ティーンエイジャーのプライバシーを尊重する重要性

· 2019年3月6日
子どもが急に変わったと思うことはありませんか?それは思春期になっただけなので心配は要りません。でもこれからは子どものプライバシーを尊重するようにしましょう。

思春期は親にとっても子にとっても、それ程複雑なものでなくてもいいのです。親の方がティーンエイジャーのプライバシーを尊重する努力さえすれば、この時期を乗り越えられるでしょう。

プライバシーを尊重してプラスな効果を得るために、以下の実用的なアドバイスを参考にしてみてください。

ティーンエイジャーのプライバシーを尊重するのがなぜ重要なのか?

思春期におけるプライバシーは、決して小さな問題ではありません。ティーンエイジャーは心も身体も変化して大人になっていく途中段階にあるので、プライバシーをとても重要視しています。その過程で内面と向き合う空間が必要なのです。思春期の子どもは一人で過ごしたがります。

この時期子どもは自己存在について悩み、自分の好みと不安を見つめて、自分らしさを探しているのです。その時プライバシーは非常に重要になってきます。

どのようにティーンのプライバシーを尊重できるか?

まず最初に大事なのは、子どもを尊重しているということを示して、思いやりを持って対応する必要があります。さらに家庭での子どもの場所も尊重しなければいけません。

それを頭に入れて、以下の便利なアドバイスを見ていきましょう。

ティーンエイジャーの寝室

ティーンエイジャーのプライバシーを尊重する一つの方法は自分だけの寝室を与えることです。家の中で寝室は子どもの安全地帯なのです。自分自身を見つけ出し、自由に笑ったり泣いたりして、友達と過ごす場所です。両親はその必要性を理解して、その空間を尊重しなければいけません。

子どもの寝室に入る前に必ずノックしてからドアを開けましょう。そうすれば子どもを尊重していることを示すと共に、子どもを信用しているという意味にもなります。

 

子どもの好みを尊重する

寝室のインテリアに関して、子どもの個人的な好みを尊重してあげましょう。子どもの好みが親と違っていても、他の部屋と合わなくても、それでいいのです。

自分が好きな部屋の飾り方を、ティーンエイジャーに無理やり強制するのはやめましょう。そんなことをしたら、息子や娘と衝突して無視されるだけです。

家庭のルールを設定する

思春期の子どもが従えるような、明確な基本原則を設定しておくのは不可欠です。それでも親の方もティーンを尊重し、他の家族達に対しても同じように扱うことで、お手本となる必要があります。

さらに今まで通り、思春期の子ども達に愛情を持って接して親密さを表現すると、親子の心のつながりを保っていけます。

ティーンエイジャーの プライバシー を尊重する

強制しないで提案をする

何か指示する時に、子どもとのコミュニケーションの仕方に気を付けるのは重要です。落ち着いて、毅然な態度で接するのが良いでしょう。子どもの部屋は自分で片付けさせて、残りの部屋も含めてどこも清潔に片付けておくように実践してください。

それと共に自分の部屋をきれいにしておくことは、他の人への思いやりでもあることも伝えましょう。子どもに怒鳴ったり言い合いをすると、拒否して反抗心をいだくばかりです。

子どものプライバシーを尊重するのは、何歳から始めればいい?

思春期に入る前から子どもはプライバシーを求めています。大抵子どもが11~13歳位からその傾向が見られます。

その頃から子どもはやりたい事をするのに一人になりたいので、邪魔されない自分の空間を欲しがります。親はそれを尊重してあげることが大切なのです。

ティーンエイジャーと自律性

遅かれ早かれ子どもの自律性が確立していって、プライバシーを尊重する時期がやってくるのです。

子どもはどんどん成長してしっかりしてくると共に、色々な事を自分で決めて、友達を選び、着る服を選びたいと思い始めます。自分の好きな音楽もはっきりしてきて、休みの日の計画も自分で決めるようになるでしょう。

両親はいつでも相談にのってあげられる状態で、さらに子どもが自律心を磨く練習ができるようサポートしましょう。結局のところまだ子どもなので、責任ある大人の管轄の対象となります。

何かしてもいいという許可を与える際、矛盾がないように気を付けましょう。つまり子どもの自律性を重要視すると言っても、家庭のルールに違反してはいけないということです。

こちらの記事もお勧めです:青年期になる前に子どもが身に付けるべき6つの習慣

それと同時に子どもが何か新たな状況に直面する時には、親がしっかりとサポートするようにして下さい。初めて友達と外出する、金銭管理をする、異性との関係についてなどもそれに含まれます。

さらに両親は子どもにとって悪徳な薬物使用、たばこ、アルコールなど、不健康なものを避けるように教えなければいけません。もちろん法律を守って、良い人間関係を保つことについても指導しましょう。

ティーンエイジャーは内面と向き合う空間が必要なのです。思春期の子どもは一人で過ごしたがります。

ティーンエイジャーのプライバシーを尊重する

子どものプライバシーを尊重するというのは、非難することでもなければ、人前で子どもの個人的な話をするという意味でもありません。

自分の話をしたいかどうかは、子どもに任せなければいけません。もし子どもがそれを望んでいなのであれば、その気持ちを尊重してあげましょう。

こちらも参考にして下さい:10代の子供と話すべき5つのこと

この時期は兄弟姉妹やいとこ、友達や級友など、他の子どもと比べないようにすることが極めて重要です。

プライバシー ティーンエイジャー 思春期

子どもが反抗したらどうすべき

ティーンエイジャーによっては、反抗的な態度を示す子どももいます。しかしそれは一人前になるための通過点なのです。大人は概してティーンエイジャーに対して良いイメージを持たない傾向があります。思春期の子どもはエネルギーが有り余った理想主義者で、正義感が強すぎると、大人は思っています。

しかし彼らの過激な行動も、たまにはプロの手助けが必要になることもあります。心理士、セラピスト、精神科医など、手に負えない子どもの反抗について専門家に相談することが必要になることもあります。

結論として、ティーンエイジャーのプライバシーを尊重することで、子どもの肉体的・感情的成長発達に貢献しましょう。その結果子どもは責任ある、落ち着いて幸せな大人になる準備ができるのです。