恐怖を乗り越える:出産を楽しむための7つのポイント

2019年3月18日
出産が近づくにつれて、恐怖や不安が募ることはいたって普通です。出産という特別な瞬間を穏やかな気持ちで、安心して迎えるために、いくつかのポイントを紹介します。

出産が近づくと、お母さんの気持ちもこれ以上ないほど高ぶることでしょう。同時に、とめどない不安や恐怖に苦しめられるかもしれません。この記事では、恐怖を乗り越え、出産という人生で最も特別な瞬間を安心して迎えるために、参考にしてほしいポイントを紹介します。

出産の恐怖を克服するために

これから紹介することをしっかりとお読みいただき、理解していただければ、出産への不安や、恐れ、疑いといった気持ちは払拭することができるかと思います。

1.恐れを隠す必要はない

出産を怖いと感じた時には、恐怖や不安をしっかりと表現しましょう。パートナーや、家族、助産師さんなど信頼できる人に打ち明けてみてください。きっと、あなたの不安を理解し、可能な限りの支援をしてくれるはずです。

初めて経験することであれば、未知への恐れがあって当然なのです。

しかし、その恐れや不安が日常生活に支障をきたすほどであったり、筋肉のこわばり、動悸、発汗異常など身体的症状を伴うほど大きいものであるならば、医師に相談してみてください。状況次第では、専門家を紹介されるかもしれません。

2.知識は信頼を生む

専門家は、出産予定の病院をパートナーと一緒に下見することを勧めています。分娩室、緊急治療室、小児科病棟等、様々な施設を見ることができます。

下見をしておくことで出産時になにが起こるのかを実感できるはずです。先入観を持つ必要はありません。まず、ご自身の目で確かめてください。

また、病院のスタッフに一度会っておきましょう。恐れが軽減し、自信が湧いてくるはずです。

出産 不安 恐怖

3.心と身体の準備

出産には肉体的な準備が大切です。足や、臀部のエクササイズをオススメします。

精神を健全に保つためにも、女性の身体はそもそも出産に耐えられるようにできていることを覚えておいてください。出産はあくまで、妊娠した女性が経験する自然な現象にすぎません。

4.マタニティスクール

備えあれば憂いなし、しっかりと準備しておけば恐れることなどありません。

こういったイベントに参加し、情報を得ることが自信を持つことへ繋がります。出産時にリラックスできる呼吸法など役立つ情報が得られるはずです。

また、出産への不安を最小限に抑え心を落ち着かせる方法がわかるかもしれません。こういったイベントに参加し、ネガティブな感情や、恐怖、痛みをコントロールしましょう。

5.夫の肉体的、精神的サポート

妊娠中には、父親にも大切な役割があります。

父親は、子供の誕生に関するあらゆることに参加すべきです。ご主人と、恐れや疑問を分かち合うことで問題を異なる視点から捉えることができるでしょう。ご自身の気持ちを正直に、ご主人に伝えてみてください。

「恐怖や不安といった感情を表に出すことは良いことです。思いの丈を信頼できる人に伝えてみましょう。きっと惜しみない支援を得られることでしょう。」

6.計画を立てる

出産計画について、病院の先生や、助産師さんに相談してみましょう。出産をどのように行うのか、誰に立ち会ってもらうのか、細かなところまで打ち合わせておくと良いでしょう。

一番大切なのは、ご主人かもしれませんが、時と場合によっては別に最適な人がいるかもしれません。状況に合わせて決定してください。

7.他のお母さんと共有する

同じ状況にあるお母さんと恐れや疑問、懸念を共有してみてください。きっと何か良い影響があるかと思います。

心を落ち着けるためにも、出産を経験するのがご自身だけではないと知っておいてください。

妊娠中の疑問

妊娠がわかった瞬間から、たくさんの疑問が生じるかと思います。

出産の痛みに耐えることはできる?

もちろんできます。痛みは主観的なものです。

痛みは人それぞれです。痛みを感じずに出産する人がいる一方で、出産に激しい痛みを伴う人もいます。

しかし、出産には苦痛を取り除く様々な技術が使われています。硬膜外麻酔のように痛みを避ける選択肢が用意されています。

出産 不安 恐怖
会陰切開は痛い?

会陰切開は膣の裂傷を防ぐ手段です。必要に応じて、局所麻酔を使うため害はありません。通常赤ちゃんの頭が出てくる前にこの方法がとられます。

呼吸法をわすれてしまったら?

お母さんの中には、呼吸法を忘れてしまう人もいます。しかし、出産の際には専門家や助産師さんが側にいます。きっとあなたをサポートしてくれるはずです。呼吸法の目的は、赤ちゃんへ酸素が確実に届くようにするためであり、落ち着かせるためでもあります。

ここまで紹介したポイントを参考にしていただければ、出産の準備が完了したも同然です。出産はきっと忘れることのできない瞬間になります。価値ある瞬間にするためにも、まずは楽しむことが大切です。