女性は出産後に完全に回復するまで1年が必要

2018年5月28日

多くの人々は、”女性は出産後に”完全に回復するまで1年が必要というのは言い過ぎだと思っています。しかし、最近のある研究は、6週間の出産休暇は出産直後の母親の本当のニーズを反映していないことを非常に明確にしています。

スタンフォード大学のジュリー・レイ(Julie Wray)博士は、世界中のさまざまな国々の女性の分娩後の生活に関する研究を行い、全員の体はユニークではあるが、平均的に、ほとんどの新しい母親は身体的にも精神的にも完全に回復するために少なくとも12カ月必要であることを明示しています。

この情報は、女性の弱さのサインではありません。母であることはおそらく、やり遂げられる最も大変で、最も美しく、献身的な仕事なので、たとえ大部分の女性が数週間で職務に復帰しても、彼女たちの体が完全に回復しているわけではありません。

これは考慮すべきことです。産休や育休にこのようなニーズをより反映するためだけではなく、身体的、心理的、そして社会の健全さに対するより良い認識と戦略を促進するためです。

このテーマをより良く理解するのに役立つ興味深い事実を見てみましょう。

産後期:出産後の困難なステージ

産後期は、出産直後から始まり、母親の体が妊娠前の元の状態、つまり彼女が本来の身体的およびホルモン的な特性に戻るまで続きます。

産後期は平均して40日間続くと一般的には考えられています。しかし、時々見逃してしまうのは産後期には実際には3つのフェーズがあるということです。詳細に説明します。

産後期のフェーズ

  • 急性産後期:この期間は約24時間続き、出産からの身体的な回復を含みます。
  • 急性産後期は、子宮内反、悪露の発生、および母乳の生産と関連しています。
  • 亜急性産後期:この期間は月経まで、約45日間続きます。
  • 遅発性産後期: この期間は最大12カ月間続くこともあり、多くの専門家によれば、このステージは出産後の女性が完全に回復するまで続きます。
子宮内の胎児

女性が産後期に経験する変化

  • 循環器系の変化:母親の心拍数は出産後に正常に戻りますが、実際には数週間以内に血圧が低下することが一般的です。これは知っておくべきことです。痔核のこぶが出現することもよくあります。
  • プロゲステロン、内分泌腺、および母乳生成を制御する下垂体に関連したホルモン変化・・・
  • 母親の腹部のサイズが小さくなり、横隔膜の位置が正常に戻ることで、深く呼吸できるようになります。
  • 胃や小腸も膨張の変化を経るので、母親は消化不良、便秘、食欲不振に数週間悩まされることがあります。
  • 出産後数カ月間は、膀胱の筋緊張により尿路感染に苦しむことが一般的です。
  • また、出産後に多くの女性の免疫系が弱体化する可能性があることも述べておきます。

“女性は出産後に”6週間で体が元の状態に戻ると考えることは「幻想」

妊婦の絵

女性が出産すると、1日も経たないうちに、彼女だけが理解でき、経験できる新しい命を迎えます。出産の痛みや帝王切開の痛みにもかかわらず。彼女はステップアップして、必要とされるときに赤ちゃんの世話をします。

睡眠時間が少なくても、どれだけ疲れていても、認識できず、恐怖を感じるほど痛む奇妙なプロセスを経ても、それは大きく変化しているのです。

母親は赤ちゃんが必要とすることは何でもします。しかし、その母親が仕事をしなければならない場合、職務に復帰するためにはわずか6週間で赤ちゃんと別れなければなりません。とはいえ、彼女の体はまだ回復しておらず、彼女の感情は高まり、赤ちゃんにのみ集中しています。

ノルウェーやスウェーデンのような国々では、この身体的、ホルモン的、そして感情的現実についてより良く認識されています。そのため、彼らの産休は最大16カ月間続くこともあります。

そして、この実践には多くの父親も含まれています。なぜなら、育児は2人の仕事であり、生後1カ月間は赤ちゃんと母親だけにするべきではないからです。

このような社会政策がうらやましいのは間違いありません。これらの国々の福祉は、自分たちのニーズや次世代のニーズに対する全国民の本物かつ誠実な思いやりに委ねられているのです。6週間の休暇は、母親が出産後に完全に回復するために十分な時間ではないことは明白です。

母親は、間違いなく彼女の仕事することができ、もちろん、うまく行うことができるでしょう。しかし、彼女の体はまだ痛みを感じ、より必要とされる子どもと親の絆を強化する貴重な時間を逃しているのです。

あなたへおすすめ