女の子に似合うショートヘアのスタイル4選

2019年1月22日
あなたの娘がショートヘアでも様々なヘアスタイルを試すことができます。この記事ではショートヘアのスタイリングアイデアをご紹介します。

意外かもしれませんが、ショートヘアの女の子でもヘアスタイルの選択肢はたくさんあります。ショートヘアのスタイリングは母親や姉妹、そして叔母のセンスとクリエイティビティが試されるでしょう

十代の若者たちや大人と同じように、赤ちゃんの髪型も顔の特徴を際立たせるものにすると良いでしょう。 ショートヘアもロングヘアもどちらも素敵なのに変わりはありません。

子供のショートヘアは顔のユニークな特徴を一層際立たせます。 この記事ではそんなショートヘアのスタイリングアイディアをまとめました。

是非お子さんと一緒に試して、好きなスタイルを見つけてください!

ショートヘアの女の子のヘアスタイル

髪型においてはどうしてもロングヘアの方がショートヘアに比べてスタイリングオプションが多いのが現実です。だからこそ力が入りますよね!

あなたの手で素敵なスタイルにしてあげましょう。

  1. 片側縛り
    まずは簡単でシンプルなスタイルから始めましょう。 まずは赤ちゃんの髪の毛を片側に集めましょう。そして生え際から数インチ後ろで髪を集めたところから反対側の耳まで引いてもう1つ毛束を作ります。次にこれら2箇所以外の髪の毛をすべて集めてヘアタイで縛りましょう。ゴムで縛られていない髪の毛がたくさんある場合は櫛を使って髪の生え際の部分を分けると良いでしょう。側部から反対側の耳に向かって、櫛で額から少し後ろにラインを作ってください。 色付きのヘアバンドでこの髪束をまとめます。最後に後ろのもう一本の髪束を分けましょう。 別の色のゴムを使用して、先ほどの束と一緒にこの新しい束を結びましょう。それぞれの束に異なる色のヘアゴムを使用して、髪がすべてまとまるまで続けます。フレンチブレイドを改造したような仕上がりになるでしょう。

    終わりに、最後の束を最初に作ったポニーテールと合わせてまとめましょう。

    お好みで残りの髪の毛緩く残すこともできます。

    女の子のショートヘアスタイル
  2.  ツインテールとリボン
    まずは櫛を使って髪の毛の上部に四角形を描きます。2つのサイドパーツを作り、頭のてっぺんに向かってもう一つラインを作る、とも言えるでしょう。この正方形を除いた他の髪の毛を全て一つにまとめます。前髪がある場合は、邪魔にならないようにクリップでまとめると良いでしょう。前の髪型で説明されている手順を繰り返して、四角形を小さな束に分割し、色付きのヘアゴムで固定します。 前回と同じようにそれぞれの束を前の束とまとめます。次は残りの髪の毛(四角形の外側)を取り、それを2本のおさげに分け、 両側のツインテールに追加します。最後の仕上げとして両側のツインテールにリボンを巻き、リボン結びにしましょう。

    子供のショートヘアはユニークな特徴を一層際立たせます。

  3.  色つきのヘアゴムでてっぺん結び
    あなたの子供の髪がまだ少ない場合、または非常に短い場合でも心配する必要はありません。ぴったりのスタイルを紹介しましょう。まずは髪を横に流し、正面から後ろに向かって束から束へと掴んでいきます。髪束を分ける度に指の周りでひねり、小さなヘアゴム結びましょう。進むにつれて、頭の後ろに向かっていきながらどんどん束をつなげていきます。頭のてっぺんに近づいたら、最後のゴムを付けて、残りの髪をほぐします。最後の仕上げのためにリボンを追加しても良いでしょう。前髪、側面、そして後ろの髪をきれいにとかしてこのゴージャスなスタイルを完成しましょう。
  4.  三つ編みリボン
    三つ編みはロングヘアでないとできないと考えていませんか?ショートヘアでも簡単にできるのです。少ない髪の毛でも三つ編みをする方法を紹介しましょう。まず、前髪を分け、残りの髪の毛をとかします。生え際に沿っていくつかの束に分け、小さなゴムで結びましょう。次にそれぞれの束を2つに分け、束の半分を隣の束の半分に合わせてください。女の子の ヘアスタイル ショートヘア 片側からもう一方へと進めたら、最後の髪の毛をゴムでしばります。このままにすることもできますが、リボンを編み込むことをお勧めします。最初のゴムを付けたところにリボンを入れて、それをそれぞれの編み目の付け根に織り込みます。最後まで織り込んだらシンプルに結ぶかさらにリボンをつけることもできます。

このように、ショートヘアのスタイルはシンプルで美しいものがたくさんあります。きれいに仕上げるには髪が濡れていて、あなたの子供が落ち着いている間に髪を結うと良いでしょう。

あなたの子供のご機嫌がナナメの時、もしくは活発動き回っている時は良いタイミングがくるのを待ってあげてください。 結局のところ、一番重要なのは髪型ではなく、母と娘として一緒に過ごした時間なのですから。