【言語能力】家庭でもできる言葉の力をつけるアクティビティ

子ども達が言葉で明確に自分を表現できることは重要なことです。この記事では、ご家庭でもできる言語能力を高めるゲームをお勧めしたいと思います。
【言語能力】家庭でもできる言葉の力をつけるアクティビティ

最後の更新: 07 12月, 2020

言語能力には、言葉を的確に使って会話をして、口語と筆記において他の人達との関わりを持つことが含まれます。これは最も基本的な学習スキルの一つです。しかし家庭環境ではどのように言語能力を上達させることができるのでしょうか? お子さんがこの目的を達成するためのアクティビティをここでご紹介します。

家庭で言語能力をつけるアクティビティ

以下に説明するアクティビティを実践すると、お子さんの成長に重要な、口語表現力、素早い思考力、集中力社会性、その他の能力が発達するでしょう。

お子さんの言語能力を高めながら、家族でとても楽しい時間を過ごす方法をこれからご紹介します。

【 言語能力 】家庭でもできる言葉の力をつけるゲーム

「言葉は適切に使うとX線のように何でも突き抜けてしまう。何かを読むとあなたは奥まで照らされている。」

– 『すばらしい新世界』 オルダス・ハクスリー –

電話ゲーム

ゲームを始めるには参加者が床に円形に座り、皆お互いの顔がきちんと見えるようにします。

プレイヤーの1人が右隣の人に小声で質問して、その答えを小声で返します。このプロセスを円陣の最後の人にいくまで続けます。

全員に回ったら、各参加者が順番に聞かれた質問と自分が言った答えを声に出して言います。もちろん答えが質問と全然関係ないこともあって、かなり笑えます。

バックパック

まずゲームを始める前に参加者の順番を決めます。最初のプレイヤーが「旅行へ出かけるので、バックパックに入れるのは…」と言ってから、「ボール」など入れる物の名前を加えて文章を完結させます。

それから次のプレイヤーがこの言いまわしを繰り返しますが、前のプレイヤーが言った物を記憶しておいて新しい物を追加していきます。次々と各プレイヤーがバックパックに入れる物を足すので、文章が長く複雑になってきます。最終的に入れる物のリストを思い出せなくなる人が出てきた時点でゲーム終了です。

文章構成

このゲームでは参加者みんなで4、5種類の単語を選びます。それから各プレイヤーは全ての単語を含む文章や短い物語を作り出します。

時間制限(約2、3分)を決めて、時間になったら文章や物語を声に出して読みます。プレイヤー以外の人が審判になって、どれがベストで最もオリジナルな文章かを審査します。別の方法としては、参加者全員が投票して優勝者を決めることもできます。他にも文章構成のスピードを競って最初に終えた人が優勝と決める方法もあります。

【 言語能力 】家庭でも【 言語能力 】言葉の力をつけるアクティビティ

一文字文章で言語能力をつける

このアクティビティを行うには、誰かが文字を1つ選び声に出して言います。それからストップウォッチで1分間計ります。その間に参加者はその文字で始まる単語をできるだけ沢山使った文章を作ります。例えば「な」を選ぶとすると、「なまむぎ、なまごめ、なまたまご。」となります。

時間切れになった時点で各自が書いた文章を読み、選んだ文字が何回使われているか数えます。選んだ文字から始まる単語を最もたくさん使った文を構成した人が勝ちです。勝者が次のラウンドで使う文字を選び、皆が終わりにしたくなるまでゲームを続けます。

まとめると、お分かりの通りご家庭で子ども達の言語能力を高めるゲームやアクティビティが多数あります。想像力を使うだけで、学びながら家族で楽しい時間を過ごすことができますね。さあ始めて見ましょう!

こちらの記事もおすすめです。
子どもと一緒に楽しめる!クリスマスの過ごし方アイデア
わたしママ
で読むことができます。 わたしママ
子どもと一緒に楽しめる!クリスマスの過ごし方アイデア

ホリデーシーズンは、一年の中で大人も子供も一番楽しめる時期の一つですよね。 クリスマス がもうそこまで近づいていますので、お子さんと何をしようかと考えていらっしゃるのではないでしょうか。面白くて、新しい経験ができるクリスマスの 過ごし方 アイデアの見てみましょう。



  • Allué, J. M. (1998). El gran libro de los juegos. Barcelona: Parramón Ediciones.