ピアジェによる認知発達段階説

2018年7月4日

ピアジェによる認知発達段階説とは?今回の記事では、人間の学習に関してピアジェが定義した段階について説明していこうと思います。

「認知」という用語は、知識に関連するすべてのものを指します。同時に、知識とは学習や経験の結果として得た情報量を指します。

心理学者は、知識に関連する精神的な進展を分析することによって認知を研究するのです。この分野は認知心理学として知られており、認知心理学は知識の形成に関与するメカニズムの研究のことを指しています。

ピアジェの子どもの認知発達段階説のコンセプト

認知発達は心理学の重要な領域です。その結果、心理学者は思考過程の研究を中心とする多種多様な理論を展開してきました。ピアジェの認知発達の理論はその中でも最も重要なものです。

ピアジェは、子どもたちが学習するためには自分たちで探索できるようにすることが重要だと考えました。この探索が子どもたちの認知発達に影響を与えるのです。

また、このスイスの心理学者はどんな年齢の子どもたちであっても多種多様な状況と問題を解決することができると信じていました。ピアジェは、異なる年齢の子どもたちが犯す共通の間違いを評価します。

彼は観察により、同じ年齢層の子どもたちが同じ間違いを犯すという結論を導き出しました。次に、ピアジェは認知発達が進化の順序で起こると結論付けました。

ピアジェは、この順序を認知発達段階と呼んでいます。彼は、この過程の段階はどの国のどのような子どもたちであってもある厳密な順序に従うと主張しました。しかし、子どもが各段階を通過する正確な年齢は、子どもによって異なる場合があります。

ピアジェの理論は、認知発達を4つの段階に分類します。以下では、それぞれの段階を詳しく見ていきます。

第1段階:感覚運動期

認知発達の第1段階は、出生から2歳まで続く感覚運動期です。ここで、子どもたちは周囲の物体を実験し、発見することを学びます。

彼らは五感と運動能力の助けを借りてそれを行います。この実験により、物体の永続性と呼ばれる概念を学ぶことができるのです。

この概念を学ぶ前は、子どもたちは物体が見えなくてもその物体が存在し続けているということを理解していません。だから、顔を覆い、魔法のように再び顔を出すいないいないばあをすることがとても楽しいのです。

母親と遊ぶ子ども

感覚運動期に関するピアジェの結論

子どもは周囲の世界について学び始めており、この知識が第2段階の土台として役立ちます。

第2段階:前操作期

前操作期は、2歳前後の子どもに現れ始め、7歳まで継続します。この段階は、この年齢層の子どもたちの典型である自己中心性が特徴です。

彼らの自己中心的な視点は、他者の視点で物事を見ることができません。言い換えれば、彼らには別の角度から物事を見たり、他者と同じ立場に身を置いたりすることが困難な時期があるのです。

6、7歳ぐらいの子どもたちは共感することもありますが、この自己中心的な思考がこの段階の大半で優勢です。その子どもは自己中心的な視点で世界を理解しています。

しかし、この成長段階の子どもたちは、表象的思考が現れ、扱うことができるようになります。言い換えれば、彼らは話すことができるのです。

前操作期に関するピアジェの結論

感覚運動期から前操作期への移行は、模倣を通じて起こります。模倣は、子どもの脳に言語を伴う過程のイメージを作り出します。

第3段階:具体的操作期

ピアジェの認知発達における第3段階は7歳から始まり、12歳まで続きます。具体的操作期では、子どもたちは原理と論理を利用し始めます。彼らはより合理的かつ論理的な方法で問題を解決することができますが、具体的な目的や事象に関してのみです。

この年齢層の子どもたちはまだ抽象概念を扱うことができません。実際、彼らの思考は彼らが行う行動に集中しています。

ピアジェによると、この段階の子どもたちは帰納的推論も可能です。

具体的操作期に関するピアジェの結論

この段階は、自己中心性の緩やかな減少によって特徴づけられます。この減少は、子どもの集団の理解の高まりによるものです。しかし、この子どもたちの抽象的思考と推論はまだ未熟です。

パソコンを見つめる子どもたち

第4段階: 形式的操作期

ピアジェの認知発達の理論における第4段階は形式的操作期で、12歳前後から始まります。この時点で、子どもは青春期にあり、それが成人期までつながります。

思春期の子どもは、この時点で抽象的思考を扱うことができるようになります。したがって、仮説を立てることができるのです。

子どもが仮説を立てることができるという事実は、もはや現実のことだけではなく、やり方も考えることを意味します。この成長段階にある子どもたちは、周囲の環境や原因、影響をより深く理解することができます。

形式的操作期に関するピアジェの結論

この段階に到達すると、個人の理性的能力は、主に事実よりも現在進行中の事象に集中しています。この期間では、子どもが世界の見方についての自分の理論を発展させ始めます。

ほとんどの子どもたちがこの段階に到達しますが、全員ではありません。残念なことに、到達できない子はしばしば知性が劣ると見なされます。

結論

以上がピアジェによる認知発達の4段階です。この著名な心理学者は、知性を発達させる過程全体が2つの重要な側面を伴う刺激の過程に関連していると確信していました。その側面とは融合と適応です。

最後に、両親がピアジェの認知発達段階説を知っていることが大切です。そうすれば、両親は子どもが生まれてから成人になるまで子どもが健康的に成長していることを確信することができます。

この認識により、両親は年齢に応じて子どもの能力をよりよく理解することができます。また、両親が十分な活動を与え、子どもの非現実的な期待の形成を避けることにも役立ちます。

あなたへおすすめ