注意すべき1歳未満の赤ちゃんがかかる9つの病気

2019年5月3日
1歳未満のお子さんに影響のある病気は親としては心配ですよね?この記事では、一般的な病気を紹介いたしますので、対処の参考にしてください。最も大切なものは情報です。

1歳未満の赤ちゃんに発症するおそれのある一般的な病気を知っておくことはとても大切です。中には、多くの子供が罹患してしまうものもあります。

また、多く病気で迅速な医療措置が求められます。赤ちゃんの免疫力は発達途上ですので、危険性がより高くなるからです。

 

1歳未満の赤ちゃんが罹患する可能性のある病気

歳に満たない赤ちゃんは、呼吸器、消火器の病気にかかりやすいです。険度も上昇します。こういった病気の一般的な原因はウィルスや細菌です。以下にいくつか紹介いたします。

1.インフルエンザ、風邪

インフルエンザの原因はインフルンザウィルスです。多くの場合、自然に症状が収まります。以下にいくつか症状を紹介します。38℃を超える高熱、咳、鼻づまり、頭痛、倦怠感、筋肉痛、嘔吐が見られる場合もあります。

インフルエンザは1歳未満のお子さんに最も多く見られる感染症の1つです。もちろん、医療支援を視野に入れる必要があります。

2.気管支炎

インフルエンザや風邪が十分に治癒していないことが引き金となって気管支炎を発症するケースがほとんどです。赤ちゃんは、鼻水、咳、痰に苦しめられるかもしれません。

気管支炎の際には経口感染に注意が必要です。つまり、感染者との接触は極力避けるべきです。

一方で、急性気管支炎と呼ばれるものもあります。この種の気管支炎では呼吸器にもウィルスや細菌感染の症状が見られます。主に、鼻や喉、服鼻腔に影響します。

最後に注意して欲しいのが慢性気管支炎です。主な症状は激しい咳や、痰です。

3.肺炎

これは肺の炎症によって引き起こされる病気です。6ヶ月未満のお子さんの場合には、肺炎球菌細菌が原因だと考えられます。

主な症状は、高熱、鼻水を伴う咳、悪寒、体の痛み、呼吸困難です。肺炎には的確な治療と入院が必要です。

赤ちゃん-病気

4.扁桃炎

扁桃炎の主な原因は連鎖球菌バクテリアです。ただし、ウィルスに起因することもあるので注意してください。症状としては、扁桃腺の炎症、喉痛、頭痛、発熱、食欲不振があります。赤ちゃんがものを口に入れたがる時期に差し掛かったら注意が必要です。

5.尿路感染症

お子様が2歳未満で、原因不明の発熱に苦しんでいる場合には、尿路感染症を疑ってみると良いかもしれません。尿検査で感染の有無を明らかにすることができます。検査で陰性の場合には医師が尿の培養し細かく検査するはずです。その後、効果的な処置を施すのです。もちろん、重症度によっては医療機関に掛かる必要があります。

「1歳に満たない赤ちゃんは、呼吸器、消火器の病気を罹患しやすいです。」

6.下痢

下痢も1歳未満の赤ちゃんによく見られる病気です。通常、原因はウィルスや汚染された食品を摂取する事で発症します。罹患すると、軟便、水溶便、腹痛などの症状が現れます。

そのため、赤ちゃんが水分不足に陥らないように気をつける必要があります。十分な水分を与え、母乳育児または通常の栄養補給を続けます。しかし、症状が解決しない場合は、医者に行くべきです。

7.ウィルス性胃腸炎

ウィルス性胃腸炎ならびに、胃腸炎は消化管や腸管に炎症が起こる病気です。通常、清潔でない食品や水を摂取することで、発症します。主な症状は下痢、吐き気、嘔吐、腸の痛み、発熱、そして倦怠感です。

こういった症状が48時間以上継続する場合は医療機関へ受診すべきです。家庭で看病する場合には細心の注意が必要です。また、水分補給を欠かしてはいけません。赤ちゃんを脱水状態にしてはいけません。

母乳育児期間中であれば、授乳を続けてください。すでに固形の食事を取っている場合には、食事を見直してください。

8.中耳感染症(中耳炎)

耳の感染症が細菌やウィルスによって引き起こされることもあります。インフルエンザや、呼吸器感染症を患った赤ちゃんに多く見られます。主な症状は、鋭い耳の痛み、発熱、そして下痢です。

9.細気管支炎

細気管支炎は呼吸器合胞体ウィルスによって引き起こされます。このウィルスが細気管支に感染することで、発症するのです。感染すると炎症を起こし、際期間が詰まってしまいます。その結果、空気が通り道が細くなってしまいます。

この感染症は新生児にとって高リスクな感染症の1つです。こういった症状が見られる場合には、すぐに病院にかかってください。主な症状は、発熱、過度の咳、喘鳴、呼吸に伴ってピーという異音がするなどです。

母と赤ちゃん

病気のリスクを軽減するために

赤ちゃんが1歳未満の場合は、ウィルスや細菌に感染している人間から遠ざけることが大切です。特に生後最初の1ヶ月間は、お客さんの訪問を最小限にしてください。

また、家庭や、職場での衛生管理を徹底する必要があります。推奨されるワクチンを摂取することも予防になります。

こういった病気は治療できます。もちろん、迅速かつ的確な対応が求められます。病気が子供に感染しないよう、できる限りのことをしてあげてください。

https://youaremom.com/babies/diseases-in-children-one/