あなたが母親になることで夫婦に与える影響とは?

2019年3月27日
子供の誕生は、美しく特別な経験です。それはまた、結婚生活に今までになかった大きな変化をもたらすものでもあります。赤ちゃんが全ての中心となり、時間も場所も、全て赤ちゃん次第。したがって、あなたが母親になることで、結婚生活が少しだけ難しくなることがあるかもしれません。

もしあなたが母親になることが夫婦の関係に影響するのであれば、どうしたら良いのでしょうか?新生児の世話をすることは、間違いなく二人の生活に影響を与えます。

つまり、それは二人で時間を過ごす時間が減ると言うことを意味します。その代わりに、授乳したり、赤ちゃんをお風呂に入れたり、服を変えたりすることにあなたの睡眠時間は使われてしまい、あなたの機嫌も悪くなるでしょう。

母親の注意は常に赤ちゃんに向けられる

母親は自分の時間の100%を赤ちゃんのために過ごし、自分の意識の100%を赤ちゃんに向ける傾向にあります。自分の子供の面倒を見ることが、自分の仕事であるように感じるのです。しかし、その一方で夫たちは、自分の妻に見捨てられたように感じるかもしれません。

男性は、妻を自分がいかに愛しているかを示すため、何ができるかを探さずにはいられません。そのためにできることの一つとしては、出産による身体的、そして精神的な影響を理解することでしょう。

気分の急激な変化は、もっとも明らかな症状の一つです。この場合、男性はとにかく忍耐強く、妻をそのままで居させてあげることです。

一方で女性は、赤ちゃんの世話に夫にも入ってもらうように促すべきです。男性も、おむつを替えたり、お風呂に入れたりといったことはできますよね。

男性がはじめのうちは、多少の苦戦をするのは自然なことです。しかし、忍耐強く続ければコツがつかめてくるはずです。

これから赤ちゃんを迎える人たちへのアドバイス

妊娠を予定してたとしても、していなかったとしても、夫婦の両方が最大限の努力をすることが必要です。赤ちゃんの世話には、多くの責任が問われます。赤ちゃんが、二人の問題を解決してくれるなどと考えてはいけません。

母親になること  夫婦  影響

女性が赤ちゃんの世話に関することを全部やろうとしてしまうことは、普通なことです。疲れてヘトヘトの時でさえ、全てを一人でやろうとしてしまうかも知れません。だからこそ、あなたがパートナーやそのほかの家族に手伝ってもらうようにする必要があります。

さらに、新しく父親になった人は、自分の居場所を失ったような気分になることがあります。無視されているように感じ、自分は赤ちゃんの世話の邪魔になっているとさえ感じることがあるのです。

しかし、父親も見ているだけでいるべきではありません。彼らも子育てに積極的に参加すべきなのです。父親も、子供との特別なつながりを築くために、子育てを手伝う必要があります。

家の中での仕事については、平等に担当を分けるべきです。そうすることで、一人が全てをやるということがないようにします。また、口論の可能性も減ることでしょう。

なりたてママに起こること

出産というインパクトの大きな経験のあと、母親は自分の毎日のルーティンがすっかり変わってしまうことに直面します。出産から回復し、授乳に慣れなれければなりません。また希望する場合は、いつ仕事に戻るかも決めなければなりません。

また、産後うつになってしまうケースもあります。彼女たちは、夫からのサポートと、心理学的な助けが必要です。

親になりたての人たちがよく間違えてしまうことに、赤ちゃんを過剰に守り過ぎてしまうことがあります。赤ちゃんに何かがあってはいけないと、恐れているのです。しかし、これらはカップルの喧嘩にしかつながりません。

二人の時間

赤ちゃんが生まれたら、お互いのことに気を使うことを忘れないようにすることが、カップルには大切です。初めの数ヶ月は、二人の注意はほとんど全部、赤ちゃんに向けられてしまうからです。

それでも、二人の時間を持ち、コミュニケーションをしっかりととることが大切です。自分の感じていることをオープンに話し、喜びも恐れも、表現しましょう。

あなたが母親になるということは、プライベートな面でもあなたの結婚生活が試されます。赤ちゃんの世話をするというのは、時間がかかり、非常に疲れるものです。赤ちゃんが生まれた後は、セックスの回数も大幅に減ります。このために苛々が募ったり、二人の間に距離ができたりすることがあります。

母親になること  夫婦  影響

あなたが母親になっても、結婚生活を保つ方法

親になった人たちの中には、子供ができたことで結婚生活にダメージを受けたと強く信じる人もいます。もしあなたが、母親になったことで結婚生活が試されていると感じるなら、これを機に、今までとは違う新しいことを受け入れる時だと考えることが最善です。

難しい場面に実践できるコツ

  • パートナーに、自分がどれだけ愛しているかを伝えましょう。そして行動でもそれを示しましょう。
  • 彼が不安に思っていることを、無くしていくようにしましょう。
  • セックスにおいて、あなたが求めるものを話し合いましょう。
  • お互いを許し合いましょう。コミュニケーションをとるときは、辛抱強く、はっきりと、単刀直入に話しましょう。
  • 相手のしてくれたことを認識してあげましょう。相手の行動に感謝することで、二人の関係が深まります。

つまり、あなたが母親になるとお互いにピリピリすることが増えるため、結婚生活が試されるのは本当です。この二人の新しいステージでは、お互いへの愛情と理解を今までとは違う形で示すことになります。子育てを二人で行うことで、今までには見たことのなかったお互いの良いところが見えることでしょう。

  • Verea, C. P. (2015). Maternidad: historia y cultura. Revista de Estudios de Género. La Ventana3(22), 35–68.
  • Sánchez, A., Espinoza, S., Ezcudia, C., & Torres, E. (2004). Nuevas maternidades o la desconstrucción de la maternidad en México. Debate Feminista, Maternidades, 55–86. Retrieved from https://scholar.google.com.mx/scholar?start=10&;q=Maternidad+en+Mexico&hl=es&as_sdt=0,5#5
  • Binstock, G. (2010). Tendencias sobre la convivencia, matrimonio y maternidad en áreas urbanas de Argentina. Revista Latinoamericana de Población3(6), 129–146. Retrieved from http://revistarelap.org/ojs/index.php/relap/article/view/73/72

Purizaca, M. (2010). Modificaciones fisiológicas en el embarazo. Revista Peruana de Ginecología y Obstetricia56(1), 57–69.