出産の恐怖を克服するためのアドバイス

· 2018年9月16日

多くの妊婦は、出産予定日が近づくにつれて恐怖を感じ始めます。情緒や心の平穏に影響をもたらす場合があるので、その恐れを克服することは非常に重要です。出産という素晴らしい瞬間を勇気を持って迎えられるようにしましょう。

赤ちゃんが生まれて産声を聞けば恐怖はすぐに消えますが、不確かなものに不安を抱くのはごく自然なことです。

特に、子供を出産する過程は多くの不安が生じます。陣痛が始まった時から、子供が出てくるその瞬間まで、万が一何か悪いことが起こってしまったらと非常に不安を感じてしまいます。

妊婦にとって最も一般的な恐怖は出産の痛みです

女性の体はスムーズに子供を産めるように作られていることを忘れてはいけません。ですから、自信を持つことが素晴らしいお産を体験するための最初の秘訣です。

多くの子供を出産した経験のある母親たちが、出産の時に感じた不快感を覚えていないのを不思議に思うことがあるでしょう。しかし、それはどうしてでしょうか?答えは簡単です。それは体の中に秘められた強い力と関係があるのです。

赤ちゃんを産むという行為は、9カ月間お腹の中で育った赤ちゃんに、あなたがどれだけ強く会いたいと感じているか改めて気づかせてくれる有難いプロセスでもあります。

赤ちゃんが無事に何事もなく生まれて来て欲しい、早く子供の泣き声を聞きたいという願いは、出産の際に自分自身を励まし、力を与えるモチベーションと変わるのです。

出産の恐れを克服するためのアドバイス

お産の瞬間

最も一般的な恐怖は痛みですが、出産にまつわる恐れには様々なものがあります。それらの恐怖が妊婦たちを更に不安にさせています。例えば合併症、非嫡出子、期待していたものと違っていたり、病気や障害を抱えた赤ん坊の出産などが挙げられます。

では、人生において最も美しい日が近づくにつれ、よく耳にするいくつかの質問を今からご紹介します。

もし出産のサインじゃなかったら?

不快感や奇妙な感覚を感じ始めたら、恥ずかしがらず、すぐに診療所へ行ってください。臨月になると、クリニックは出産に備えて最大限対応してくれます。時に早い段階で子宮の収縮を感じ始めるかもしれませんが、体がまだ完全にお産の準備が整っていない場合もあります。。

病院に間に合わなかったら?

通常、さまざまな症状によって分娩の時期が近づいてきたことがわかります。例えば、粘膜の塊(粘液栓)、破水、一定の間隔で頻繁に現れる陣痛などいろいろな症状が見られます。常に産婦人科の電話番号を手元に用意して異常を感じたらいつでも連絡出来るようにしてください。

分娩室で不安になったら?

すべてのステップにおいて、お産のスペシャリストのであるチームが全力でサポートしてくれるでしょう。いつ産まれてきてもいいように常に準備をしているので心配しないでください。

泣きたくなったら?

お腹にいる赤ちゃんはあなたの感情を全て感じられることを忘れないでください。静かに落ち着いてあなたの心配が伝わらないようにしてください。あなたと赤ちゃんは、赤ちゃんがこの世に生まれてくるその最後の1秒までチームなのです。

会隠切開術は痛い?

会隠で行われるこの切開術は膣が避けるのを防止します。それは局所麻酔または硬膜外麻酔で行われます。

赤ちゃんが泣かなかったら?

心配しないでください。赤ちゃんの反応はそれぞれです。泣きわめく赤ちゃんもいれば、静かに生まれてくる赤ちゃんもいます。

恐怖を克服するためのアドバイス

出産を控えているのであれば、妊娠中に指導を受け正しい知識を身につける必要があります。これにより不必要な恐怖や根拠のない噂を気にすることがなくなります。

またヨガや妊婦の集まりに積極的に参加し、お互いに情報を共有しあったり悩みを相談したりすることも価値があります。

エネルギー的なつながりを感じ、出産を楽しんでください

チャンスがあればいつでも休んで下さい。お産が待ち遠しくなるようなアクティビティをするのも1つの方法です。

例えばベビーシャワーを企画したり、赤ちゃんの服を購入したり、赤ちゃんの部屋を整理したり、マタニティーフォトを取るなどやりたいこと全てやってみてください。

本当に新しい家族に会う時が来たら、あなたは自然の偉大さを理解するでしょう。体は非常に賢く、どうやって赤ちゃんをこの世に運んでくるか全てわかっています。自分自身を信じてください。最高の瞬間はもうすぐそこまでやってきています。

https://youaremom.com/overcome-fear-giving-birth/