お腹の中の赤ちゃんのキックは痛いの?

15 2月, 2019
赤ちゃんが成長が進むにつれて、赤ちゃんが自由に動くことのできるスペースは減っていきます。これによって胎動の感じ方が変わる人もいます。

全ての胎動が痛みを伴うというわけではありませんが、時には痛みを感じることがあります。赤ちゃんの動きの大きさや、その他いくつかの要因によって痛みを伴う場合があります。

ですので、母親が正しく情報を得ることが大切です。

赤ちゃんがお腹を蹴る行為には家族を魅了する力があると思いませんか?家族や友人の妊娠を知った時に、まず取ってしまう行動が赤ちゃんを感じるためにお母さんの穴かに触れることではないでしょうか。ここで問題になるのが、胎動に痛みが伴うかどうかです。

結論から言えば相対的です。お腹を蹴られると必ず痛いというわけではありませんが、痛い場合もあるでしょう。力の強さや、他の考慮すべきいくつかの要因によってかわります。

22週目からの胎動

通常、お母さんが胎児の動きを知覚できるのは22週目以降です。この時にはお腹の中をさすられたような感覚、または軽く触れられたような感覚しかないかもしれません。

これは胎児がまだとても小さいからで、子宮内には自由に動き回るスペースが十分にあります。

それから、1ヵ月半の間、お腹を蹴られたと感じることが続くと思いますが大変なことはないはずです。その後、時間の経過に合わせて、力や頻度も上がっていきます。

体勢を変える際に、胎児が子宮の壁に当たっていることを感じるお母さんも多いかと思います。

赤ちゃんが成長が進むにつれて、赤ちゃんが自由に動くことのできるスペースは減っていきます。これによって胎動の感じ方が変わる人もいます。

妊娠中の女性

28週を超えると痛いこともある

28週目を迎え、事実上、子宮の大きさが限界に達したとしても赤ちゃんの成長は止まりません。そうなってくると、胎児のわずかな動きですら、母体に害を及ぼすことがあります。

子宮の壁と胎児が頻繁に接触するようになるため、胎動は痛みを伴う可能性があります。また、成長に伴い、子供の力もどんどんと強くなっていきます。

胎児がなんらかの要因で不快さを感じると体を動かすことがあり、そしてその胎動がお母さんに痛みを与える可能性があるのです。胎動の衝動は、主に肋骨や他の臓器に伝わるでしょう。

胎動によって、息苦しく感じたり、眠りを妨げられる可能性があるのです。胎動の強さは赤ちゃんによって大きく変わります。

胎動は夜に多い

胎児が夜間により活発であるということが証明されています。夕方から夜9時までの間、胎動が増加します。考えられる理由の一つとしては食事が挙げられます。(他にも考えられますが。)

まず注意すべきは食事の内容です。糖分など一部の成分を含む食品は、子宮内の胎児を刺激する可能性があります。したがって、夕食時には糖分の摂取量を減らすことが懸命です。

気になることがあれば、医師に連絡して食事の内容を相談してみてください。

夜間は胎動の回数を数えるのに最適です。健康状態を把握するための一環として胎動の回数を数えることが推奨している産婦人科もあります。

回数を数える目的は、頻度を理解することです。それにより、今後の胎動への心と身体の準備が可能になります。

痛みの有る無しは状況によっても変わる

妊娠と一言に言っても状況は人それぞれです。もちろん、胎動に伴う痛みの有無も同じです。

例えば、初子を妊娠したお母さんでは、胎動をより敏感に感じるかもしれません。胎動にびっくりしてしまうためです。

また、お母さんが細い場合、胎動がより強く感じられるかもしれません。こう言った場合には、内臓や肋骨への衝撃も大きく感じることがあります。また、胎児の大きさや重さも考慮すべき点の一つです。

妊娠-カップル 胎動  赤ちゃん  痛み お腹を蹴る

双子や三つ子の妊娠中には、胎動の痛みが強いかもしれません。子宮内のスペースが狭いことが胎児に不快感を与える可能性があるためです。

そう言ったケースでは胎動の頻度が多かったり、不快な痛みに苦しむ可能性もあります。

 

はじめてのお母さんへのアドバイス

赤ちゃんの健康の最良の指標となるのが胎動の頻度です。子供が長期間動がなければしんぱいになりますよね?

痛みの問題については、産婦人科医の先生とと話し合うことをお勧めします。心配なことは、小さなことでも専門家の判断を仰ぐべきです。

音楽を聴かせ、赤ちゃんに刺激を与える。もしくは、休息を促したり、目覚めの際に音楽を用いると良いと言われています。また、妊娠女性用のヨガには胎動の頻度や胎動に伴う痛みを抑制する効果があります。

最後に知っておいて欲しいことは、胎動に激しい痛みが伴うのは一般的に出産前の1週間だけであるということです。