離婚のプロセス:なぜ離婚はそれほどまでに衝撃なのだろう

30 9月, 2019
パートナーとの別れは誰にとっても辛いこと。その痛みを乗り越えるには、状況を受け入れ、心を閉ざさないことです。今そのまっただ中にいる方、ぜひこの記事を読んでみてください。
 

愛する人との別れはとても辛いものです。離婚の際の脳の変化について、これまで多くの研究がなされてきました。

それによると別れの際はストレスレベルが上昇し、身体的な痛みまで引き起こすこともあるのだとか。間違いなく離婚は私たちの生活に大きな打撃を与えます。

こちらもご覧ください カップル間におけるコミットメントに重要性について

 

なぜ離婚はそれほどまでに衝撃なのか

家族になるということは、最も親密な関係になるということ。家族間では、価値観、習慣、信念を共有し、家族固有のアイデンティティを構築します。

自尊心、行動規範、他者との関りの基盤であり、人生の変化において、家族は身体的または精神的安心感をもたらす場所となります。

離婚は私たちのとても深い部分に影響を及ぼします。家族全員が大きなショックを受けます。

家族それぞれ状況に対する感じ方は違います。以下がその例です。

1.手に入れられると思っていた未来が叶わないと気付き、夢も希望も失ってしまう

2.人生における失敗だと感じる

3.自尊心が傷つく。罪悪感を感じたり、人生における様々なことに疑問を感じるようになる

4.自由を感じる。またその逆にその変化を悲しく感じ落ち込む

こちらもご覧ください 子どもの試練:両親の別れについて

 

離婚の様々な段階

離婚の際、それぞれが別々の悲しみや苦しの段階を経ます。期間がどの程度になるかは、どのようなサポートを持っているかで変わってきます。

以下がその例です。

別れの苦しみ 離婚 影響
 

 

拒絶

まずは現実を拒絶することから始まります。事態はきっと元通りになる、いや、今まで以上に良くなるはずだ、などと考えます。現実を受け入れられず自分自身を傷つくことから守ろうとするのです。

現実を受け入れ、前へ進もうとすることが大切です。この段階にとどまったり、自分の感情を否定するのはやめましょう。

 

怒り

拒絶の次に出てくるのが怒りです。相手に対する怒りは、物事が上手く行かなくなったのは相手が悪いからだと考えます。その逆に中には自分自身を責める人も。別れの際、怒りを経験するのはごく普通のことなのです。

 

交渉

これは相手側に立った視点で事態を見つめ、現実を受け入れ、相手にそれを示そうとする段階です。この段階は正しく扱わないと、元に戻れるかも知れないと信じ込んでしまうようなリスクが高まるため、気を付けなければなりません。事態を悪化させてしまう恐れがあります。

 

落ち込む

嘘の様かもしれませんが、これが回復の始まりなのです。もう元に戻ることは出来ないという現実を前に、気持ちが落ち込みます。以前よりも悲しみが増しているかも知れません。ですが2人の関係が終わったのだという事実を理解することは、前へ進むために必要なことなのです。

 

受け入れる

少しずつ悲しみが癒え、離婚の先にある未来が見えるようになってきます。生きる活力を取り戻し、新しい人々と出会い、もしかすると誰かとまた恋に落ちるかも知れません。

悲しい別れ 離婚 影響
 

 

離婚が残す傷痕

このように離婚は精神的、ひいては身体的に大きなダメージを与えます。次のような結果を招くことも。

:これは悲しみを乗り越えるための過程でもありますが、悲しみのサークルにはまったまま抜け出せなくなる人もいます。人と距離を置くようになり、慢性的な鬱状態になる人もいます。

不安症:確信できない未来への恐怖から、眠れなくなることも。

心的外傷後ストレス障害(PTSD);離婚が何らかの形の暴力を含む場合、この障害を引き起こす可能性があります。虐待の場合が特にそうです。

・自尊心の低下;絶望、罪悪感に悩まされます。自尊心の喪失の寸前まで追い込まれる場合もあります。

離婚に直面するというのは、とても苦しいことです。しかし十分なサポートと知識があれば、決して乗り越えられないことはありません。

もしあなたが離婚したばかりで、これらの段階の真っただ中にいるのなら、専門家の助けを借りましょう。自分の人生を再び取り戻すのです。