女性のビタミンD不足について

· 2019年1月11日
ビタミンDは私達の身体の新陳代謝、骨の構造、細胞表皮、そして免疫に必要な栄養素です。にもかかわらず、多くの女性がビタミンD不足に陥ってしまうのです。ここではそんなビタミンD不足の危険について詳しくご紹介します。

今回はビタミンD 不足のときにわずかに現れる、確実な症状を見極める方法をご紹介します。ビタミンD 不足がひどくなる前に事前に防止することが重要なので是非参考にしてみてください。

また、もしこれらの症状に気付いたらすぐに医師の診断を受けるようにしなければいけません。大抵の場合、血液検査をするよう医師から勧められ、確ビタミンD不足かどうかを調べてもらうことになるでしょう。

ビタミンDはとても重要な栄養素で、そのパワフルな効果は身体の様々な機能に影響します。このビタミンは日光から取り入れられ、主に身体の中で特定のコレステロールによって生成されます。

しかし、ビタミンDは食品から吸収することも可能です。これはビタミンであるにも関わらず、肝臓や腎臓で成分の変形段階を通ってから、主に皮膚で合成されるのでホルモンの一種と分類されます。

女性の心配の種となりがちなのがビタミンDで、特に母乳育児中や妊娠中にサプリメントを摂らない場合は問題になります。ビタミンD不足は、胎児の成長、免疫や骨の構成に悪影響を与えます。

女性のビタミンD不足による危険とは

身体はかなりの量のビタミンDを生成することができます。日光の紫外線にはコレステロールが含まれ、その効果によって皮膚を通してビタミンDが合成されます。同様に食事からも摂取できます。

ビタミンDはたくさんの食べ物に含まれることを覚えておきましょう。主に脂がのった魚、タラの肝油、マッシュルームなどの野菜にも含まれます。

女性のビタミンD不足は健康に害を与える危険があります。不足していると分かる明らかな症状は、骨、関節、筋肉の慢性の痛みがずっと続く、うつ状態になる、または慢性疲労などが挙げられます。

女性の ビタミンD 不足

1.高血圧

高血圧はよくある症状で、心臓血管疾患になる危険要素でもあります。ビタミンDは女性の健康にとても重要で、高血圧による心血管の病気を妨げる役割をします。

実際にビタミンD不足だと、血圧に悪影響を与えます。そこで血圧を正常化するために一番良い方法は、ビタミンDのサプリメントを摂取することなのです。

2.ビタミンD不足でうつ病

ビタミンD不足によって、うつ病を引き起こすことがあります。ビタミンDの低下とうつ病の症状には、実は密接な関係があるのです。さらにビタミンDは、セロトニン合成を調整する大事な役割を果たします。

こちらの記事もお勧めです:産後うつ病の対処方法

セロトニンは神経伝達物質の一種で、ビタミンDがホルモンのような活性化を起こして、食欲や気分を調整します。そこでビタミンDが女性の気分を左右すると共に、うつ病にも関連しているということです。

ビタミンDはたくさんの食べ物に含まれることを覚えておきましょう。主に脂がのった魚、タラの肝油、マッシュルームなどの野菜にも含まれます。

3.疲労と睡眠不足

ビタミンDの主な機能は、身体のカルシウム吸収を促すことで、さらに疲労を軽減したり、免疫力を高める効果もあります。疲労や眠気は、女性のビタミンD不足で最も良く知られる症状です。

ホルモンとしてのビタミンDの重要な役割は、新陳代謝と免疫システムがあります。同様にビタミンDは女性の睡眠の質にも大きな影響を与えます。

女性の ビタミンD不足 予防

4.関節と骨

関節の痛みも、女性のビタミンD不足によって起こる主な症状に挙げられます。ビタミンDを摂ることで、筋肉や骨の痛みを和らげることができるでしょう。

ビタミンDが女性にとって大事な理由として、筋肉の機能正常化、関節や骨の強化、骨折などの危険を防止することが挙げられます。

骨が軟化し弱まるのを防止し、骨粗しょう症になる危険を抑えます。特に更年期の女性はエストロゲン値が下がり、骨密度の問題を起こしやすいでしょう。

最後に、ビタミンDは有機物質でもあり、女性の新陳代謝に欠かせない栄養素だということを考慮してください。

こちらも参考にして下さい:ビタミンDの重要性

そこでバランスの取れた食生活を心がけ、なるべく毎日、できれば朝のうちに日光に当たるようにしましょう。これでビタミンD不足にならないように気を付けることができますね。