おむつによるかぶれとは?その原因と対処法

16 12月, 2018
おむつの発疹の治療は、赤ちゃんの不快感を強くしないためにも、最新の注意を持って行われなければなりません。

この記事では、赤ちゃんのおむつかぶれについて知っておくべきことを紹介します。原因や、症状、治療法、そして最善のおむつ選びについて紹介します。

おむつかぶれは、湿気や衛生状態がわるいために、乳児の鼠蹊部や性器周辺に発症します。また、鼠蹊部には、アポクリン汗腺が集中していることも忘れてはいけません。

おむつのかぶれは軽度な皮膚疾患とされていますが、適切な治療を施さなければ事態は悪くなります。重度なものでは、潰瘍や創傷にまで発展するものもあります。

この記事の最後には、革新的で安全性の高いブランドによる、環境に優しいおむつも紹介します。

おむつかぶれの原因

  • 水分(発汗、尿や便からの水分)
  • 空気の通りが悪い

こう言った原因の元となるのが

  • おむつの付け方の悪さ
  • 赤ちゃんの性器周辺の衛生状態の悪さ
  • おむつを長時間付けっ放しにする

おむつかぶれの症状と治療

通常、おむつかぶれは、おむつに覆われている部分に発症します。最初は、痛みや、腫れ、かゆみが続き、その後、赤みを帯びた皮膚炎症が起こります。

赤ちゃんの皮膚に触れた時に後屈反射が見られる場合もあります。症状が深刻化すると、皮膚が剥けてしまうこともあります。

おむつかぶれのある赤ちゃんは、泣き止まず、おむつを嫌がる傾向があります。子供が泣いている時こそ親は忍耐強くなければなりません。

希望を失ってはいけません(しかし、これが正常な反応です)。むしろ、症状の緩和効果のあるおむつを試してみるべきです。

オムツ交換-かぶれ

おむつの発疹の治療は、赤ちゃんの不快感を強くしないためにも、最新の注意を持って行われなければなりません。

まず第一に、性器周辺(性器、お尻、鼠径部)をきれいな水とと中性、もしくは抗菌作用のある石鹸で洗いましょう。

石鹸の使用は小児科医と相談しながら使用するようにしてください。

きれいに洗った後、柔らかい綿のタオルで赤ちゃんの肌を優しく拭き取り、乾燥させます。赤ちゃんの肌は大人より繊細なため、柔らかいタオルを選びましょう。

「細菌や菌類の蓄積を防ぐために、こまめにおむつを交換することが非常に大切です。」

赤ちゃんのおむつかぶれを見つけた時には?

  • 赤ちゃんがおむつかぶれに苦しんでいる場合は、合成繊維の衣服はNG。
  • 患部にタルカムパウダーをふりかけ、馴染ませる。
  • 香りの良いコロンやオイルを振る。
  • 薬用クリームを使用する。
  • 酢、アロエベラまたは他の薬用植物を用いた民間薬の使用に頼るべきではありません。

おむつを選ぶ際に考慮すべき点

おむつを選ぶ際には、いくつか考慮すべき点があります。まず第一に、サイズです。

大きさの合わないおむつは不快感を生み出し、また擦れや、擦り傷などの原因にもなります。

第二に、素材です。例えば、多くの使い捨ておむつはアレルギーを引き起こす可能性のある香料を用いて作られていまず。

また、製品がダイオキシンフリーであることを確認してください。ダイオキシンは健康に有害な化学物質です。そういったものがかぶれの原因にもなります。

現在では、安全性の高いおむつもたくさんのブランドから発売されています。しかし、全てが皮膚科学的側面を考慮し、要求される品質を全て満たす訳ではありません。

こういったことを考慮しながら、環境にも配慮した製品を求める方に、ぴったりの選択肢もあります。以下にある全てを満たすものです。

  • 快適さ
  • 衛生面
  • 安全性

環境への配慮

今日では、エコなおむつの使用を考える人も多いようです。そういった製品は赤ちゃんの皮膚に有害な化学物質を使わず製造されていることもその一因でしょう。

また、洗濯すれば再利用が可能で、経済面から考える方もいるようです。

エコなおむつにはもう一つ大きなメリットがあります。赤ちゃんのサイズに合わせやすいフリーサイズなため、成長にあわせて買い換える必要はありません。

オムツ おむつかぶれ

バンビノ・ミオ(Bambino Mio) は、化学製法ではなく伝統的な有機物に基づいておむつを作るブランドの一つです。

使用する生地は柔らかく、優れた吸収力を持っています。また、おむつに覆われた部分も皮膚呼吸することができるようになっています。

こういった点がおむつかぶれのリスクを大きく低減させているのです。

今回紹介したように、赤ん坊の世話に心配はつきものです。材料など、細部にまで常に注意を払うことが必要です。

措置を講じることで、健康上のリスクを知ることができたり、安心を得ることができます。

バンビノ・ミオを試してみたい方はこのリンクをクリックしてご覧になってみてください。

  • Azcona, L. Dermatitis del pañal. Farmacia Salud. Farmacia profesional. 2010; 24 (1): 60-62.
  • Boiko, S. Treatment of diaper dermatitis. Dermatologic clinics 1999; 17 (1): 235- 239.
  • Rueda López, J.; Guerrero Palmero, A.; Segovia Gómez, T.; Muñoz Bueno, A. M.; Bermejo Martínez, M.; Rosell Moreno, C. Dermatitis Irritativa del pañal. Tratamiento local con productos barrera y calidad de vida.
  • Šikić Pogačar M, Maver U, Marčun Varda N, Mičetić-Turk D. Diagnosis and managment of diaper dermatitis in infants with emphasis on skin microbiota in the diaper area. Int J Dermatol. 2018 Mar;57(3):265-275. doi: 10.1111/ijd.13748. Epub 2017 Oct 6.