お母さんになりたいけれど「怖い」と感じている方へ

2019年9月6日
妊娠や出産、そしてお母さんになることを怖いと感じるのは普通のことです。社会的な圧力と社会的生活もまたお母さんになろうとしている人には大きな影響があります。お母さんになりたいけれど怖いと思っている場合、どんなことをすればいいのでしょうか?

母親になることを恐れるということは、意外にとてもよくある心理現象です。お母さんになりたいと思った時に、多くの女性がこのように感じるのです。さらに、この決断が自分の人生を劇的に変えてしまうということもわかっています。

このような恐怖に加えて、他にも問題があります。それは、社会的な圧力と家族環境です。なぜ女性は母親になるのが怖いと感じるのでしょうか?以下で、この問題について理解を深めていきましょう。

母親になるのが怖いと思う理由とは?

多くの女性が母親になりたいと思いつつ、それを怖いと感じています。これはとてもよくある現象なのです。いくつかアドバイスをご用意しました。

自分が妊娠しているとわかったとき、極端に感情的になることがあるかもしれません。妊娠を望んでいたとしてもです。実際、とても怖いと感じたり、緊張する人もいます。妊娠がわかったとき、このような入り混じった気持ちを感じる女性はたくさんいるのです。

お母さんになりたいと思っていても、それが怖いと感じることには多くの理由があります。一般的には、これは未知のものへの恐怖、そして今までの見知った生活が一変してしまうことへの恐怖です。また、多くの女性が自分にはまだ心の準備ができていないと感じたり、このような責任を負う決意ができていないと感じるのです。

経済的に十分安定しているかどうかということから恐怖を女性もいます。その場合は赤ちゃんの誕生に備えて家と家計の準備をする必要があります。

私は母親になりたいのだろうか?

このような状況を経験している人がまず自分自身に質問すべきなのは、自分がその妊娠を望んでいるかどうかということです。実際、母親になることのへの恐怖と、赤ちゃんが欲しいと思っていないことを混同している女性もいるのです。

 

母親になること 怖い

そのようなことは全く考えもせず、「もちろん赤ちゃんが欲しいに決まっている」と考えてしまいます。しかし、これは今だに多くの性差別的傾向のある社会からの圧力である可能性もあります。多くのコミュニティにおいて、その女性が本当に欲しいものは考慮に入れられず、女性は赤ちゃんを産むべきだといまだに考えられています。

さらに、すべての女性は母親になる準備ができていて、赤ちゃんが生まれれば母性本能が働くものだと信じている人もたくさんいます。しかし、常にそうとは限りません。

まずするべきことは、本当にお母さんになりたいと思っているのかを自分自身に問うことです。そして、何が自分を不安にさせているのか、そしてそれをどうしたら克服できるのかについて考えてみましょう。

合併症への恐怖

妊娠や出産に関する合併症の可能性のために、母親になることを恐れているという女性もたくさんいます。自分の命や赤ちゃんの命が失われてしまうことを恐れているという人もいます。危険を不合理に過大評価してしまっているのです。

多くの国において、出産や妊娠中にできるだけ合併症が起こらないようにするためのケアが行われています。これを聞くと安心できるという方もたくさんいます。

実際に病院の衛生状態についてしっかり調べることもできますし、そうすることで一般的に安心感を感じる方が多いようです。

もしも自分に準備ができていなかったとしたら?

これは子どもを作るという決断をする際に最もよく疑問に思われることの一つです。多くの女性が、母親になるということはたくさんのスキルが必要な仕事だと思っており、必要なこと全てに応えられないのではないかと恐れているのです。

母親になる 恐怖

赤ちゃんのお世話ができなくて、赤ちゃんを危険にさらしてしまうのではないかと恐れることもよくあることです。母親になるということは、全く未知の新しい世界だと思っている人がたくさんいるのです。

また、自分の毎日の生活が一変してしまうことも恐れています。そのために不確実で怖いと感じてしまう女性がたくさんいるのは理解できます。

自分の恐怖に対処する最もいい方法は、仲が良く信頼できる友達で、子どものいる人と話をすることです。その人の経験について聞いたり、自分の子どもができたときの準備をするために家族の中の子どもたちと時間を過ごしたりするのもいいでしょう。

助けを求めましょう

お母さんになりたいと思っている女性のほとんどは、その恐怖を自分で乗り越えます。しかし、人はみなそれぞれです。恐怖の程度もさまざまで、それも人によって異なります。

怖すぎて自分一人ではできそうにないと思うなら、この恐怖に一緒に取り組んでくれる専門家の助けを求めることをお勧めします。