あなたの赤ちゃんや幼い子どもにピッタリのパジャマ5種類!

· 2019年5月12日
快適な着心地と動きやすさで大人気のパジャマを何種類か見てみましょう。この中で一番のお気に入りはどれでしょう?

赤ちゃん、子ども用のパジャマってたくさんありますが、一番オススメなのはどれでしょう?

特に就寝時は、お子さんに何を着させるのか注意を払う必要があります。夜間、子どもたちが快適でなければならないからです。暑すぎても寒すぎてもダメですし、自由に動き回ることだってできないといけませんね。

考慮すべきこと

子どもの肌は非常に繊細とお忘れなく。だから常に特別注意を払う必要があります。服の素材は、天然コットンが一番です。お子さんの肌を守ってくれ、必要な快適さも与えてくれます。

また、肌にビタッと引っ付きすぎず、自由に体が動かせるような、伸縮性のある生地が良いです。一晩中着用するものなので、ぐっすり眠るためにできる限り快適なパジャマを着るのがベストです。

その一方で、より天然の布地を選ぶと、子どもの肌呼吸が楽になります。寝ている間に動き回るので、もちろん夜中に汗をかきます。中には、特別汗っかきな子もいるでしょう。ですから、汗を吸い取りやすい服を選ぶのが大切です。

こちらもお読みください:赤ちゃんがたくさん寝るのはどうして?

最も一般的な子ども用パジャマ

着るブランケット

子ども用のパジャマについて話す前に、まずお子さんの年齢別に区別する必要があります。生後数週間の赤ちゃんには、着るブランケットや寝袋が素晴らしい選択肢です。

これらのタイプのパジャマは、まるで服のような快適さがあります。ただ、下部には足を入れる部分がなく、袋のように閉じています。これが赤ちゃんに十分な快適さを与え、一晩中ぬくぬくと眠れる鍵なのです。

生後数ヶ月の間、赤ちゃんをブランケットで覆うのは窒息の可能性があるためオススメできません。また、赤ちゃんが動くことで、ブランケットは数秒として赤ちゃんを覆っていないでしょう。

ですので、着る毛布は、赤ちゃんが冷えてしまっているかという心配も不要の、優れた選択肢です。

眠る赤ちゃん 赤ちゃん  子ども   パジャマ

ワンジー(足の部分はあってもなくてもOK)

ワンジーは、上下がつなぎになっており一枚の布でできているので赤ちゃんをすっぽり覆ってくれます。気温に応じて、足を覆っても覆わなくても良いでしょう。

夜中にパジャマを完全に脱がせることなくオムツを変えることができるので、足の部分にボタンがあるタイプを選ぶこともできます。このようにして、オムツ交換の間い赤ちゃんが怖がったり冷えたりするのを避けることが可能です。

ワンジーを選ぶなら、小さすぎないサイズを選ぶ必要があります。首から足の間を引っ張られると、大きな不快感を与えてしまいます。

しかし、逆に大きすぎるサイズもダメです。特に生後数ヶ月で動き回り始める時、服が絡まって圧迫されてしまいます。

こちらもお読みください:子供が寝る時はなぜ暗くした方がいいの?

ツーピース(足の部分はあってもなくてもOK)

赤ちゃんが大きくなって特に歩き始めているなら、上下が別々のこのタイプがより快適です。赤ちゃんの背中をしっかりと覆うもので、先ほどと同様に正しいサイズを選びましょう。

ツーピースでは、丈の長いズボンでも半ズボンでも選択可能です。同様に袖の長さも選べます。もちろん、気温やお子さんの体温に合わせて選びましょう。

「より天然の布地を選ぶと、子どもの肌呼吸が楽になります。寝ている間に動き回るので、もちろん夜中に汗をかきます。」

ボディスーツ

ここでご紹介する中でも、ボディスーツは夏に一番オススメです。体全体、お腹も背中も覆っていますが、腕と足が出るデザイン担っています。

袖なしや、半袖や長袖など、ニーズとお好みに応じて様々な種類があります。

子どものパジャマ 赤ちゃん  子ども   パジャマ

ナイトガウン

ナイトガウンは子どもに一番人気です。どんなお好みでも、いろんな素敵なガウンが売られています。中にはガウンだと嫌がる子どももいますが、ガウンじゃないとダメ!という子どももいるくらいです。

スカートの部分が長すぎると、動きが制限されることがあります。でも、寝返りが激しいお子さんだと、ナイトガウンじゃなくて頭にかぶるナイトキャップになってしまうかもしれませんね。

まとめますと、就寝時みたいな大切な時間が、お子さんの幸福度を左右することになると言っても過言ではないのです。快適なパジャマと子守唄で、スヤスヤ眠ってくれること間違いなし!