赤ちゃん向けヘルシーレシピ:新たな食感との出会い編

2019年1月19日
赤ちゃんが特定の食べ物を嫌がっても心配する必要はありません。少し時間をおいてからもう一度トライしてみてください。これは食材に慣れるための過程の一つにすぎません。

これから紹介するのは生後9〜12ヶ月の赤ちゃん向けのヘルシーなレシピです。この時期にこそ、新しい食感や風味を体験させて、様々な食材を取り入れるべきなのです。

また、この時期の子供が必要とする栄養素を食事に取り入れるためには食事に小さな変化を加えなければなりません。

子供を新しい味や食感に慣れさせるためにも、これから紹介する生後9〜12ヶ月の赤ちゃん向けヘルシーレシピに挑戦してみてください。

その際は、赤ちゃんが一人一人違うことを忘れてはいけません。新しい食物をすぐに受け入れられる子がいれば、そうでない子もいます。

しかし、そこまで心配する必要はありません。少しずつゆっくりとバランスの取れた食事を受け入れていくはずです。必要なのは時間と忍耐力です

赤ちゃんの食事に取り入れるべき食品

覚えておいて欲しいのは毎日の献立をつくることです。そうすることで、子供に様々な食べ物をバランスよく与えることができ、子供も新たな食材に慣れていくでしょう。

  • 毎日、牛肉や鶏肉、魚といったタンパク質を取り入れる。
  • 豆。(お米と組み合わせても良い)。
  • 果物は一日三切れで十分です。とはいえ、子供が受け入れるかどうかを尊重してください。

生後9〜12ヶ月の赤ちゃん向けヘルシーレシピ

この時期の赤ちゃんは成長を続けるために必要な栄養素を含んだ健康的な食事を摂るべきです。

そのためにも、これから紹介するレシピを参考にしてみてください。

ご飯と鶏肉

1.鶏肉とお米

このレシピはタンパク質と炭水化物の両方を含んでいるため、昼食に最適です。また、栄養たっぷりです。

材料

  • ねぎ
  • ズッキーニ ½
  • 白米 1カップ
  • ニンジン 4つ
  • 鶏の胸肉 ½
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 水または、チキンスープ 4〜5カップ

調理工程

  • にんじん、ねぎ、ズッキーニをみじん切りにし、蒸し鍋に入れ、少量のオリーブオイルで炒めます。
  • 鶏肉を小さく切って加え、2分待つ。
  • 米と水を加えて20分間煮る。
  • 少しすりつぶして構いませんが、できる限り細かく切ってください。赤ちゃんにさまざまな食感を味わう機会を与えてあげてください。

2.カボチャとチーズのソフトクリーム

チーズには高品質のタンパク質、アミノ酸が含まれています。また、カボチャはビタミンA、C、葉酸、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

材料

  • チーズ 1片
  • 西洋ニラネギ
  • 植物油
  • かぼちゃ 1kg
  • 粉状にしたパルメザンチーズ 75g
  • クッキングクリーム 600 mL
  • 野菜スープ 600mL

調理工程

  • カボチャを正方形に切り、玉ねぎと西洋ニラネギをみじん切りにします。
  • チキンスープに塩をひとつまみ加え、油を引いた鍋に入れます。
  • 野菜を加え、柔らかくなるまで中火で煮こみます。
  • さらにチーズとクリームを加えて、1分煮込みます。
  • 料理を提供する際に、パルメザンチーズを少しふりかけてください。

3.レンズ豆のピューレ

この時期の赤ちゃんは野菜を摂取することができます。レンズ豆のピューレは、生後9〜12ヶ月の赤ちゃんにとって、最もヘルシーなレシピの一つと言えるでしょう。植物性タンパク質を含む料理は赤ちゃんの成長に有益です。

材料

  • 乾燥パン 1切れ
  • レンズ豆 60 g
  • 野菜スープ ¼ℓ
  • オリーブオイル 小さじ1

調理工程

レンズ豆を野菜スープに加え、パンを入れてすりつぶします。最後にオリーブオイルを小さじ1杯加えて完成です。

レンズ豆のピューレ ヘルシーレシピ

4.フルーツヨーグルト

ヨーグルトは消化に良い食べ物です。また、牛乳と同等の栄養が含まれています。

材料

  • ヨーグルト
  • アプリコット 1つ
  • バナナ 50g

調理工程

  • バナナとアプリコットを切ります。
  • 切ったフルーツをミキサーで細かくします。さらにヨーグルトを加え、液状になるまで混ぜ合わせましょう。

生後9〜12ヶ月に与える食事に関する注意点

アレルギーの有無を確かめるために、初めての食材を食べさせる際には、少しにしてください。

プラムや、みかん、ぶどう、パイナップル、アプリコット、レッドベリーなどの果物を間食に取り入れても良いかもしれません。

赤ちゃんが特定の食べ物を嫌がっても心配する必要はありません。少し時間をおいてからもう一度トライしてみてください。これは食材に慣れるための過程の一つにすぎません。

この時期になると、子供をテーブルに座らせて家族の食卓に参加させて問題ありません。

また、この時期には、赤ちゃんが食べ物を手で掴んでしまうことがあるかもしれません。そういった時には見守ってあげてください。赤ちゃんの触覚の発達を促します。また、食べ物の食感に慣れる助けにもなります。

生後9ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃん向けヘルシーレシピを参考にすれば、赤ちゃんに完璧な食事を提供することができるでしょう。