ロックダウン中に子どもが熱を出したり咳をしていたら

23 4月, 2020
親として、今私たちが経験している新たな状況に関してみんなが多くの疑問を抱いています。その一つが、ロックダウン中に子どもが熱を出したり咳をしたりしているときにどうすべきかというものです。そこで知っておくべきことについてお話します。

緊急事態宣言が出されている国もある中で、さまざまな疑問が浮上しています。例えば、ロックダウン中に子どもが熱を出したり咳をしたりしだしたらどうしたらいいのでしょう?今回の記事では、この状況に関するアドバイスをご紹介します。

ロックダウンとは、そしてそれが必要な理由は?

ロックダウンや隔離とは、外に出たりなにか活動を控えて一時的に自宅などに待機状態になることです。住んでいる場所によって、自宅待機が勧告されていたり義務化されていたりするでしょう。いずれにせよ、できるだけ自宅にとどまることが重要です。

この自宅待機の目的は、今回の場合コロナウイルスに人々が感染しないようにすることです。それと同時に、感染者からウイルスが広まるのを遅らせることにもなります。

なぜ自宅待機命令が出ているのか?

現時点で、コロナウイルスによってどんなことが起こっているのかがわかっていない人はほとんどいないでしょう。今回の新型コロナウイルスは、強い感染力を持っていることが明らかになっています。

子どもや若い人に関しては、このウイルスは普通は深刻な影響を与えません。しかし、免疫力の低い年配の方などリスクの高い人々にとっては、この病気が深刻になったり死に至ることさえあるのです。

特にこういった人々など深刻なケースでは、肺炎や呼吸不全などに急速につながります。こういった合併症が起きるとICU(集中治療室)に運ばれます。そこで死を免れるための補助と観察を受けることになります。

病院のオーバーワークとこのウイルスの急速な広まりを避けるため、多くの国では学校を閉鎖し自宅待機命令を出しているのです。

ロックダウン 熱 咳

このことを考慮に入れ、自宅に待機することがとても重要になります。本当に必要な時にだけ外出し、医療センターや病院に行くようにしましょう。

ロックダウン中に子どもが熱を出したり咳をしたら?

熱や咳はコロナウイルスの症状です。その場合に最も重要なことは、冷静さを失わないことです。今あるデータによれば、このウイルスは赤ちゃんや小さな子どもにおいてはほとんどの場合無症状です。多くが全く症状を示さないか、よくある咳が出る程度にとどまります。

一方で、病気が深刻になる可能性が全くないということではありません。ですのでお子さんがロックダウン中に熱をだしたり咳をしている場合には、かかりつけの小児科や地域の医療センター、救急処置室などに連絡しましょう。医療の専門家が、すべきことを教えてくれるはずです。

ロックダウン中 咳 熱

こちらもお読みください:コロナウイルス:子どもへの危険性について知っておこう

電話をするとどうなる?

電話をかけた場合、おそらくお子さんの現在の状況についていくつかの質問をされるでしょう。これは住んでいる地域によって異なるかもしれません。これらの質問に答えた後、親の観察の元家にいるようにと指示を受けても心配する必要はありません。

既にお話したように、このウイルスはたいていの場合深刻になることはありません。ですので、多くの場所においてコロナウイルスが陽性の場合でも自宅で経過観察をするように指示しています。このやり方の裏には、救急医療施設があふれかえってしまうことを防ぐという理由があります。また、ウイルスを持っている人が他の人と接触して感染を広めてしまうのを最小限にするという目的もあります。

この観点から、お子さんのお世話を自宅でし続けることになるでしょう。3、4日経っても症状が改善しない場合には、もう一度電話をかけて現在の状況を説明しましょう。必要なら、お子さんを病院に連れていくことが勧められたり、そうする上での安全上の方法についてもアドバイスをくれるかもしれません。

とるべき行動は?

最も重要なのは落ち着いて、専門家が言うことに従うことです。つまり自宅待機の要綱に従い、感染の可能性がある場合は適切に対応すること、そしてもちろん、絶対に必要でない限り自宅に待機することです!