新生児に必要な夏のベビー服とは?:オススメの夏服をご紹介

2019年6月28日
初めて親になった人にとっては、新生児のためにどんな服を買うべきか、どれくらいお金がかかるのか、心配になるかもしれません。赤ちゃんが暑い夏に生まれる予定なら、この記事を読むと少し安心できるかもしれません。

暑い夏になると、私たちは薄着をして夏の太陽を楽しみますよね。しかし新生児に関しても、同じようにしていいのでしょうか?夏に小さな赤ちゃんに必要なのはどんなタイプの服なのでしょう?

広く信じられていることとは違って、どんな季節でも赤ちゃんは暖かい服を着なければなりません。選ぶ服は赤ちゃんの肌を守り、体温を維持できるものでなければなりません。新生児については特にそうです。

また、お子さんに着せる服の素材にも注意する必要があります。

合成素材の中には、アレルギーが起こしたり肌が赤くなったりするものがあります。こういったタイプの反応は、熱により夏の方が起こりやすくなるのです。

新生児に必要な夏用の服とは?

新生児は、年齢が上の子どもや大人と同じように熱を受け止めません。新生児は温度の変化に対してずっと敏感なのです。

あなたや皆にとってはあったかくても、赤ちゃんにとってはそうではないかもしれません。実際、赤ちゃんは寒いと感じるかもしれないのです。

ですので、赤ちゃんに服を着せる時は、赤ちゃんの頭や足を覆ってあげることが特に大切です。この二つが体温を調節するエリアだからです。

新生児にとっては、涼しい風が吹いただけでも、風邪の原因になってしまう恐れがあるのです。

出産が近づいたら

赤ちゃんの洋服ダンスを整理することは、親にとっては大変な経験になるかもしれません。

初めて親になる人は特に、経験がないため大変です。本当に必要なアイテムは何かを選ぶのもとても難しいと思うかもしれません。

赤ちゃんがどんな季節に生まれるにしても、肌着は必ず持っておかなければなりません。また、赤ちゃんは一日に2、3着服を着替えることもあるということも覚えておきましょう。

 

寝る時には、お子さんに快適で温かい服を着せてあげるのがベストです。しかし、ステッカーや刺繍の入っているものなどは避けましょう。

赤ちゃんの夏服

赤ちゃんが生まれたら

夏の間は、新生児に着せるのはコットンの服がよいでしょう。

赤ちゃんの足は靴下で覆い、頭には帽子をかぶせましょう。軽いコットンの毛布でくるんであげるのもいいでしょう。

とはいえ、着せすぎはよくありません。ウールやフリースのセーターは、夏だと暑すぎるかもしれないので、避けた方が無難です。

むしろ、エアコンの温度を高めに設定し、赤ちゃんにはコットンのパジャマを着せてあげましょう。いつも通り、頭と足、胸をカバーしてあげましょう。

「適切な体温を保つために、親が新生児が夏に必要な服をわかっていることが大切です。」

夏に赤ちゃんに必要な服についてのその他のおススメ

  • 質の高い材質のものを選びましょう。質と量については、質を選ぶのがベストでしょう。生まれて最初の1年間は、赤ちゃんの肌はとても繊細です。つまり、肌に炎症が起こらない素材を選ばなければならないということです。
  • コットンがベストです。コットンはとても柔らかい素材で、赤ちゃんの肌が楽に呼吸することができます。お買い物に行くときには、タグを見て100%コットンのものを選びましょう。オーガニックコットンのものがあればさらにいいですよ。
  • きつい服は避けましょう。ぴったりしすぎている服を着せると、赤ちゃんの肌が熱くなりすぎてあせもができてしまうかもしれません。ですので、ゆったりした服を着せるようにしましょう。
  • 今はアクセサリーはいりません。お子さんにおしゃれな靴やリボンを付けたいと思うかもしれませんが、少し待った方がいいでしょう。多くの赤ちゃんは服を着ることにさえなれているところです。これまで9カ月間お腹の中でははだかんぼだったんですからね!アクセサリーはさらに不快感を高めてしまうだけなのです。
  • 常に暖かくしておきましょう。赤ちゃんの肌は常に暖かさ(暑さではありません)を感じている必要があります。赤ちゃんが汗をかいていたり、ほっぺが赤くなっていたら、それはおそらく着せすぎです。その場合は、余分な服を数分の間脱がしましょう。のどが渇いているかもしれないので、母乳も与えましょう。
服を選ぶときの注意点 夏 ベビー服

新生児のための夏のアクティビティ

赤ちゃんが生まれて最初の数日間は、特にケアをしてあげる必要があります。お子さんは免疫力を発達させ始めたばかりなので、最近や病気と闘う準備がまだできていないのです。

ですので、専門家は最低でも生後28日間は家から出ないように勧めています。

この期間がすぎれば、公園やお散歩に連れていくことができます。お医者さんの勧めに常に従い、赤ちゃんの頭と手足の先端を守るのを覚えておいてくださいね。

また、赤ちゃんに常に(水ではなく)母乳を与えて水分が取れた状態にし、直射日光は避けるようにしましょう。

https://youaremom.com/clothing-newborn-babies-need-summer/