新生児のための夏のお洋服:赤ちゃんにベストな素材とは?

· 2019年5月6日
夏がやってきて、あなたには赤ちゃんがいます。いつものように、私たちは暖かい気候に合わせた服装をしますね。しかし新生児もまた夏のお洋服を着るべきなのでしょうか?

子どもが真夏や真冬などの季節に生まれると、親はどんな服を着せたらいいんだろうと疑問に思うことはよくあります。夏については、お父さんお母さんはあまり着せないのがベストだと思っているかもしれません。しかし、それは本当なのでしょうか? 一年の中の暖かい季節に新生児はどんな服を着るべきなのでしょうか?

その答えは議論が分かれているようです。実際問題、新生児は子どもや大人とは温度の認識が異なります。あなたにとって気候が激しく暑いように感じられても、赤ちゃんにはとても快適なこともあるのです。または寒いと感じていることさえあります。

新生児のための夏のお洋服

上で述べたように、新生児は大人と同じようには温度を認識しません。これはつまり、小さな赤ちゃんに服を着せる時には様々なことを考慮に入れなければならないということです。

まず最初に心に留めておかなければならないことは、新生児は体温を足と頭で調節するということです。ですので、とても暖かい日でも、お子さんの頭と足は覆ったままにしてあげましょう。素材は綿のような軽いものを選びましょう。

他にも気を付けたいことは、赤ちゃんの肌のタイプです。新生児の肌はとても薄くデリケートなので、暑さのために肌に発疹が出やすくなってしまいます。同じことが、服がきつすぎて肌と服の間に摩擦が起きたときにも起こります。

ですので、合成繊維を使っていない、ゆったりした服を赤ちゃんには着せてあげましょう。天然の、オーガニック素材で、染色されていない白いものをできれば選びましょう。

新生児の夏服 新生児 夏 服

新生児にベストな素材

夏にお子さんに服を着せる時は、デザインよりも素材を優先して選ぶべきです。素材として最も良い選択肢は、綿、麻、リネン、シルク、ラミーなどです。

一番いいのは綿であるということは疑いようもありません。購入する前にタグを見て、素材が100%コットンであることを確かめましょう。さらに、特に暗い色などで染められていない素材を選びましょう。布の染料はお子さんのデリケートなお肌を刺激してしまう恐れがあるのです。

昼と夜の服装

夏の間は、新生児には快適かつ肌を守ってくれるものを使うべきです。お子さんの夏服は横にボタンのついたTシャツやロンパース、靴下、帽子やブランケットなどがおすすめです。

下着

白の綿の下着は、新生児のクローゼットに欠かせないもので、これはとても用途が多様です。気温がとても暑いときは、赤ちゃんの服を脱がせてもいいですが、それでも下着という柔らかくて快適な服でくるまれていることになるからです。

ロンパースやカバーオール

綿でできていて、脚の間にボタンのあるカバーオールを選びましょう。これはおむつの交換がやりやすいだけでなく、暑すぎる時にはボタンを外し衣服をゆるめることができます。

夏の間は、半そでのカバーオールを着せるといいでしょう。赤ちゃんは脚と腕を自由に動かせるので、汗をかきにくくなります。

綿の靴下

赤ちゃんの足をカバーするのには、シンプルな綿の靴下を使いましょう。薄くて軽いものを選び、お子さんの体温が上がりすぎないようにしましょう。また靴は履かせないようにしましょう。

帽子

上で述べたように、お子さんは足と頭で体温を調整しています。布製のキャップや編み物の帽子などを選ぶことができます。繰り返しになりますが、いつも綿の物を選ぶようにしましょう。

新生児用の服 新生児 夏 服

ブランケット

薄い綿のブランケットは、夏の間の強い味方になってくれます。例えば、ブランケットがあればお子さんに薄い服を着せて、必要ならブランケットにくるんであげることができます。また、ブランケットはお子さんの肌を呼吸させ、一日を通して変化する温度に適応することができます。

最後のおススメは、お子さんが生後6カ月になるまでは香水を使わないようにしましょう。発疹が出てしまうことがあるからです。また、汗をかいたり、その結果肌に刺激を与えてしまうようなアクセサリーはつけないようにしましょう。

また、お子さんの生まれて最初の数か月間は、ビーチに連れていくべきではないということも覚えておきましょう。これはとても重要なことなので、海の近くで行うあらゆる活動も避けるようにしましょう。