小さい頃に旅行を経験する効果とは?

2018年6月4日

小さい頃に旅行を経験すると、人の人生を完全に変えてしまうものです。自分とは違う生活や文化を知り、個人の信念や物事の見方を考え直す機会を与えてくれます。

子供でも旅行するチャンスを逃さないようにして、その先の人生を大きく変える経験ができるのです。

誰もが予定が詰まって義務に追われた生活をしている中、それにストップをかけて周りをゆっくり観察してみるのも、人生の問題に対する万能薬と言えるのではないでしょうか。

新しい旅先について学ぶと、私達の心が開き、人生の様々な面でプラスになります。

大人に旅行の相乗効果がそんなにあるとすれば、子供にはもっと良いはずです。これからこの世界を見い出して、「はるか遠い所」にあるもの全てに感動するに違いありません。

小さい頃から子供に旅行をするのは、親としてぜひ子供に伝えたい習慣です。

その理由を、これから詳しく探求していきたいと思います。

旅行とは、先入観と偏見、視野が狭い人に、

致命的な結果をもたらす行動である。

– マーク・トウェイン –

旅行を経験する効果

荷物の準備をして、2・3日家を空けて何か冒険しに行くのは、身体のためにも心のためにも良い事です。旅行には次のような効果があります。

  • ストレス減少:仕事、責任、様々な問題から離れることで、充分に休息し、エネルギーを回復できるので、幸福感をもたらします。あまり事前に計画しすぎると、旅行後のストレスになってしまい、旅行前よりもっと重症になってしまうので気を付けましょう。
  • 脳への刺激:新しい場所、匂い、味などを経験すると、未知のものを理解し吸収しようとして脳が活性化されます。そのため気持ちを若く保ち、新しい情報を取り入れることができるのです。
  • 精神的安定の促進旅行すると自信がつきます。新しい食べ物、規則、言語に慣れ順応していかなければならないので、自分のチャレンジとなります。さらに生の経験は、お金で買える物に比べられない位、幸せな気持ちにさせてくれます。
小さい頃に旅行を経験

小さい頃に旅行を経験するのはもっと良い

大人にとって旅行経験がそれだけ良ければ、幼い子供はもっと影響されて学ぶところが多いでしょう。

慣れた自宅を離れるのは、子供にとって未知の世界へ踏み出すようなものです。

どの位離れた場所へ行くのか、どうやってそこへ到着するのか、そしていつまた家へ戻ってくるのか分かっていないのです。

子供と一緒に旅行へ行く3つの利点をご紹介します。

1.新しいものの見方を得る

子供時代この世界を分析して解釈することが、そのまま自分のものの見方になっているものです。

ところが子供が自分の街、国、大陸を離れると、また違った視点から人生を見ることを学びます。

それまでに習得したことが全てではないと気付くのです。

たくさんのことを観察しながら、子供の人生に新しい生活感を取り込んでいき、様々な仕事、人間関係、そして環境を尊重し、価値あるものと見なすようになります。

今まで味わったことのないような食べ物を試したり、新しい種類のスポーツを見たり、違う言葉を耳にしたりできるのです。世界には選択肢がたくさんあり、あとはそれを見つけることができるかどうかというだけです。

2.好奇心がわく

今まで知らなかったこと、想像もしたことがなかったことを学んで、子供は質問がたくさんあるでしょう。

なぜこの場所ではこの言葉を話すのだろうか。どうしてここの人たちはこの食べ物が好きなのか。この歌の題名は何だろう。

旅行を通して、子供の感覚が呼び覚まされるのです。子供は見るもの全てを認識しようと、集中して観察します。

その結果、思慮深く、鑑識眼があり、理性のある心を子供に植え付けます。

存在するものと出来事にはすべて理由があり、子供はどうしてもそれを知りたいと思うのです。

小さい頃に旅行を経験する

3.人間関係と人生を向上させる

幼い子供を連れて旅行に行くのは、家族みんなが大変なものです。

普段の生活では無いような、1日24時間ずっと一緒の状態でいるのに、お互いの協力と忍耐力が必要です。

旅行に行くことで、新たな体験を通して家族の絆が深くなり兄弟姉妹や親子が旅の友になる機会となります。

親子共々、新しい経験に直面し、それぞれが何をしているかではなく、家族の周りで何が起こっているかが重要になってきます。

旅行してから、家族はより団結し、臨機応変にできるようになります。

子供を連れて旅行する時のアドバイス

お子さんを連れて旅行する予定がある方に、ぜひ次のアドバイスをご紹介します。

  • 病気に関する本も含めて、必要な書類を忘れずに持参しましょう。
  • 子供の安全に関するもの、ベビーフードや間食、洗面道具など必要なものを荷物に入れてください。
  • 一般的な小児用の薬は、いざという時に便利なので持参しましょう。(緊急の場合は自己治療をせず、専門家に診てもらうようにしてください。)
  • 旅行中の予定はあまり詰めずに、休息を入れたり、最終調整をする時間を設けます。
  • 人込みの多い場所は避けるようにして、日陰のある場所や子供連れでも大丈夫な施設を探しましょう。
  • 常に子供のための食べ物、飲み物、おもちゃを手元に置いておくと便利です。

最後に、旅行を楽しむようにしましょう。必要な準備と用心深さ、そして積極的な態度があれば、その旅行が子供にとって非常にかけがいのない思い出になります。

小さい頃に旅行を経験することは、先々子供が新たな人生観を持って生きていくための、世界への窓を開けることになるのです。

あなたへおすすめ