子どもがよくコレクションする典型的なもの4つ!

· 2019年5月4日
子どもの頃のコレクションは大人の心の中に特別な場所を持っています。この記事では、最もよくあるものと人気のものをご紹介します。あなたのお気に入りはなんですか?

昔のコレクションを見つけると、過去に戻ったような気になりますよね。コレクションはいつも子どもの中にも大人の中にも特別な存在です。では、今回は子どもがよくコレクションするもののいくつかを見ていきましょう。

小さいころ、自分のコレクションに最後の仕上げを加えた午後のことを、長いこと忘れていたかもしれません。またはそれを美しい思い出と共にいつも覚えているかもしれません。

子どもはあらゆるものを集めるのが大好きです。ですので、いろいろなものを交換するのに学校は理想的な場所です。

子どもは情熱とモチベーションを持ってコレクションを始めます。これは子どもにとって楽しいだけでなく、そのおかげで他の子と遊ぶこともできます。

コレクションはまた、お年寄りには忘れられない思い出です。コレクションはとても懐かしいもので、子どもの頃の素敵な時に連れ戻してくれます。

これらコレクションはどんなものでもありえます。子どもはおもちゃ、カードなど、あらゆるものを集めます。次で、子どもが最も良く集めるコレクションについてお話しましょう。あなたも集めていたことがありますか?

 

子どもがよくあつめる典型的コレクション

1.カード

カードは子どもが最も良く集めるものの一つです。野球などのスポーツカードや、ポケモンなどのアニメキャラクターなどがあります。

選択肢は無限にあり、子どもにモチベーションを与えます。しかし、子どもに責任をもって買うように教えることを忘れてはいけません。

フェアなどでカードを交換しに行くこともできます。そうすることで、子どもは自分のコレクションを完成させることができます。子どもがコレクションを完成させた時の達成感は素晴らしいものです。

子ども   コレクション

2.おもちゃ

子どもはみんなおもちゃが大好きです。多くの子どもが、幸運なことに必要以上のおもちゃを持っています。例えば、恐竜が好きな子どもは、存在する模型すべてを欲しがります。

これはとても小さいころから始まるコレクションの仕方です。そしてこれは教育的なアクティビティにもなりえます。楽しみながらたくさんのことを学ぶことができるのです。しかし、こういったおもちゃの多くは、子どもが成長して新しい興味を見つけると二の次になってしまいます。

「人々はコレクションのことを一生覚えています。コレクションは美しい思い出とともにあるので、絶対に忘れられることがないのです。」

3.ビー玉

ビー玉は小さなガラスのボールで、スキルと器用さを育ててくれます。これはグループで遊ぶのにももってこいです。実際、いろんな世代の人々が遊び場で何十年もの間これを使ってきました。

コレクションが被った場合は、お友達と交換することもできます。そしてとりわけ、ビー玉は物理や重力についても教えてくれます。

コレクションとしては、ビー玉で遊ぶ方法はたくさんあるということを知っておくべきです。しかし、最も有名なものは、フランス発祥のペタンクというものです。このゲームは、一つのビー玉に自分のビー玉をできるだけ近づけようとするというものです。

ご想像の通り、何百というビー玉が売られています。そしてさまざまな色やデザインのものがあります。実際、それら一つ一つが子どもにとっては集めることが大切なものなのです。

コレクションの種類 子ども   コレクション

4.めんこ

最後に、多くの子どもが持っているコレクションの一つが、めんこです。これは人気のアニメキャラクターなどが描かれた丸いカードです。ビー玉と同じように、できるゲームには限りがありません。

これらの型紙でできたディスクはさまざまな遊びの可能性を提供してくれます。ほとんどの場合、子どもは2人以上で遊びます。例えば同じ数のめんこを用意し、重ねておきます。

その後、それぞれがめんこを打ち付け、ひっくり返って表になったものを自分のものにすることができます。めんこがなくなったときゲームが終わります。

 

コレクションのような純粋な行為でも、子どもを新しい社会の中心へ置くことになるということを忘れてはいけません。ですので、人間関係という新しいネットワークを作ることになり、子どもはコレクションを集めるか、交換するかという決断をしなければならなくなります。

親として、子どものコレクションを常にコントロールすることは簡単なことではありません。子どもは私たちが知らないうちにコレクションを始めることが多いからです。しかし、子どもの新しい活動に寄り添い、コレクションをすることの意味を示すことはあなたの役目なのです。