妊娠前の体型に戻るためのコツ

今回紹介するアドバイスを参考にして妊娠前の自慢のスタイルを取り戻しましょう。
妊娠前の体型に戻るためのコツ

最後の更新: 05 10月, 2018

多くの女性が、出産後には戻るだろうと思っていた以前の体型に戻せそうにないことに気付くことがあります。妊娠の十月十日の間に増えた体重は、赤ちゃんが生まれたからといって簡単になくなるわけではないのです。

今回ご紹介するアドバイスは、短期間で妊娠中に増えた体重を落として以前の体型に戻るための強い味方になるでしょう。ぜひ参考にして妊娠前の自慢のスタイルを取り戻しましょう。

出産後、妊娠前の体型に戻るためのアドバイス

もちろん、妊娠出産後の身体の状態にふさわしいエクササイズのルーティンを実行することが体重を落とすために重要なのですが、適切な食事と食習慣を伴ってこそエクササイズが生きてきます。

あなたの健康的な習慣を家族も共有するようにし、家族全員の生活の質を高めましょう。また母乳育児を選択する場合は特に、口にするもの一つ一つに注意しなければいけません。生まれたばかりの赤ちゃんに最高の母乳を与えられるようにしっかりと栄養をとってください。

 

ピンクのスニーカーの足元

1. 起き上がり、エクササイズをしましょう。出産後まもないママたちの多くは、通常より眠気や疲れを感じますが、それはベッドにもぐりこんでいるばかりの理由にはなりません。初めは軽いエクササイズから始めるようにして、出産後6週間経ったら、または帝王切開での出産だった場合はさらに2週間待ってから、もう少し負荷の高いエクササイズのルーティンを始めましょう。

 

2. 可能であれば、母乳育児をしましょう。母乳育児のプロセスのためには、通常よりも500キロカロリー多く摂取する必要がありますが、同時に1日当たり600から800キロカロリーを燃焼します。母乳育児を止める時は、栄養面でアンバランスとならないように食生活も変更する必要があることを忘れないようにしましょう。

 

3. ダンベルを使ってあらゆる筋肉を強化しましょう。ダンベルエクササイズは代謝機能を早めるために非常に効果的な方法の一つです。またそのためにジムに通う必要もなく自宅で、手に入りやすい道具を使って実行することができるというメリットがあります。

赤ちゃんとエクササイズをする女性

4. 摂取するカロリーと脂質をコントロールしましょう。出産後体型を取り戻す最も効果的な方法の一つは、炭酸飲料や調理済み食品に含まれる「空っぽのカロリー」を摂らないようにすることです。これらの食品の代わりに、赤身の肉のたんぱく質や全粒穀物、野菜、低脂肪乳製品などを摂りましょう。

 

5. 1日の食事をしっかり分配しましょう。1度に大量の食事をするよりも、1日に何度も少量の食事を摂る方がずっとおすすめです。このシンプルな方法の効果は、血糖値をコントロールすることと、1日に摂る食品の量をオーバーしないようにできることです。

 

6. 昼寝をしましょう。妊娠中に増えた体重を落とすのに効果的な方法の一つに、十分な睡眠時間を取ることがあります。出産後の睡眠の乱れは代謝を乱し、より痩せにくくします。可能であれば、あなたのエネルギーを取り戻すために赤ちゃんが眠る昼寝のうちのいずれかは一緒に眠りましょう。

 

7. ヘルシーなおやつを食べましょう。食事と食事の間に砂糖を摂り過ぎると、すぐに血糖値に影響し、食欲を増すことになります。誘惑に負けないように、くだものやヨーグルト、低脂肪牛乳などのヘルシーなおやつを手元に置いておきましょう。この点でもう一つ重要なアドバイスは、干しブドウや全粒粉ビスケットなど食物繊維の豊富な食品を摂ることです。このような食品は消化を良くし、満腹感も持続させてくれます。

 

8. ママ友と一緒にエクササイズをしましょう。社会的・身体的にあなたのメリットとなる方法の一つとして、一緒にエクササイズを行うグループを作ることがあります。社会との関わりを取り戻し、その時間を身体の鍛錬と心を開放することに活用しましょう。エクササイズはリラックスするために最高に効果のある方法です。赤ちゃんをエクササイズの活動ひとつひとつに参加させることもできます。



  • Swift DL, McGee JE, Earnest CP, Carlisle E, Nygard M, Johannsen NM. The Effects of Exercise and Physical Activity on Weight Loss and Maintenance. Prog Cardiovasc Dis. 2018 Jul-Aug;61(2):206-213
  • Zhao X, Shen C, Zhu H, Wang C, Liu X, Sun X, Han S, Wang P, Dong Z, Ma X, Hu K, Sun A, Ge J. Trans-Fatty Acids Aggravate Obesity, Insulin Resistance and Hepatic Steatosis in C57BL/6 Mice, Possibly by Suppressing the IRS1 Dependent Pathway. Molecules. 2016 May 30;21(6):705.