くクリーニングです。もちろん、専門的な技術や機器による特別なクリーニングです。

健康な歯茎、虫歯のない歯を維持するために、年に最低でも2回、クリーニングを受けることが推奨されています。

健康な歯 歯の汚れ

ホワイトニング

ホワイトニングは汚れを除去する有効成分を歯に浸透させ内側、外側の両方に効果のある審美的治療法です。

効果的は絶大です。きっと、光沢のある歯、明るい笑顔を取り戻すことができるでしょう。

歯科用リング

これは、永久歯の汚れを覆うカバーの一種です。主に薬剤やフッ化物が原因の汚れに使用されます。

もちろん永久歯に汚れや、シミが沈着する前に手を打つことが最善です。歯のケアは汚れてからするのではなく、日々の簡単なケアで予防できることを忘れないでください。

こちらの記事もおすすめです。
赤ちゃんがインフルエンザにかからないようにする7つの予防法
わたしママで読むことができます。 わたしママ
赤ちゃんがインフルエンザにかからないようにする7つの予防法

風邪を予防することは難しいですが、健康的な食事を与えることで免疫力を強め、赤ちゃんを守る事ができ、赤ちゃんがしょっちゅう風邪を引いてしまうという事態を避ける事ができます。赤ちゃんが病気だと、たいてい親も感染するでしょう。 インフルエンザ にかからないようにする7つの予防法を紹介します。