赤ちゃんの急成長期に知っておきたいこと:急成長期とは?

· 2019年4月14日
急成長期は難しい時期ではありますが、赤ちゃんの成長にとってはいたって自然な現象です。急成長期とは何か、母親としてのこのチャレンジにどう対処できるのかをご紹介したいと思います。

赤ちゃんを腕に抱いていると、ずっとこうしていたいという強い思いを抱くことでしょう。しかし、いずれ赤ちゃんは成長し、それに伴って急成長期という一つの試練がやってきます。

この期間は至って通常で、赤ちゃんが著しく成長していることを意味します。

 

急成長期とは?

急成長期とは、赤ちゃんの発達が著しく起こる時期を言います。その結果、母乳やミルクのいつも通りの量では満足せず、もっと欲しがったりします。

急成長期の赤ちゃんは機嫌が悪く、満足していないことを示すためにたくさん泣くことがありますが、それは自然なことです。

そして赤ちゃんがより多くの量を必要とするこの時期には、母親は自然とより多くの母乳を作り出すことができます。赤ちゃんからの要求が、母乳が作られる量に影響することを覚えておきましょう。つまり、これらは全て自然と起こるということです。

なぜ起こるのか?

急成長期とはその名前の通り、赤ちゃんの成長のシグナルです。赤ちゃんは成長し、エネルギーをより必要とするためにより多くの食べ物が必要となります。赤ちゃんは、神経機能、運動機能、心理機能の全ての成長のためにエネルギーが必要なのです。

そしてその要求に応えるように、母親の体はより多くの母乳を作ります。

急成長期は何回起こる?

赤ちゃんはそれぞれ違いますし、必要とするものも異なります。ですから、どれだけ頻繁にこの急成長期がやってくるかも異なります。しかし、生後数ヶ月の間により頻繁に起こる傾向があります。一般的に、以下のような時期に起こります。

生後15日から20日の間

生後すぐは大抵の場合、だいたい決まった周期に眠り、多少の要求をしてくるだけです。しかし3週目になるとこのパターンが変わり、赤ちゃんの態度も変わってきます。

初めの2、3日は30分ごとにおっぱいを欲しがります。しかも授乳をやめようとすると怒る場合もあります。

赤ちゃんの急成長期とは 赤ちゃん 急成長期 成長

生後6週から7週の間

生後40日頃になると、母乳の味は塩気を含むように変化します。その頃にまた、急成長期は起こります。この味の変化に慣れるまでは気難しく、イライラしやすくなります。これが大抵の場合1週間ほど続きます。

生後3ヶ月頃

この頃になり赤ちゃんがもう母乳を欲しなくなると、授乳をやめる母親もたくさんいます。この頃になると赤ちゃんは飲み方も上手になり、早く飲むことができます。しかし、外部からの刺激によって気が散ったり、飲むのをやめたりします。

そしてこの時点で赤ちゃんは、自分が欲すれば母親が母乳を作ってくれるということを理解します。それは母親の体の中で、3週間から4週間かけて、様々なプロセスを通じて起こります。

生後6ヶ月頃

生後6ヶ月を過ぎると、急成長期が起こる頻度は低くなります。これは赤ちゃんが離乳食を始めるためです。ですから、赤ちゃんが何を欲しているのかが母親にとっては分かりやすくなり、扱いやすくなります。

赤ちゃんは成長し、エネルギーをより必要とするためにより多くの食べ物が必要となります。赤ちゃんは、神経機能、運動機能、心理機能の全ての成長のためにエネルギーが必要なのです。

1歳以降

生後12ヶ月以降になると、新しい急成長期が起こります。抱っこしてほしいという要求の回数が増えるのです。この新しい急成長期の要求に関していえば、この時期には頻繁に起こります。居心地の良さとサポートを母親に求めているのです。

急成長期にどうしたら良いか?

母親になったばかりの人にとっては、急成長期はイライラしたり、やりがいを感じられなかったり、心細くなったりします。ですから、自分の心理的な状態によく注意する必要があります。忍耐力と愛情を持ちながら、この危機に向かい合うようにしましょう。

では、専門家からのアドバイスも見ていきましょう。

  • 赤ちゃんが欲する時と、必要な時に授乳するようにしましょう。もし母乳だけで育てる場合には、哺乳瓶からの授乳は避けましょう。母乳を作り出す能力に影響を与えます。
  • もう少しだけ多く食べるようにしましょう。そうすることで、母乳をより多く作り出すために必要なエネルギーとカロリーを摂取することができます。
赤ちゃんの急成長期とは 赤ちゃん 急成長期 成長

  • 急成長期はずっとは続かないのだと覚えておきましょう。この状態は、すぐに終わることを覚えておきましょう。
  • もし赤ちゃんがおっぱいを欲しがらないのであれば、無理に飲ませようとはしないことです。お腹が空いていて泣いているのではなく、ただ悲しくて泣いている場合は、おっぱいをあまり欲しがらない場合があります。

この自然な成長の過程においては、赤ちゃんの泣き声とストレスがつきものです。だからこそ、急成長期についてまず理解することが、正しいツールを使って最良の方法で取り組むための助けとなります。

結論として、急成長期は赤ちゃんが健康な子供へと成長していることを意味します。準備をしておけば、この子供の成長期にイライラしてしまうことを軽減することができるでしょう。