子供に愛情を伝える6つの方法

2018年6月23日

親は忙しさに紛れて、子供に一番重要なことを伝え忘れていませんか?それはどれだけ子供を「愛しているか」ということです。当たり前のように思いますが、「愛している」と子供に伝えることはとても大切です。子供ももちろんあなたに愛してもらっていることを知っていますが、日常的に伝えることも大事なのです。そこで、如何に子供に愛情を伝えることができるか、今日は6つの方法を紹介したいと思います。

子供に愛情を伝えるということはたいして時間がかかることではありません。どんなに忙しくてもこれらの方法を実行することは簡単でしょう。共働きなどをしていて、忙しい場合にも子供に愛情を伝えることができます。

子供に愛情を伝える方法はたくさんあります。そして、「愛しているよ」、「大好きだよ」と言葉で伝えるタイミングもたくさんあることでしょう。

メモや手紙で「愛しているよ」と伝える

子供の本や机、かばん、おもちゃのそばに手紙を添える方法です。短いメッセージでかまいませんし、かわいい絵などを描いてもいいと思います。ランチの中にメモをいれたりしても子供はとても嬉しがることでしょう。

大きく育った子供には、メールでメッセージを伝える方法もあります。絵文字などを使ってもいいですね。

子供にハグやキスで挨拶をする

朝起きた際にや寝る前など、日常の中で子供に愛情を伝える方法です。ハグやキスなどをすることによって、子供にダイレクトにあなたの愛情が伝わることでしょう。

子供が学校に行くとき、遊んで帰ってきた時などもハグやキスは効果的と言えるでしょう。子供が成長すると、この習慣が途切れてしまうことは良くあると思います。けれでも、子供の年は関係ありません。この小さなジャスチャーは子供にとって深い意味があるのです。

子供に愛情を伝える-baby mother

1日に1回はゆっくり座って食事を一緒に取る

研究で分かったこととして、子供と一緒にご飯を食べるということは子供にとって多くの利点があるということです。この習慣により子どもは非行に走ることなく、成績も良く、自信に満ち溢れた子供になるということです。

ランチやディナーは最近の出来事を話したり、子供の中にある話題に触れる大変良い機会となります。このようなコミュニケーションを取るには、きちんとご飯を一緒に座って食べる必要があり、テレビなどはつけないようにしましょう。

子供と一緒にいる時間は子供に注意を払うようにする

最近では子供が親の気が散っていることを気にしているということがあります。スマホをいじったりなど忙しく、子供とのコミュニケーションに時間を割いていないのが実態です。お手本としても良くない行動ですし、子供への尊敬を欠く行動だと言えます。

子供が何か話したいときにはほかのことは置いて、きちんと注意を払ってあげるようにしましょう。もし忙しくて子供の相手ができない場合は、きちんとそのことを子どもに伝えてわかってもらいましょう。説明をしないで子供を放置するということは禁物です。あなたの時間を子どもに割くということは非常に重要なことです。

何か一緒にできる活動のプランをたてる

一緒に過ごす時間というのが子どもにとっての一番のプレゼントと言えるでしょう。ただ時を過ごすのではなく、中身の濃さも重要になります。子供と一緒に家で過ごす時間も、お互い別々のことをやっているのでは意味がありません。これでは一緒に時間を過ごしていることにはなりません。

土日などの時間を有効に使い、家の外でできる遊びや体験を子どもと一緒にプランを立てましょう。スポーツでもいいですし、工芸でもいいですし、何か一緒に趣味があるということは素晴らしいことです。共通の楽しみがあると、親子の距離はぐっと縮まります。一緒にいる分「愛している」といった言葉の表現もしやすくなるでしょう。

子どもの行動を応援したり、モチベーションをあげるような発言をすることも効果的です。子どもが大きくなると、関係も複雑になりますので、ストレートな表現は難しくなるかもしれませんが、それでも共通の趣味があるということは親子の絆を深める一歩となります。

子供に愛情を伝える-baby-father-sunset

子どもに感謝する

「ありがとう」の一言は、子どもを受け入れ、感謝をしめす上で大事な言葉となります。親が子どもが存在することをどれだけ嬉しく思っているのかを伝えることができ、親子の関係が深まるきっかけとなることでしょう。

何か行動をした際に子どもに感謝するだけでなく、そこにいてくれるということに対しても感謝をしましょう。親は子どもの笑顔や単純な言葉に救われるものです。そう感じた時には、ストレートに感謝の気持ちを伝えることで、子供に愛情を伝えることができるでしょう。

あなたへおすすめ