妊娠中の胎盤早期剥離について:その原因と症状、そしてリスク

2019年5月14日
胎盤早期剥離の可能性を高める要因は分かっていますが、そもそもなぜ起きるのかはまだ正確には分かっていません。

胎盤早期剥離は、赤ちゃんが必要とする酸素や栄養を受け取ることができなくなることですから、妊娠中に起こり得る、もっとも深刻な状況の一つと言えます。

妊娠期間や場所、母親の過去からの健康状態など、様々な要因を考慮した上での注意が必要です。

なぜ起こるのか?

胎盤早期剥離の可能性を高める要因は分かっていますが、そもそもなぜ起きるのかはまだ正確には分かっていません。

高血圧、母親が35歳以上であること、タバコを吸っていることなどが、リスクを高めるとされています。他には、子宮の感染症があること、事故などによる腹部への負傷、過去に胎盤早期剥離の経験があることなどがあります。

お分かりの通り、胎盤早期剥離は、妊娠中に起こり得るもっとも深刻な問題です。妊娠中には特別な注意を払い、出血などの普通ではない症状があった場合にはすぐに医師のところへ行くことが重要です。

しかし、この症状はあなたが思うよりも一般的に起こります。約20%の妊婦に起こり、親としてはとても心配になります。

胎盤早期剥離 妊娠中

妊娠中の胎盤早期剥離の症状

腹部の痛み

胎盤が剥離している場合は、通常腹部に突き刺すようなひどい痛みを感じます。子宮の収縮すら始まってしまう場合もあります。子宮は硬くなり、その変化がはっきりと分かるようになります。

膣からの出血

他の症状としては、出血があります。この出血の量がまさしく、子宮から剥離した胎盤の量と同じことになります。

その他の症状

人の体はそれぞれに違いますので、全ての妊婦に同じ症状が現れるわけではないことを覚えておきましょう。

出血がない場合もあります。ですから、胎児の動きや子宮の収縮など、普段とは違う症状を感じたら、医師のところへ行くようにしましょう。

この症状はあなたが思うよりも一般的に起こります。実に、約20%の妊婦に起こるのです。

妊娠時期によるリスク

妊娠初期

妊娠初期に胎盤早期剥離がおきた場合、リスクはそれ以降と比べるとはるかに低いです。

医師は胎児の心臓の動きを確認しますが、80%から90%の場合に回復が起こりますので、大抵の場合は心配しなくて良い結果となります。しかし、妊娠2ヶ月以降の場合は難しくなり、好ましくない診断結果の可能性が高まります。

もし医師が胎児の心臓の動きを確認できなければ、心配しなければなりません。なぜなら流産の可能性が高いからです。この場合、胎児は通常、自然に体外へと出て行きます。

胎盤早期剥離 妊娠中

妊娠中期と後期

胎盤剥離は、妊娠中期と後期により起こりやすいです。そしてその重要度は、臨床状況によります。例えば、血腫が一度あった場合であれば、それほど深刻ではありません。これは胎盤下部の血管が、傷ついたことによるものです。

その一方で、胎盤後血腫であったとすると、胎盤早期剥離となります。結果として、赤ちゃんへ酸素が届かないことになります。治療が間に合わなければ、赤ちゃんの死につながります。

症状という意味では、これらの二つの血腫の間には重要な違いがあります。一時的な血腫であれば、量は多くなく、色は黒っぽいか、黒いことがあります。

しかし胎盤後血腫の場合、もっともよく見られる症状として、腹部が硬くなり、継続的なひどい腹部の痛み、黒っぽい大量の血腫、だるさ、吐き気などがあります。

妊娠中期と後期には、どのような出血や血腫であろうとも、できるだけ早く医師に伝えることを心がけましょう。