赤ちゃんと外出する際に気を付けるべきこと

19 9月, 2018

外出中は交通安全のことを常に心に留めておきましょう。妊娠している場合、正しいシートベルトの装着方法を知っておく必要があります。また、新生児と一緒に外出するときには、注意すべき安全対策があることも覚えておきましょう。そして、しっかりと安全対策することで子供は自分が保護されていると感じてくれます。

車内で必要な安全対策を知っておく事は非常に重要です。赤ちゃんの基本的なニーズに応えるために必要なものをいつでも用意しておきましょう。

赤ちゃんは、常にベビーシートに正しく座らせましょう。まず、車のシートが赤ちゃんの年齢、身長、体重に適していることを確認しなければなりません。これは基本的なことです。

新生児と一緒に外出する

車に赤ちゃんを乗せて外出する際に心に留めておいてほしいことがあります。赤ちゃんの安全を守り、子供への配慮が十分に払われていることは絶対に欠かせません。

短い時間であっても、安全を軽視すべきではないことを忘れないでください。以下の安全対策を常に実施する必要があります。

  • あなたの膝に座らせない。他の人がしているかどうかは関係ありません。単純に子供を車に乗せる正しい方法ではありません。
  • シートの選択は賢明に。新生児が使用するシートは、10-13キロまで対応可能で、赤ちゃん用に設計されていなければなりません。ベビーシートは、プラスチックのバックルを備えたハーネスのあるものにしましょう。
  • 常に赤ちゃんのシートを後ろに向けてください。こうすれば交通事故の場合でも、エアバッグが赤ちゃんを窒息させることはありません。
赤ちゃんー車2

  • 車の座席にいる間、子供の上着は手放せません。車の冷暖房システムを活用して車内の温度を調整しましょう。
  • 運転している間は赤ちゃんに視線を預けないでください。道路から視線をそらしてしまうと危険です。停車している間、または赤信号で止まっている間に、赤ちゃんを確認するようにしてください。可能であれば、赤ちゃんとあなただけで旅行するのは避けてください。
  • 安全を感じることも重要です。車に乗っている時間をより安全に感じるためにも、たとえば、GPSなどを駆使して運転を補助しましょう。
  • 赤ちゃんのためのバッグを用意し、必要となるかもしれないものがすべて揃っている事を確認してください。ウェットティッシュ、おむつ、毛布、きれいな衣類などが含まれます。

安全運転のための技術を利用する

最新の技術を利用することで、より安全な運転が可能になります。赤ちゃんを乗せて車を運転する際、自分自身が安全を感じることができれば、後部座席に赤ちゃんがいたとしても冷静に運転できるでしょう。

しかし、どのようなテクノロジーが旅行をより安全なものとすることができるのでしょうか?あなたの運転を簡単にするテクノロジーを搭載した車があります。

  • ジオローカライゼーション。この技術により、選択された地域を概説し、車両が指定されたエリアに出入りする際に通知を受け取ることができます。回避すべき危険なエリアの検索を実行することもできます。これにより、あなたや家族は、望ましくない場所を避けることができます。
  • GPS。GPSを使用すると、マップ上の車両の正確な位置を知ることができます。このマップは、GPSデバイス、スマートフォン、または車に搭載されたカーナビによって表示されます。緊急時には、GPS画面の情報を使用し、現在地に関する正確な情報を提供してもらうこともできます。これは、路傍での救援を求める必要がある場合に役立ちます。
  • ヘルプボタン。一部の車には非常用ボタンがあります。ボタンを押すと緊急サービスと直接連絡ができます。 GPS技術によって、あなたの車を迅速に発見することができます。訓練を受けたスタッフが、コントロールルームからあなたの状況を把握し、必要に応じて援助を送ることができるのです。
  • 衝突アラーム。不運にも事故に遭ってしまう場合にも、アラートがすぐにオペレーションセンターに送信されます。緊急医療支援があなたの正確な位置に直ちに派遣されるでしょう。
赤ちゃんー車3

外出中に赤ちゃんや、家族の安全を守るために、簡単な交通安全対策を導入しておく事が重要です。もちろん、緊急支援に頼る必要がないことが一番です。

安全を享受するためにも、車内だけでなく車輪後部にも警戒を怠らないようにしましょう。