初めてお母さんになる人が知っておくべきこと

· 2018年8月4日

出産に対峙し、その直後に新生児の面倒を見始めることは、初めてお母さんになる人みんなにとって大きな挑戦です。身体的、精神的、そして感情の面でも膨大な努力が必要とされます。この記事では、新しくお母さんになる人が知っておくべきことすべてを紹介します。

新米ママは皆、以前は何も知らなかったことに対処しなければなりません。お母さんになることは女性の一生の中で最も素晴らしい経験の一つですが、初めて子どもを産むと、恐怖や不安がたくさん出てくることは至極当然のことです。

どうやって子どもを育てたらいいんだろう?何が正常で何が異常のサインなんだろう?こういった疑問がわいてきます。

赤ちゃんの最初のうんちの色が変な色だったり、赤ちゃんのお腹が頻繁に痛くなったり、それに加えて頼んでもいないアドバイスの嵐…お母さんになるとこういったことに圧倒されてしまうかもしれません。

そこで、この記事では新米ママさん皆が直面する現実について、おおまかに説明しようと思います。注意して、時が来たら初めてお母さんになる人が知っておくべきことのリストのメモを取ってください。

新米ママの知っておくべきこと

授乳について新米ママが知っておくべきこと

新米ママは、赤ちゃんにとっては母乳よりいい食べ物はないのだということを心に留めておくべきです。母乳は赤ちゃんが必要な栄養全てをカバーしており、赤ちゃんの感情や知的な発達に影響があります。また赤ちゃんの免疫力も強めてくれます。

授乳は子どもにたくさんのメリットがあるだけでなく、あなたにとっても健康的です。授乳は出産後の疲労からお母さんが回復するのを助けてくれるということが証明されてきました。また、これにより産後うつのリスクも減らすことができます。

その他に新米ママとして頭に入れておいた方がいいことは、授乳中に赤ちゃんとアイコンタクトを取り、コミュニケーションをとることです。こうすると、お母さんだけが子どもと結ぶことができる固い絆を作ることができます。

お子さんに母乳を与えようと決めたら、最初は乳首が荒れるかもしれないということを覚えておきましょう。これを避けるためには、出産前や授乳が始まってからでも、カレンデュラクリームを乳首に塗るといいでしょう。

最初のおむつ替えは、初めてのお母さんにとっての挑戦

赤ちゃんの最初のうんちが暗い色をしていることに気づいても、心配することはありません。初めてお母さんになる人は怖いと思うかもしれませんが、これは全く普通のことです。

この暗い色のうんちは胎便として知られるものです。しばらくすると、うんちの色が明るくなってくることに気づくと思います。

他にも新米ママが神経を削ってしまうこととして、おむつを頻繁に変えなければならないということもあります。一般的に、一日12枚のおむつ替えが勧められています。言うまでもないことですが、おむつ替えの度にきちんと清潔を保つことが必要です。

赤ちゃんのおしりを温かいお湯で洗ったり、カルシウム質の油とコットンを使いましょう。他にもぬれタオルを使うという方法もあります。その方法が赤ちゃんの肌にアレルギー反応を起こさないのを確かめることが重要です。

よくあるおむつかぶれを防ぐためには、肌が呼吸できるようにしばらくおむつをつけないでおいてもいいでしょう。そうすると肌荒れを防ぐことができます。

湿疹が出ている場合は特別なクリームを使用しましょう。

あの腹痛!

初めてお母さんになる人は皆、それについて人が話しているのを聞いたことはあっても、簡単にはそれだとわからないだろうと思っています。

大丈夫、すぐにわかります。お子さんがお腹の痛みを感じると、泣き止まず、なにを試しても落ち着くことはないからです。

このお子さんが感じる不快感は、自分で吐き出せない空気のせいで起こります。疝痛をなだめ、空気を吐き出すための一連のマッサージをしてあげるといいでしょう。

また赤ちゃんの脚を持ち、自転車をこぐように上下に優しく動かしてあげるのもいいでしょう。また、赤ちゃんのお腹を時計回りにマッサージしてあげたり、アントトレイルテクニックを使ってもいいでしょう。

お風呂の時間

ご存知のように、へその緒が取れるまでお子さんをお風呂に入れることはできません。しかしスポンジやこの頃の赤ちゃんをきれいにするために特別に作られた製品などを使い、赤ちゃんをきれいにすることはできます。

まず、赤ちゃんのへその緒のケアをしなければなりません。へその緒は、アルコールに付けたコットンボールなどで消毒しましょう。そうすると早くへその緒が乾いてとれやすくなります。

また、しっかり注意を払い、臭いにおいや、血液、膿などがおへその周りにある場合は小児科に相談すべきです。

お風呂の時間については、毎日同じ時間、できれば夜に入れるのがお勧めです。ルーチンにすると赤ちゃんが順序の感覚と安心を得られるだけでなく、赤ちゃんをリラックスさせ眠りやすくしてくれます。

お湯の温度は約37度で、部屋を暖かくし、空気が流れるのを防ぐためドアも閉めましょう。赤ちゃんが冷えてしまう前にさっと乾かせるように、タオルを手元に準備しましょう。

初めてお母さんになる人と赤ちゃんの睡眠サイクル

赤ちゃんが窒息するのを防ぐため、赤ちゃんをお母さんの傍に寝かすことが推奨されています。また、それにより乳幼児突然死症候群のリスクも減らせます。

また、生後6カ月までは両親と同じ部屋で寝ることも勧められています。

新米ママがやりがちな間違いとして、日中赤ちゃんが寝ているときに物音をたてないようにするということがあります。家の通常の活動音の中で寝ることで、それに慣れさせることがベストです。

新米ママと睡眠

赤ちゃんは最初夜寝てくれないのが現実です。しかし赤ちゃんが昼と夜の区別がつくようになり、暗闇と睡眠を関係づけられるようになることが大切です。

生後1カ月半で、朝と夜のサイクルと睡眠のパターンが一致してきます。そうすると赤ちゃんは夜寝るようになってきまます。

逆流を防ぐために、ベビーベッドは少し傾いているものがよいでしょう。赤ちゃんが安心し守られていると感じるために、赤ちゃんのまわりにクッションを敷き詰めるべきだと専門家は提案しています。スペースを少なくすると、常に触れ合っているような感覚を与えることができるのです。

涙と叫び声

えっ?赤ちゃんの泣き声はどれも同じでしょうって?お母さんの世界へようこそ。

あなたは赤ちゃんの異なるニーズに合ったさまざまなタイプの泣き方に気が付くことになるでしょう。以下は最もよくある4つです:

  • おむつを替えてほしい。
  • お腹が空いているか、のどが渇いている。
  • 眠い。
  • 暑すぎるあるいは寒すぎる。

これらの基本的なニーズを全て満たしても赤ちゃんが泣き止まないとき、きっとあなたは不思議に思うでしょう。そういうときはキスやハグをたくさんしてあげ、赤ちゃんに愛されている、ケアされていると感じさせてあげましょう。

これらの瞬間を楽しんでくださいね!

初めてお母さんになる人:自分だけの冒険の始まり

出産に対峙し、その直後に新生児の面倒を見始めることは、初めてお母さんになる人みんなにとって大きな挑戦です。身体的、精神的、そして感情の面でも膨大な努力が必要とされるからです。

自分の経験不足や疲れについて心配になるのは普通のことです。ですから、助けを求めることには何の問題もないのです。

お母さんになるためのチップが埋め込まれて生まれてきた人もいなければ、新米ママを世界で一番んのママにする魔法のレシピもありません。

道はそこを通ることでできます。景色を楽しんで良い旅を心がけましょう。