妊婦にぴったり!美味しいジュース3選

· 2019年2月23日
妊娠中に必要な栄養素を全て摂取するのに役立つのは、色とりどりで様々な味の美味しいジュースです!今日は素晴らしいレシピをいくつかご紹介します。

妊娠中に良い食生活を送ることが健康な赤ちゃんをこの世に送り出すための鍵と言っても過言ではありません。この記事では、あなたの食生活を補うのにぴったりな美味しいジュースをいくつかご紹介します

子宮に赤ちゃんが宿ると、女性が必要とする栄養素は倍増します。ですから、健康的でバランスのとれた食事が不可欠になるのです。ただ過剰に食事の摂取量を増やすということではなく、食事の「質」を大幅に向上させるのが大切です。

こちらもお読みください:妊娠中に空腹になってはいけない4つの理由

1. ハナダイコンとペパーミントのジュース

次の材料をよく洗い、ブレンダーに入れて「高速」で3分間混ぜます。

  • レモン汁
  • ハナダイコン 1カップ
  • ミントの葉 中〜大サイズ 15枚
  • 皮をむいたきゅうり 1本
  • ほうれん草の葉 1カップ

週に4回、空腹時にこのジュースを飲みましょう。飲んだ後に朝食をとるまでに、30分は待ってください

このジュースのメリットはいくつかありますが、その中でもむくみを取り除き、睡眠を正常化し、妊婦の免疫系を向上することなどが挙げられます。また、トリプトファン、ビタミン、葉酸などのミネラルも豊富です。

子宮に赤ちゃんが宿ると、女性が必要とする栄養素は倍増します。ですから、健康的でバランスのとれた食事が不可欠です。

2. キャベツとりんごのジュース

下記の材料をそれぞれ洗い、皮をむかずにブレンダーに入れます。

  • スライスした生姜 大さじ1
  • りんご(できれば青りんご) ½個
  • 水 1カップ
  • レモン汁 ½個分
  • ミントの葉 3枚
  • 亜麻仁 大さじ1
  • キャベツ 茎なし 2枚

妊婦にぴったりのこのジュースは、抗酸化物質、オメガ3、カルシウム、ビタミンC、鉄分が豊富です。記憶力や新陳代謝を高めるのに非常に役立ち、赤ちゃんの神経系の発達にも貢献してくれます。

 

また、このジュースはむくみと闘ってくれ、肝臓を守ってくれます。大切なのは、ブレンダーで混ぜたらすぐ頂くことです。あとで飲むために保存するのはお勧めしません。

こちらもお読みください:授乳中の母親が避けるべき8つの食べ物

食物繊維たっぷりのジュース

緑の野菜のジュースに加え、妊婦の食事を補うのに役立つ栄養豊富なジュースは他にもあります。例えば、むくみを減らして便秘の解消に役立つ食物繊維をたっぷり含むジュースです。

ジュースを飲む 妊婦 美味しいジュース

3. パイナップルジュース

材料:

  • 新鮮なパセリ 1房(5〜6枚の葉)
  • きゅうり 1/4本(皮をむくかはお好みで)
  • 刻んだパイナップル 1カップ
  • 水 150ml
  • 生姜(塩漬け)小さじ 1/2
  • ウチワサボテン 半分
  • はちみつ 少々

まず、きゅうり、パイナップル、サボテンの皮を取り除き、よく洗います。次に、それぞれを小さく切って、ブレンダーに入れ、水を少しずつ入れながらトロっとするまで混ぜます

均等に混ざったら、パセリとおろし生姜を入れて混ぜ、お好みの甘さになるまではちみつを加えます出来上がったらすぐに頂き、保存はしないでおきましょう

きゅうりとサボテンが、便秘の解消に役立ちます。一方、パイナップルとパセリの組み合わせは、ビタミンB6・B1・Cだけでなく、葉酸も含み、妊娠に最適です。

今回ご紹介したレシピを試すと、きっとフルーツと野菜を組み合わせたジュースが大好きになるはずです。この組み合わせは、エネルギーを与えてくれて、妊娠中の不快感を解決するナチュラルな方法ですよ。