妊娠中の羊水の不足について

· 2018年12月29日
羊水は、赤ちゃんの発達に必要不可欠な役割を果たしています。ですので、定期検診に行き、羊水が十分あるかどうかを確認することはとても大切なのです。

羊水は赤ちゃんを守り、胎児が適切に成長するために必要な生活環境を作ります。この重要な要素のバランスが崩れると妊娠の合併症につながり、死に至ることもあるのです。

この記事では、あなたが必要な対策を取れるように、妊娠中に羊水が不足していると何が起こるかを詳しく見ていきます。

羊水の不足、羊水過少症とは?

羊水過少症とは、妊娠中の症状で、羊水の量が不十分だったり、足りなかったりする症状のことです。

これは妊婦さんの10%、特に妊娠後期に発症します。

エコー検査では、お医者さんが子宮を4つの断片に分け、水分の量を測ります。

普通は5~25センチの間にあるはずですが、水分が5センチ以下の場合、羊水過少症と診断されます。

羊水の不足は、妊娠中にとてもよく起こることです。一般的に、妊娠が進むにつれてこの症状は増えます。

羊水の不足はなぜ起こる?

妊娠中に羊水の不足が起こる原因については完全には解明されていません。

しかしほとんどの場合、動脈性高血圧、妊娠中毒症、糖尿病や多胎妊娠と関係があります。

ですが、以下の要因が関わっていることもあります:

1.羊膜の断裂

羊膜が裂けてしまうと、その裂け目から羊水が漏れてしまいます。これは妊娠の最終週ごろになると特に起こりやすく、重大になります。

しかし、下着が濡れているのに気づいたり、妊娠中に水分が失われていると思ったら、かかりつけのお医者さんにすぐに連絡しましょう。

赤ちゃんが感染症にかかってしまうかもしれないので、すぐにお医者さんに診てもらうことが大切なのです。

羊水の不足の原因

2.さまざまな病気

羊水の不足のその他の原因は、妊娠前の病気のためかもしれません。例えば糖尿病や動脈性高血圧、狼瘡などです。

このような妊娠前の病気のために服用していた薬のせいで他の合併症が起こるかもしれません。

いずれにしても、産婦人科の先生に妊娠前のの症状や服用していた薬について話しておくことが重要です。

「羊水の不足は妊婦さんの10%、特に妊娠後期に発症します。」

3.先天性欠損や胎盤の障害

胎児は羊水を飲み込み、吐き出します。これにより、赤ちゃんの肺と胃腸機能がきちんと発達するのです。

しかし、欠損の中には、ほとんどが腎臓のものですが、尿の中の水分を使ってそれが妨害されることがあります。

赤ちゃんが尿を作るのを妨害するものには、胎盤が離れているということもあります。

この症状は、お母さんから発達中の子どもへと栄養が渡されなくなり、その結果赤ちゃんが作る尿の量も減ってしまうというものです。

羊水の不足に関するリスク

羊水の不足に関するリスクは、それが妊娠中のいつ起こるかで変わります。

適切な量の羊水があれば、胎児への酸素や栄養の供給を妨げる、へその緒の圧迫が起こることはありません。

これが起こると、以下のようなことが起こってしまいます:

  • 先天性欠損
  • 流産
  • 早期死亡
  • 出産合併症。胎便や赤ちゃんの最初の排泄物を吸い込んでしまう可能性が高くなります。
  • 肺形成不全症や赤ちゃんの肺の不自然な発達。
  • 子宮の未発達。

羊水過少症と診断されると、一連の検査が行われます。

基本的には、これらの検査は赤ちゃんがきちんと発達しているかを判断するためのものです。

妊娠の最終週に入っている場合は、おそらく促進剤を使用し、赤ちゃんを常に監視することになるでしょう。

羊水過少症とは 羊水

羊水過少症の症状

羊水が不足していることの意味ついてわかったところで、以下のようなサインに気を付けるようにしましょう:

  • 胎児の動きが感じられない。
  • 膣から液体が出てくること。
  • 子宮の成長が進まないこと。

胎児の成長が遅れているかは、定期検診でわかります。

羊水の不足が疑われた場合、合併症を避けるためにベッドに横になった姿勢を維持することが大切になります。

また、水分をたくさん飲むよう勧められます。

他にも羊水の生成を刺激する薬の服用などの治療法もあります。羊水穿刺などで水分を注入することを勧められることもあるかもしれません。

結論として、羊水の不足はとても深刻になることもあるので、いかなる変化にも注意しておくことが大切です。

定期検診に行くことで、赤ちゃんが健康で強く育っているのを確かめることができますよ。