妊娠中の不快感を軽減する6つのヘルシーフードについて

2019年3月31日
妊娠中の不快感を軽減する食べ物を食べるだけでなく、事前に食事を計画しなければなりません。妊娠する前から健康的な体重と食事を維持することで、将来の問題を予防することに役立ちます。また、赤ちゃんの健康的な発達も促します。

食事が妊娠中の不快感を軽減してくれることをご存知でしたか?今日はつわりに終止符を打つのに役立つヘルシーな食べ物についてご紹介します。

妊娠初期に不快感を感じることは普通のことです。一般的に、吐き気や嘔吐、胃酸の逆流などの症状を経験することがよくあります。しかしそれが続くようだと、脱水症状を引き起こしたり、赤ちゃんの発達に悪い影響があるかもしれないのです。

 

妊娠中の不快感を軽減するのに役立つフルーツやその他の食べ物

妊娠中にフルーツや栄養がたっぷりの食べ物を食べることは、あなたの気分をよくすることに役立ちます。赤ちゃんにも健康的ですし、その結果生活の質も良くなります。

以下は、妊娠中の不快感を軽減するのに役立つ食べ物の一覧です。

牛乳やその他の乳製品

乳製品を摂取することがいいのは、カルシウム量を高めてくれるからです。乳製品をより多く食べることで、骨びらんになることがなくなり、赤ちゃんの骨の発達にも大いに役立ちます。さらに、牛乳はタンパク質源でもあります。

「ラクトース不耐症の私はどうすればいいの?」と聞かれるかもしれません。その場合はヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトの中のバクテリアが消化を調整し、感染症と闘い免疫力を高めてくれるからです。

実際、プロバイオティクス食品を食べることで妊娠中に起こる恐れのある特定の問題をさけることができます。妊娠中毒症や妊娠糖尿病、膣感染症、アレルギーの症状を和らげたり、それらを完全に予防するのに役立ちます。

卵は、たんぱく質の成分が含まれているため、ヘルシーな食事に重要です。それは細胞の成長と特定の臓器の再生に欠かせません。

さらに、卵にはリン、ビタミン12、脳の発達に欠かせないビタミンであるコリンなど、たくさんのビタミンとミネラルが含まれています。

卵のコレステロールが心配と思われるかもしれませんが、これは完全に不健康なものではないんです、自然のものですからね。しかし、飽和脂肪を含んだ食べ物は食べないようにしましょう。

アボカド

妊娠中に葉酸が足りないと、赤ちゃんに深刻な神経管欠損症が起こる恐れがあります。その一つが二分脊椎症で、それを避けるためには妊娠する前にこのビタミンを摂っておくことが必要です。

妊娠中に気分をよくする食べ物 妊娠中 ヘルシーフード 不快感

アボカドはこのビタミンのとてもいい源です。実際、アボカドは葉酸やビタミンB9、C、B、Kなどが最も多く含まれるフルーツの一つなのです。

また、鉄やマグネシウム、食物繊維、カリウムも含まれています。カリウムは脚のつりを和らげてくれます。

さらに、アボカドにはオレイン酸も含まれており、肌の細胞や赤ちゃんの脳の形成に役立ちます。

ドライフルーツ

ドライフルーツはおいしいだけでなく、栄養がたっぷりです。食物繊維がたくさん含まれているため、便秘を予防してくれます。また葉酸、鉄、カリウムも豊富に含まれています。

最も人気のあるものはプルーン、レーゾン、イチジク、デーツ、モモなどですが、その他にもまだあります。こういったフルーツは新鮮なものと同じだけの栄養を含んでいます。ただ一つの違いは水分が抜かれていることだけです。

毎日デーツを6個食べると、自然分娩ができる可能性が高まります。つまり、誘発分娩は必要になる可能性を減らすことができるのです。

赤い肉を食べましょう。肉の中の脂肪を食べないようにするためには、ひき肉を避け、鶏肉の皮をとるようにしましょう。

肉は妊娠中の不快感を軽減するのに最もいい食べ物の一つです。疲れと全体的なエネルギーレベルに特に効果があります。これは血の生成を最大で50%増やすことができるためです。体がきちんと動くためには鉄分が必要です。血の中に十分な鉄がないと、貧血になってしまうかもしれません。

赤い肉を食べると、一日に必要な鉄のほとんどを摂ることができます。しかし、鉄分が豊富に含まれる食べ物には、豆類や野菜、特に緑の野菜やドライフルーツなど、普通の食事に加えることのできるものなどもあります。しかし、追加でサプリメントを飲むことも重要です。

妊娠中に食べることが最も勧められている魚はサーモンです。オメガ3脂肪酸が豊富に含まれていて、これは目の網膜と脳の形成に欠かせないものです。

さらに、赤ちゃんが適切な量のオメガ3を摂ると、集中力が向上し、学習速度が速くなり社交的になります。また、オメガ3は赤ちゃんの視力を高め、心臓病、まひ、発達遅延や自閉症などの予防にもなります。

赤ちゃんの発達に必要な食材 妊娠中 ヘルシーフード 不快感

「ドライフルーツには食物繊維がたくさん含まれているため、便秘を予防してくれます。また葉酸、鉄、カリウムも豊富に含まれています。」

問題が起きないようにするためのアドバイス

食べ物に気を付けることは、妊娠中の不快感を軽減するのにいい方法です。しかし、以下のアドバイスを念頭に置いておきましょう:

  • カフェインを摂取しないこと。
  • 油やスパイシーな食べ物は避けること。
  • 時間をかけて一口ずつゆっくり噛んで食べること。
  • たっぷり水を飲むこと。

最後に、妊娠中の不快感を軽減するためには、上で述べたような食べ物すべてを食べるようにしましょう。そうすれば赤ちゃんの健康と、あなた自身の健康を保障できますよ。