【スペイン発コミックシリーズ】Super Potatoの魅力ってなに?

28 9月, 2020
今回ご紹介するのは、6歳以上のお子さんにお勧めのスペインのコミックシリーズです!読むのが嫌いな子どももきっと気に入ってくれますよ!

児童書の中にはたくさんのジャンルがあります。お子さんが好きそうなジャンルを選び、その中から好きなものを選んでもらうこともあると思います。しかし今回の記事では、子ども向けコミックSuper Potatoについてご紹介したいと思います。

よく知られる児童書はチャプターブックと呼ばれています。ある程度読めるようになった子ども向けなので、文章がほとんどで時々挿絵が入っているような本です。

単に文章が詰まっている本だと、子ども達はなかなか読む気にならないものです。すぐ飽きてしまい、集中して読めなくなってしまうのです。ところが、全く違う種類の本で、しかも子どもが簡単に読める本がありますね。それが、日本でもおなじみのコミックなのです。

コミックとは?

小さい頃からコミックでスーパーマンやバットマンが好きだった、ドラゴンボールやポケモンの漫画を読んだことがある人はたくさんいると思います。

【スペイン発 コミック シリーズ】Super Potatoについて

コミックはどれも明確なストーリー構成があり、一連の絵によって時間の流れを表現します。四角の枠線で囲まれたコマの中で話が展開していきます。そして登場人物が発するセリフは、ふきだしで表現されます。

有名なコミックや漫画の他にも、初級読者の子ども向けのコミック本があります。それが Super Potato(スペイン語版 SuperPATATA)なのです。名前から予想できる通り、主人公のスーパーマックスは、ジャガイモに変身するスーパーヒーローです。

Super Potato:子ども向けのコミック

子どもはコミックを自ら進んで読みますが、お子さんの年齢に適した内容であるかを確認する必要があります。コミックの中には小さい子には適さないタイプも多く存在しますよね。

子どもの絵本探しに困ったら、年齢別に絵本を検索したり、テーマ別に児童書を選ぶなど、子どもが喜ぶよう工夫をしてあげましょう。

Super Potatoについて

このコミックは6歳以上の子ども向けで、著者の出身国スペインではもう既に9巻まで出版されたシリーズです。

高学年の子どもや大人向けのコミックと違い、1ページに約6コマしか入っていないので低学年の子どもでも楽に読めるでしょう。書かれている文章も短く簡単にまとまっており、小さい子でも問題なく話を追っていけるはずです。

著者のイラストは色彩豊かで目立つため、何が起こっているかがわかりやすくなっています。文章を全て読まなくても、話の流れを理解できるのも良い点です。

【スペイン発 コミック シリーズ】Super Potatoの魅力とは

ストーリーの内容

第1巻目では、主人公スーパーマックスが、悪役のドクター・マレヴォレンスのせいでジャガイモになってしまいます。

スーパーヒーローの冒険がシンプルなデザインで描かれたコミックとなっています。イラストがたくさんあって文字が少ないこの作品に子ども達はきっと夢中になってくれるでしょう。さらに、これは読書で苦労している子ども達にも適しているコミックです。

コミックを通して読書を勧める

一般的に子ども達は5、6歳で読む力をつけ始めますが、読書の基本を習得してから、親も教師も子ども達に様々な種類の書籍を読むように奨励することが大切です。

一般的な本以外にも色々なオプションがあることを教えてあげると、子ども達は読書を好きになるでしょう。

特に今回紹介したスーパーポテトは派手なイラストで子どもの目を引き、しかも文字が少ないので、お子さんが喜ぶこと間違いなしです!

  • Díaz, A. (2011). Super patata 1. Bang Ediciones.