子どもがおいしく食べられる4つの野菜ピュレレシピ

2019年2月11日
野菜を食べるというヘルシーな食習慣を身に付けるのベストな方法は、小さいころから始めることです。幼い頃から野菜に慣れておくことで、子どもが栄養をしっかりとれるようになります。

野菜はヘルシーな食事のカギとなる大切なビタミンやミネラルを供給してくれます。ですので、今日はお子さんのために作ってあげられる4つのおいしい野菜ピュレレシピをご紹介したいと思います。

子どものために、様々な野菜ピュレレシピを手元に置いておくと非常に便利です。これは、子どもにあげられる最も栄養の多い食事の一つだからです。

また、家族の食事の中に新しい味を取り入れるのにもとても良い方法です。

ピュレ状になった野菜は、お子さんにあげる食べ物を変化させる上でもベストな方法の一つです。これは赤ちゃんにも年齢が上の子どもにも当てはまります。

ヘルシーでもありおいしくもある味を組み合わせるために、毎週のメニューの中に野菜ピュレを取り入れてみましょう。

子どものための野菜ピュレ:味と栄養

クリーミーなペーストを作ることは、お子さんに食べ物をあげるための楽しい方法ですし、さまざまなやり方で行うことができます。これはおいしいだけでなく、栄養もたっぷり入っています。また、新しい味にやっと親しみ始めた赤ちゃんに理想的です。

ところで、赤ちゃんにはいつからピュレをあげ始めることができるのでしょうか? これは小児科の先生に相談した方が確実でしょう。

かかりつけの小児科の専門の先生にこのプロセスについて聞いてみてください。ピュレ状の食べ物を始めるのはいつがいいか、またどんな材料から始めたらいいかなど、気になることは詳しく聞いてみましょう。

しかし、参考までにいうと、ほとんどのケースで離乳食は生後6ヵ月頃から始めることをお勧めしています。

野菜ピュレレシピ

1.グリーンピースピュレ

材料

作り方

  1. ジャガイモの皮をむき、小さく刻みます。ネギも刻み、熱湯の入った鍋に入れます。
  2. テーブルスプーン4杯分のグリーンピースを加えます。ジャガイモが柔らかくなるまで煮込みましょう。
  3. 鶏むね肉を切り、野菜に加えます。そのまま5分待ちます。
  4. 鶏肉と調理した野菜、煮汁を少々フードプロセッサーかブレンダーに入れます。塩を一つまみ入れ、滑らかになるまで混ぜます。
  5. 最後に、さらに味を足すためにピュレにオリーブオイルを少しかけて完成です。

2.ズッキーニピュレ

材料

  • 野菜スープ 2カップ、または水 2カップ
  • ズッキーニ 大 1本
  • タマネギ 1/2個
  • ジャガイモ 大 1個

作り方

  1. ズッキーニ、ジャガイモ、タマネギ半分を切ります。ズッキーニの皮はお好みで残してもむいても結構です。
  2. 鍋の中に野菜スープか水を4カップを注ぎ、沸騰させます。
  3. 切った野菜を入れ、柔らかくなるまで煮ます。
  4. これに水を少し入れ、クリーミーな食感になるまでブレンダーかフードプロセッサーにかけます。おいしそうに見えるように盛り付けてお子さんに与えましょう。

3.ニンジンピュレ

材料

作り方

  1. 材料全てを洗い、皮をむき、切ります。
  2. そして、塩を加えずに水を沸騰させた鍋の中に材料を加えます。約20分間煮ます。
  3. 煮た果物と野菜、水をブレンダーかフードプロセッサーにかけ、お好みの濃さにします。よりとろっとさせたい場合は、水をあまり加えないようにしましょう。

4.野菜チキンピュレ

材料

  • 生の鶏むね肉 1枚
  • ニンジン 1本
  • ネギ 1本
  • ジャガイモ 1個
  • ズッキーニ 1個
  • 味付けに塩とホワイトペッパー
  • オリーブオイル
野菜ピュレ レシピ

作り方

  1. 鍋に水を入れ、沸騰させます。また、オリーブオイルを少々加えましょう。
  2. 野菜を洗い、皮をむき、小さく刻みます。
  3. 生の鶏むね肉も小さく切ります。
  4. 切った野菜と鶏肉を沸騰させたお湯の中に入れ、野菜が柔らかくなるまで約30分間煮ます。
  5. これらすべてを少量の水とともにブレンダーかフードプロセッサーにかけます。均一になるまで混ぜましょう。
  6. 味付けに塩コショウを加えます。
  7. 最後に、ピュレをボウルに入れて少し冷まして、完成です。

野菜ピュレレシピは、お子さんが新しくておいしい味を体験し始めるのに理想的です。栄養もたくさん入っているので、お子さんの健康にもとても良いですよ。