出産の不安を取り除く方法

2019年4月8日
初めての妊娠ではどうしても出産が不安になるものです。この記事では、どのように出産の不安を取り除くことができるのかご紹介します。

ほとんどの女性は出産のことを考えると心配になります。そして、その不安は大抵の場合、社会的な俗説としての恐怖に基づいています。ここで重要なのは、どんな状況であっても女性は健康な赤ちゃんを産むために、必要なものすべてを備え持っているということです。

もし安産を経験したいのであれば、担当の医師を信頼しなければいけません。そして現代医学の発達はすべて、あなたの出産を成功させるようにできていることをお忘れなく。

人間は誰でも色々な不安を持つものですが、それを乗り越えることも可能なのです。ほとんどの不安は、適切な情報を習得することで、子どもを産み出す経験に取り組むための自信を持てるようになります。

また、あまり神経質にならないようにしましょう。もちろん予定日が近づいてくると、さらに不安になるのは当然のことで、しかも自分でコントロールできるものではないのです。

それでも心配しないでいる方が出産のような人生の上で特別な瞬間を満喫できる、ということを覚えておいてください。不安というのは出産の手助けにはならず、筋肉が緊張して、汗をかきやすくなり、動悸が激しくなるなど、むしろ身体によくありません。

なるべく落ち着くようにすると、子宮の機能も正常化して、出産の痛みが少しは和らぐようになるでしょう。

出産に関する情報がパワーとなる

出産の不安を取り除く良い方法は、出産に関する正しい情報を得ることです。帝王切開など、他の分娩方法の特徴などを学んでおけば、いざという時に役立ちます。

情報を知っておくと、本当の陣痛を見分けることができるだけでなく、出産日に起こり得る様々な状況に直面しても大丈夫だという力になります。

しかもよく出産の際併発する問題について知っておいて、それぞれの状態に対処できるにこしたことはありません。これらの情報によって、自分の身体をより知ることができ、意識的に分娩に取り組み、ポジティブでいられることでしょう。

出産の 不安 について 出産の不安   取り除く方法

さらに重要なのは、麻酔の効果で分娩中の痛みを和らげる、無痛分娩について気になることを全て理解しておくことです。さらに色々な情報に目を通し、出産への不安をなくすためのコミュニケーションも大事にしましょう。

気になることはすべて信頼できる医師に相談し、不安があればパートナー、家族や友人にもそれを伝えるようにして、初めて母親になる人によくある心配事を乗り越えるようにしましょう。

エクササイズをすることで、出産に向けて身体的な準備にもなります。特に足やおしりの筋肉を強化すると効果的です。

ポジティブな態度が役立つ

ポジティブな態度があれば、不安も逆境も乗り越えられます。いつでも前向きに悲観的な考えを取り去って、出産に関して得た情報に集中するようにして、今までの妊娠中の検査やエコーの結果を信じましょう。

落ち着けばいいのです。安産の秘訣は、どうやったらリラックスできるか、そこにかっているのです。もし妊婦教室に通ってもまだ落ち着けないとしたら、瞑想、ヨガ、水泳、ピラティスなどのクラスを試してみると良いでしょう。

不安をコントロールして、恐怖感を取り除くよう努力をすることが出産に役立ちます。悲観的な女性は身体中をこわばらせて、ストレスホルモンであるコルチゾールを分泌するので、出産の痛みを感じやすくなります。

一方楽観的な態度でいれば、身体が愛のホルモンとも呼ばれるエンドルフィンを分泌して痛みを和らげて赤ちゃんと深い絆で結ばれるのに役立ちます。

出産の不安   取り除く方法

もし出産中に何か予想外のことや悪いことが起こったとしても、心を強く持って現実的に考えるようにすることも不可欠です。理想的なのは、分娩に関して何事もうまくいくように、周りの人と協力していく態度です。

そして最後に自分を信じて、それまでに妊婦教室で学んだことをすべてを実践しましょう。もし全て覚えられないとしても、産婦人科医や助産婦がすぐそばで分娩に立ち会っているので、きちんと指示に従えば大丈夫です。

自分が不安に思っていることを言葉に出しましょう。できるだけ情報を得ることで初めての事に向かう不安を乗り越えていけば、赤ちゃんをその腕にしっかりと抱く頃には不安などいつの間にか消えていることでしょう。