我慢強くなりたい親への5つのヒント

· 2018年9月27日

将来、子供の鏡となる親にとって、忍耐力はとても大切なものです。今回は親であるあなたの為に我慢強くなるヒントをご紹介したいと思います。

子供は成長するにつれて親に多くを求めるでしょう。そんな時は我慢強く、落ち着きを保つことが親にとって大切です。これから紹介するヒントをできる限り参考にして、問題に的確に対処しましょう。

我慢が出来ない親がもたらす影響は、そうでない親と比べて大きく異なります。複雑で対処の難しい状況は、子育て中には必ず訪れます。たとえば、子供に言うことを聞くよう言った後、その返事が期待したいとものと違った場合などです。

また、親の我慢が足りないと、それは子供に伝染します。

親として、このような場面がたびたび訪れることを理解しておきましょう。深く息を吸って、違った向き合い方が出来るようにならなけらばなりません。自分にとって都合の悪い状況は、すべてを違った見方に変えていくための良いきっかけだと心得てください。

これからご紹介するヒントは、我慢強さを試される状況において、心の平静を保つ助けになります。あなたは子供の見本となる存在であることを忘れてはいけません。彼らはあなたの行動を真似するのです。

 

我慢の足りない親:どうやったらそれが分かる?

怒っている親

叫んだり、攻撃的だったり、すぐに泣いたり、物事を投げ出したりするのは、親の我慢が足りていない証拠の一部です。子供のしつけは簡単なことではないので、嫌になったり、諦めたくなることもあるでしょう。ですが、それが普通になってしまってはいけません。

子供を見れば家での親の様子も分かります。ですので、あなたと似たような行動を子供が外でとっていても驚かないでください。自分の責任を差し置いて、子供を評価するのは公平ではありません。

我慢とセルフコントロールは親にとって不可欠なものです。

疲れきっていたり、嫌なことがあった日、1人になりたいと思うこともあります。愛する子供に感情をぶつけてしまう前に、セルフコントロールを学びましょう。何が出来るか、どうやったら強くなれるかを考えてみてください。

 

我慢強くなれるヒント

常に元気いっぱいの子供に、どうにもならない気持ちでいっぱいになることもあるかもしれませんが、平静を失わないでおくことは大切です。声を荒げたり、不必要な罰を与えることは、これから紹介することを実践すれば避けることが出来ます。

子供と話す

平静を保つ:怒っても大声を出したり怒りを爆発させないようにしましょう。自分が感情のコントロールが出来ていないのに、子供にそれを押し付けることは出来ません。子供の話に耳を傾け、愛情を持って間違っていることを正してあげましょう。

行動に一貫性を持つ:あなたの言っていることが正しいかどうかではなく、あなたの行動を子供は見ています。子供に怒鳴らないよう教えたいなら、あなたも怒鳴らないようにしてください。もし子供にテレビをあまり見て欲しくないのなら、テレビを消して、あなたも本を手に取りましょう。

こちらもご覧ください 子供を怒鳴る子育てが良くない理由

気持ちを理解する努力をする:子供の気持ちになって考えてください。子供の感情(怒り、恥じらい、恐れ、悲しみ、苛立ち)を理解しようとしてください。もし彼らの気持ちと繋がることが出来れば、問題解決に向けてもっと良い方法が見つかるかもしれません。

気持ちに余裕を持つ:「ダメ」という言葉ばかりが耳に入ると苛立ちを感じるものです。あまり厳しくしすぎないで、新しいものを探検したり模索する空間を与えましょう。「私が言ったらダメなものはダメ」などという、信頼性を失うような言い合いはするべきではありません。

忍耐強くある:理解出来なかったり、疲れていたり、何かに落胆している時は忍耐力がなくなります。辛い時間は必ず通り過ぎます。子供とどうやったらもっと近くなれのか、機会をじっくり見て、怒りで距離を作ってしまわないようにしましょう。

もし我慢できなくて悩んでいるなら、今回紹介したヒントを試してみる価値はあると思います。子供の人生に関わることなので、前向きに考えてみてください。そして、子供の行動に、自暴自棄になったり、諦めたりするのはもうやめましょう。

https://youaremom.com/5-tips-for-impatient-parents/