妊娠中の骨盤の痛み:原因と治療

妊娠中に自己判断で薬を飲むことは、赤ちゃんの発達とあなた自身の健康に大きなリスクになりえるので注意しましょう。
妊娠中の骨盤の痛み:原因と治療

最後の更新: 15 12月, 2018

妊娠中に骨盤に痛みが出るのには、さまざまな原因があります。しかし、その痛みを減らし、和らげてくれる治療法もあります。

妊娠中に感じる骨盤のあたりの痛みは、妊娠中に現れる症状の中で最もよくあるものの一つです。恥骨結合離開とも呼ばれます。

骨盤の痛みは妊娠中いつ現れてもおかしくないものですが、妊娠後期に最も発生しやすくなります。この段階で、体が出産の準備をし始めるからです。

今日の記事では、妊娠中に起こる骨盤の痛みについて説明します。

また、それが引き起こす不快感を防いだり、和らげたりするためのアドバイスもご紹介したいと思います。

妊娠中の骨盤の痛みの原因は?

出産までに女性の体は自然と準備を整えていきますが、それだけが骨盤の痛みの原因ではありません。その痛みの程度もそれだけでは説明がつきません。

骨盤のあたりの痛みや不快感を引き起こす原因には多くの要素があるのです。痛みの程度もいくつかの要素によって変わります。

その他の原因はどのように骨盤の痛みを生み出すのかを理解するために、まずは骨盤が二つの部分からできているということを知っておいてください。このジョイント部分は恥骨結合と呼ばれています。

出産日が近づく妊娠後期になると、体が骨盤のあたりに特別なホルモンを放出します。このホルモンはレラキシンと呼ばれていて、骨盤のじん帯をリラックスさせる役割を果たしています。

さらに、このホルモンが恥骨結合の伸縮性を高めます。その結果、骨盤の骨が広がり、出産時に赤ちゃんが通れるようになるのです。

骨盤の痛みの原因と治療

骨盤の骨が離れすぎてしまうと、恥骨結合離開になってしまうことがあるのです。

これは骨がどれだけ離れたかだけで起こるものではなく、以前の妊娠が関わっていることもあります。

骨盤の痛みを強める主な要因

お腹の大きさ

大きな赤ちゃんや双子、あるいはそういう性質のため、妊娠中他の人よりもお腹が大きくなる人もいます。

より多くの体重を支えなけばならないので、普通よりお腹が大きいともちろん骨盤にも影響があります。

お腹の大きさによって、骨盤の痛みも大きくなるかもしれません。

体重がすでに重い場合

妊娠する前から体重の問題がある場合、骨盤エリアの痛みにつながることもあります。

体重が余分にあれば、それは骨盤が支えなければならない重荷が増えるということです。恥骨結合乖離が起こっていなくても、体重により恥骨ヘルニアになる恐れもあります。

ご想像の通り、それはこのエリアにさらなる痛みをもたらします。

日々の活動

毎日筋肉を使うことも、骨盤エリアに影響します。何の前触れもなく突然痛みがやってくることもあるのです。

筋骨格系疾患

筋骨格の状態により、骨盤エリアが腫れ、妊娠中に痛みを引き起こすこともあります。

妊娠中の骨盤の痛みの原因は通常一つとは限りません。激しい痛みを感じている場合は特にそうです。

もしも痛みがかなり長く続いているなら、他の要因に加えて骨盤が開きすぎているためかもしれません。

直接的でも間接的でも、これらの要因が骨盤に圧力を与え、痛みを引き起こす原因になります。

妊娠中の骨盤の痛みを予防し、和らげるためのアドバイス

  • 伸縮性のあるサポートベルトをまくこと:サポートベルトは、骨盤のまわりにかかる圧力を減らしてくれます。そうすることで痛みが減り、日々の活動をこなしやすくなります。妊娠初期からサポートベルトを使用していると、骨盤に過度な負担がかからないので、痛みが発生するのを防ぐことさえできます。
骨盤の痛み を防ぐために

  • 骨盤エリアのエクササイズ:出産をしやすく、その痛みを減らすために、骨盤を準備することに焦点を当てた特別なエクササイズがあります。こういったエクササイズをすることで恥骨結合のじん帯を鍛えることができます。すると、妊娠中に身体が引き伸ばされても、より柔軟になれるのです。
  • 水治療法水治療法は、妊娠中に骨盤の筋肉を鍛えてくれます。これは背中と骨盤の関節の痛みを和らげます。さらに、水の動きに逆らうために筋肉が付くので、関節を強めることにもなるのです。
  • 妊娠中には特別なケアを:妊娠中に激しい運動を避けるべきだということは言うまでもありません。それは骨盤の痛みが発生しないようにするだけでなく、赤ちゃんの安全のためにもです。また、正しい姿勢を保ち、ヒールを履かないことも大事です。そしてもちろん、妊婦さんはかがんだりしゃがんだりして重いものを持ち上げるということは避けなければなりません。
  • 鎮痛剤:鎮痛剤は、妊娠中の骨盤の痛みを抑えるための、緊急の手段、あるいは最後の頼みの綱です。これは痛みがとても強いか、毎日の活動に明らかに支障が出る場合に勧められることがほとんどです。

一般的に考慮すべきこと

妊娠後期には、骨盤を鍛えるエクササイズを試そうとする前には、専門の医学療法士の指導に従うことが特に大切です。

これは、頑張りすぎたり誤った方法でエクササイズをすることで、怪我をしないようにするためです。怪我をしてしまうと、現在の状態がさらに悪くなったり、将来的に痛みにつながることになる恐れがあります。

同時に、鎮痛剤やその他の薬を飲む場合は、必ずお医者さんに確認しましょう。

そうすれば、妊娠中にも安全な薬とその服用量をお医者さんが教えてくれるはずです。

妊娠中に自己判断で薬を飲むことは、赤ちゃんの発達とあなた自身の健康に大きなリスクになりえるので注意しましょう。

こちらの記事もおすすめです。
出産に伴う痛みについて
わたしママで読むことができます。 わたしママ
出産に伴う痛みについて

「純粋な苦痛」、出産を経験したことのある女性はその深く、激しく、包まれるような痛みをこう表現します。定義することが難しい、説明することはもっと難しい、そんな痛みです。しかしそれ以上に不思議で謎なのは、そんな苦痛を耐えられるようにしてくれる、愛の力の方なのです。出産に伴う痛みについて