出産への恐れを克服するための実践的アドバイスとは?

· 2019年3月28日
出産のプロセスに関する正しい情報を知ることが恐れを克服するためにもっとも重要です。読んだり聞いたりする誤った情報は、あなたを混乱させるだけでしょう。

一人目の出産であったとしても、そうではなかったとしても出産への恐れを克服することはとても難しく、予定日が近づけば近づくほど、難しく感じるかもしれません。

これは出産が痛みを伴い、難しく、母親と赤ちゃんの両方にとってリスクを伴うものだと言うイメージがつき回っているせいです。

しかし、これらの主張は現実とはかけ離れています。出産は通常の妊娠であれば、完全に管理されたプロセスのもとで行われ、母親にとって何か特別なリスクを意味するものではありません。

あなたの恐れを克服するため、多くの人がよく疑問に思う点にお答えすることで、あなたの抱く疑問を解決していきたいと思います。さらに、あなたの不安を克服するための、実践的なリラクゼーションのためのエクササイズもご紹介します。

出産への恐れを克服するコツ

出産のプロセスに関する正しい情報を知ることが恐れを克服するためにもっとも重要です。読んだり聞いたりする誤った情報は、あなたを混乱させるだけでしょう。

出産に関し、思いついた事をすべて、検診の際にあなたのかかりつけの医者に質問をすることがとても重要です。

出産のプロセスとは、世界のあらゆる場所において、医療の専門家たちによって完全に管理されて行われるものだということを知っておく必要があります。彼らは、赤ちゃんと母親のために必要なテクノロジーや機材を用意しているのです。

出産への恐怖心の主な原因となるあなたの疑問を解決するため、多くの母親たちから寄せられた質問のいくつかをご紹介していきます。

よくある質問

硬膜外麻酔について

出産時の硬膜外麻酔は、痛みを20分以内に和らげてくれるなど、実は大変メリットのあるものです。さらに、母親の不安を大幅に改善してくれるため、出産時の強い味方と考えて良いでしょう。

出産への恐怖を克服するコツ 出産  恐れ  克服

このタイプの麻酔方法は、あらゆる医療プロセスにおいて最もよく使われているものの1つですので、その技術や効果は保障されたものです。

会陰切開について

文字通り、会陰部へのこの切開は、母親の性器の組織を傷つけないように、外陰部の後ろから肛門にかけて行われます。また、赤ちゃんにとっても出て来やすくなります。

はい、確かに聞いていてあまり気分の良い話ではありませんが、すでに硬膜外麻酔が施されていますので、この処置がされている間は何も感じません。硬膜外麻酔を使用していない場合は、部分麻酔が利用されます。

呼吸について

あなたは出産前教室などで既に学ばれたかも知れませんが、呼吸はリラックスするために大変重要なものです。そして赤ちゃんを押し出すために、より上手にいきむ事ができるようになります。

もしあなたが恐怖や不安でいっぱいだったとしても、もしエクササイズをよく思い出せなかったとしても、もしそれらの教室に通ったことがなかったとしても、心配はありません。分娩室には医療チームのほかに、あなたを最初から最後まで常にガイドしてくれる助産師さんがいます。

出産への恐怖を克服するために最も重要なものは、出産のプロセスの正しい情報を得ることです。誤った情報は私たちを混乱させるだけです。

出産への恐怖を克服するためのエクササイズ

出産への恐怖を克服し、リラックスするためのおすすめはとてもシンプルです。出産後もきっと続けることができるでしょう。

妊婦向けのヨガ

妊婦向けのヨガクラスに通うのも良いでしょう。伝統的なリラクゼーションや瞑想のテクニックを学ぶことができ、出産の時に必要となる筋肉を注意しながら鍛えることができます。

昼寝をする・気を紛らわすこと

ストレスを感じていると体が感じたら、昼寝をするようにしましょう。十分な睡眠がとれると、あなたの体は自然なバランスを取り戻すことができるようになります。

同様に、緊張感を感じたときには気を紛らわす方法を見つけましょう。好きなお茶や飲み物を飲みながら、映画を楽しんだり、お気に入りの本を読んだりしましょう。

出産の恐怖を克服するコツ 出産  恐れ  克服

マッサージ

妊婦向けのリラクゼーションマッサージもまた、あなたに心の平和をもたらしてくれるでしょう。もしあなたが、スパやマッサージ師のところへ行けなかったとしたら、あなたのパートナーや身近な家族に、エッセンシャルオイルを優しく足をさすってもらったり腕や手、肩などをマッサージしてもらうとよいでしょう。

最後のおすすめとして、妊婦向けの出産前教室にはできるだけ通うようにしましょう。出産に関して知っておくべきことが勉強できるだけではなく、他の母親たちとも交流することができ、彼女たちの経験を聞くことによって気持ちが落ち着くかもしれません。