時間のないママのための8つのシンプルヘアスタイル

2018年6月25日
母親としての役目を務めながら、自分のルックスを機にかけることはときにミッションインポッシブルのように思えるかもしれません。しかしラッキーなことに、今のお母さんたちには、少しの時間できれいな見た目を保てるたくさんの選択肢があるのです。

この記事では、本当に忙しいお母さんでもできるシンプルなヘアスタイルを紹介していこうと思います。

どんなときでも一番きれいでいたいと思うことは当然です。しかしお世話をしなければいけない赤ちゃんがいると、自分のために使える時間は薄い空気の中に消えてしまうようです。

女性はみな自分のスタイルを持っています。ロングもショートもそれぞれメリットがありますが、スタイリングになると両方ともそれぞれ難しさがあります。

あなたの好みがどうであれ、どんなときでもフレッシュでまとまって見える選択肢がありますよ。

ショートヘアの忙しいママのための4つのシンプルヘアスタイル

ショートのヘアスタイル

1.三つ編み

急いでいるときは三つ編みはいつもいいですし、いろんなバリエーションがあって遊べます。

首の後ろでシンプルに三つ編みをしたり、サイドに垂らしたりもできます。

片方に一つずつにして二つに分けることもできますね。指先が器用だったら、髪をフランススタイルの三つ編みにもできます。

他にも、おでこの上の髪だけを使って、片側に小さなフランススタイルの三つ編みをすることもできます。こうすれば、前髪が顔にかからないようにするのにも最適です。

三つ編みの終わりの部分はヘアピンで耳の横に留めましょう。残りの髪はおろしたままでもいいですし、低い位置にポニーテールにするか、よりロマンチック(かつ実用的)な見た目にしたいときはおだんごにしてもいいでしょう。

もっとチャーミングなルックスにしたければ、プリンセス三つ編みをやってみましょう。顔の周りの髪だけを使って、小さな三つ編みを頭の左右に一つずつ作ります。

二つの三つ編みを頭の後ろでつなげて一つの三つ編みにします。残りの髪はおろしておきます。

どんな風に三つ編みにしても、きっとフレッシュで、のびのびして、ナチュラルな見た目にすることができますよ。

2.ボブ

このスマートなヘアスタイルはセレブに人気があります。ストレートでスムーズな髪のママには理想的ですが、ウェーブのかかった髪やカールしている髪のママでも同じようによく似合います。

後ろの髪を短めにして、前は少し長めに顎の長さくらいにするヘアスタイルもあります。

このヘアスタイルは前髪を眉毛のすぐ上に切るととても素敵ですが、前髪がなくても似合います。

3.ピクシーカット

実用的なヘアスタイルが好きなママには短髪が理想的ですよね。ピクシーカットは時間がないママのための最もシンプルなヘアスタイルの一つです。

頭の横と後ろをとても短く切り、上の方は長めに、前髪も残します。

前髪については、対称にする必要はありません。短くしても、長くしても、レイヤーを入れても、まっすぐ下ろしても、横に分けてもいいでしょう。

4.クラウン

素敵に見えるクラウンというヘアスタイルは、簡単に作ることができます。必要なのは、ティアラのように頭の周りにフィットする大きな弾力性のあるヘアバンドだけです。おでこから5㎝くらい後ろから、首の下にくるように巻きます。

弾力性のあるヘアバンドを頭に巻いたら、こめかみから内側に向かって髪を巻き付けていきます。

全ての髪を巻き付けて、頭の周りに王冠ができるような形にしていきます。

ロングヘアの忙しいママのための4つのシンプルヘアスタイル

ストレートヘア

1.三つ編みクラウン

こめかみから細い三つ編みを後ろまで編みます。反対側も同じように行います。

両サイドに三つ編みを編んだら、二つを編み合わせて王冠のような形を作ります。残りの髪はおろしておきます。

そのとき着ているものとマッチするようなリボンやひもを三つ編みの中に編み込んでもいいでしょう。

2.タイド・ポニーテール

このハーフアップは見た目もゴージャスで、簡単にきれいに見せることができます。髪を片側か後ろにわけておきます。頭の横からハーフアップにしたいだけの髪をとります。

髪の束を両手に持って、靴の紐を結ぶように結び目を作ります。

結び目を作ったら、髪の束と一緒にまとめます。結び目をあなたの髪の色とマッチするヘアピンでとめれば完成です。

直毛・くせ毛のヘアアレンジ

くせ毛

忙しく、くせっ毛のママには、三つ編みで遊んでみるのがおすすめです。三つ編みはきちんとした見た目にしてくれますし、何日か持ちます。

3.片側の三つ編み

丸顔の女性にはぴったりのヘアアレンジです。片側で三つ編みをして、肩の前に垂らせば完成です。シンプルな三つ編みでも、フランススタイルでも、フィッシュテールでもいいですね。

4.フレンチ三つ編みクラウン

頭の後ろをぐるっとまわるように髪をフランススタイルの三つ編みにします。残りの髪はおろしておいてもいいですし、ボニーテールやおだんごにしてもいいでしょう。

あなたへおすすめ