哺乳瓶ウォーマーの使い方や特徴を見てみましょう

2019年4月18日
使いやすく、持ち運びのできる哺乳瓶ウォーマーがあなたの赤ちゃんのお世話の味方となってくれることでしょう。

哺乳瓶ウォーマーは外出先や車の中で準備しなければならない時に役立つアイテムです。哺乳瓶を温めてくれるだけではなく、ミルクを最適なコンディションに保ってくれます。今回は、この哺乳瓶ウォーマーの使い方や特徴をご紹介します。

哺乳瓶ウォーマーは無くてはならないものではありませんが、あるととても便利です。その最大のメリットは昔ながらの湯煎よりもはるかに短時間で温まること、電子レンジにかけるよりも健康的であることです。

また、哺乳瓶ウォーマーだとミルクが沸騰してしまう心配もありません。特に母乳の場合は、栄養素を失わないためにとても大切です。

哺乳瓶ウォーマーの便利な機能

哺乳瓶ウォーマーにも様々なものがありますので、選ぶ際には以下の点を考慮しましょう。

1. 利用できる哺乳瓶のタイプが限られていないか

哺乳瓶ウォーマーを購入する際には、ぜひ忘れずに確認したい点です。機種によっては、使える哺乳瓶のタイプが限られている場合があります。もし違うブランドの哺乳瓶を使っている場合はやっかいです。ですから、全てのタイプの哺乳瓶に対応している機種を選ぶのが良いでしょう。

2. どれくらいの時間で温まるか

哺乳瓶がどれだけ早く温まるかは、考慮したいポイントの基礎と言えるでしょう。機種によって、温めにかかる時間は異なります。数分かかるものもありますし、90秒もしないうちに温まるものもあります。

赤ちゃんが1日にお腹が空く時間はまちまちです。ですから、赤ちゃんがお腹が空いて泣き出した時のことを考えると、どれだけ早く温まるかを考慮しておくことは大切でしょう。

哺乳瓶ウォーマー  使い方 特徴

3. 哺乳瓶ウォーマーの使い方と互換性を確認

市場には様々な哺乳瓶ウォーマーが出回っています。選ぶ際には、効率性と耐久性を確認するのが大切です。様々なシチュエーションで使うものですので、使い方の難しくないものが良いです。

哺乳瓶ウォーマーを使用する際に必要となる使用環境の条件を確認することも必要です。電源に繋がっていないと使えないものもたくさんあります。

家でも車の中でも使えるような選択肢もあります。これらは旅行中や予期しない出来事があった場合などにとても便利で実用的です。

4. 哺乳瓶ウォーマーのタイプ

哺乳瓶ウォーマーは母親、父親、そして赤ちゃんの皆が求めるものに合うものを選ぶのが正解です。様々なシチュエーションにあった、オススメのタイプをご紹介します。

Lovi 哺乳瓶ウォーマー

この哺乳瓶ウォーマーは、購入する時に考慮すべきもっとも重要な特徴を備えています。出回っている哺乳瓶の主要ブランドのほとんどに対応しているのです。また、自動で加熱する温度を調整してくれます。

このウォーマーは、ミルクが熱くなりすぎることを防いでくれます。また、哺乳瓶の準備ができると明かりがついて教えてくれます。

同じLovi社のもので、ポータブル哺乳瓶ウォーマーもあります。どこにでも持ち運びができ、外出先での利用に良いでしょう。ジェル状の層があり、電源のない状況でもミルクを温めることができます。

哺乳瓶ウォーマー  使い方 特徴

Nuk 哺乳瓶ウォーマー

このウォーマーも家でも車の中でも使え、外出する場合には便利です。大きな特徴の一つは、そのスピードです。家であれば90秒で、車の中であれば6分でミルクを温めることができます。また、ユニバーサルデザインなので、どの哺乳瓶でも使うことができます。

Medela 哺乳瓶ウォーマー

このウォーマーは、ミルクの準備ができると、音と明かりの両方で教えてくれる少し面白いものです。自動オフ機能があり、その後20分間はミルクを保温できます。

Nuby 哺乳瓶ウォーマーと滅菌器

間違いなく、このウォーマーはとても便利で実用的です。哺乳瓶を温めてくれるだけではなく、滅菌もしてくれます。また、哺乳瓶の内容量によって加熱時間を自動的に計算してくれます。このウォーマーは、1台で2つの機能を持っています。

機能の発達のおかげで、質の良い、使い勝手の良いウォーマーが出回っています。使いやすく、持ち運びのできる哺乳瓶ウォーマーがあなたの赤ちゃんのお世話の味方となってくれることでしょう。